MONOzero(モノゼロ)レビュー(4/14)

焼肉『榎久』印西店へ行ってきました。美味い・安い・正直教えたくない!

皆さん、こんにちは。こっつん(@naga516)です。

以前に、当ブログの読者の方より「印西の焼肉屋さんなら『榎久』がいいですよ!」という情報をご提供頂いていたのですが、ようやく2017年の年末に訪問してきましたのでレポートしたいと思います。

タイトルにも書きましたが、こちらの『榎久』 正直言うと教えたくないお店です。すっかり気に入ってしまいました。

 

入りにくい雰囲気です(が、全然問題ないです)。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 817a

入り口がこんな感じなんですよ笑。

「焼肉」の文字がなかったら、完全に飲み屋ですよね。外からは店内の様子をうかがい知ることは出来ません。

最近はレストランスタイルの明るい雰囲気の焼肉屋さんが多いので、この外観から躊躇してしまう人がいるかも知れませんね。

 

店内は、1〜2人用のカウンター席が4つと、4人掛けの掘り炬燵席が8つくらいあります。お店が出来てからまだ2年程度しか経過していない事もあり、店内は新しくて綺麗です。

我が家が訪問した時は、このお店を3人で回しているようでした。少数精鋭ですね。

 

気になる混雑状況ですが、17:30オープンで18時過ぎにお店に到着したのですが、まだカウンター・掘り炬燵席どちらも余裕がありました。
年末で世間もお休みの人が多いと思われる日でしたので、外食需要もかなり多いだろうと順番待ちになる事も覚悟していたのですが、意外と空いていてビックリ。

それでも19時頃になると掘り炬燵席はすべて埋まりました。カウンターは20時過ぎに退店するまで余裕アリ。

満席と聞いて帰ってしまう人もいましたが、ひっきりなしにお客さんが来るような事もなく、順番待ちの列が出来る訳でもなくといった感じです。

とは言え、予約できるので可能であればあらかじめ予約しておくのが良いでしょう。

 

小さめのガスロースターですが、これがイイ!

最近は、チェーン展開しているレストラン形式の焼肉店でも、炭火のところが多いですよね。

しかもテーブルにビルトインされているタイプの無煙ロースターで、見た目もスッキリ。

しかし『榎久』は、炭火ではなくガスロースターです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 8152

このガスロースターが、4人掛け掘り炬燵席に設置されています。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 8153

ちなみにこんな感じで集煙装置が設置されているので、煙でモクモクになってしまうことはありません。

最近はどのお店に行っても円形の炭火無煙ロースターばかりだったので、このガスロースターは懐かしさを通り越してむしろ新鮮に感じます。

で、使ってみると、これが結構イイ!

この小さめサイズでガスを使っているおかげなのか、どの場所で焼いてもムラがほとんどないんですよ。

円形の炭火ロースターを使っていると、場所によって火力がマチマチだったりすることが良くあるじゃないですか?
あれ、網のどの部分に置いたらどのくらいで焼けるのかを絶えず考えていないと焦げちゃったりするから、ちょっと面倒臭く感じることがありませんか?

今回「小型のガスロースターも悪くないな」と見直しました。
「もしかすると、素人には炭火よりガスの方が上手に焼けて、結果的にお肉を美味しく食べられるのでは?」とすら思い始めました笑。

ついでに言うと、テーブルビルトインじゃないので掘り炬燵の足元が広々しているところもイイ。
テーブルビルトインだと、膝がテーブルに当たっちゃって、ちょっと狭苦しいんですよね。

 

お肉の質がどれも高い!その割に安い!

まぁ驚きました。このお肉がこのお値段でいいのでしょうか?

全体的に、メニュー名に「上」とつかないお肉でも、他店なら「上」かそれ以上に値するお肉じゃなかろうか。

ここから先は、ひたすらに今回注文したメニューをご紹介していきます。

 

牛タン(700円)

焼肉屋さんで最初に注文するものといえば、やっぱりタンでしょう。

「牛タン(700円)」と「黒タン(1,400円)」の2種類があったのですが、ここは普通に「牛タン」にしてみました。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 8156

これで2人前です。どうやら「牛タン」は1人前で6枚のようです。

で、1枚1枚に厚みがあるんですよ。普通の焼肉屋さんのタンよりも明らかに厚みがあります。

カットレモンがタンにくっついて出てきたので、レモンを絞ってから焼きます。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 815a

このロースターのサイズだと、1度に4枚焼くのがちょうど良い感じです。

我が家は4人で訪れて、全く同じ量を食べたので、この4枚ずつ焼くペースが上手くハマりました。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 815c

卓上にレモン汁が用意されていなかった(カットレモンがタンと一緒についてきましたが)ので、何も付けずにそのまま食べましたが全然問題なし。

厚みがあるので、1枚でも食べ応えがあります。

もう最初にタンを食べた時点でわかりました。「『榎久』やるな」と。

私、タンは大好きなので、もっと注文しても良かったかも。

 

榎久カルビ(600円)

お店の名前がついたカルビ、その名も「榎久カルビ(600円)」を4人前いってみました。

こちらの「榎久カルビ」はサービス品のようで、1人1人前までの注文制限がありますのでご注意下さい。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 8162

タレと塩が選べるのですが、分けるのも面倒なので全てタレを。

1人前が4枚、4人前だと16枚になります(この写真で4人前)。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 8163

最初のタンと同じように、4枚ずつ焼いていきます。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 8165

どの場所で焼いても、ほぼ均一に焼けます。ストレス感じなくていいです。

そして食べてみると、これがまた美味い!私的には、これくらいの赤身とサシのバランスがちょうど良く感じます。

本当は、これをもっと食べたかったです(すでに4人前頼んで上限に達していたので、どうにもなりませんが・・・)。

 

レバー(650円)

家族で内臓系を好んで食べる人が私以外にいないのですが、どうしても食べたかったので1人前を注文。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 815d

綺麗な色をしたレバーが登場。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 8169

UNADJUSTEDNONRAW thumb 816a

いくつかの焼きパターンを試しましたが、臭みがほとんどない良いレバーだったので、どんな焼き加減でも美味しい。

本当はミノあたりも食べたかったのですが、注文すると自分ひとりで全て食べないといけなくなるので、今回はレバーだけにしておきました。

次回は他の内臓系もいきたいけど、レバーも美味しかったしどうしたらいいのでしょう?

 

中落ち(800円)

メニューには「あばらの間のお肉」と書かれていました。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 816e

こちらは、ゴロッとした形をしています。タレもかなり絡めてあるタイプですね。

厚みがあるので、多少の歯ごたえがあるだろうと噛むときに力を入れたのですが、想定外の柔らかさでした。

 

上ロース(1,250円)

「上」とつかないお肉でこれだけ美味しいのですから、「上」付きのお肉にも興味が湧いてくるところでしょう。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 815f

「上ロース」2人前になります。

サシの入り方が「並」とは明らかに違います。これは見ただけでも分かります、良い肉に違いありません。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 8175

想像以上に良さげなお肉が出てきたので、網を交換してもらってから焼き始めました。

うーん、とろける。美味い。

けど、『榎久』のお肉は並でも十分美味しいので、敢えて「上」に行かなくても良いかな、と。

個人的には、むしろ「並」のお肉くらいのサシの方があっさりと食べられるので好みでした。

この点は好みの問題なので、高級肉の甘くトロける感じが好きな人は「上」以上を、私のように赤身系が好きな人は「並」中心で良いと思います。

 

ソーセージ(700円)

お肉が美味しいので、ソーセージもいいのではないかと思い、ちょうど4本だったので注文してみることに。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 816f

マスタード付きです。見た感じは普通ですが。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 8170

油が滴り落ちて、炎が上がりました。

これも見た目以上の美味しさ。豚肉も良いものが使われているようです。

 

もつ煮込み(400円)

世のお父さんに人気の高い「もつ煮込み」ですが、我が家だと子供2人がそれぞれ1つずつ注文するのが定番です笑。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 8154

やや小さめですが、味は文句なし。

他のお肉メニューがリーズナブルなので、もつ煮込みも量があるとさらに嬉しさが増したのですが、まあそれは贅沢な望みでしょう。

 

冷麺(900円)

妻が冷麺好きなので、だいたい焼肉屋では注文していますね。

今回も最初っから注文していました。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 8160

トムヤム冷麺なんて面白メニューもあったのですが、これは普通の盛岡冷麺です。

 

カルビクッパ(850円)

普通のクッパを食べようかと思ったのですが、メニューになかったのでカルビクッパにしてみました。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 8177

しつこいですが、これも美味しい。

このカルビクッパは結構辛いので、辛いのが苦手な人はダメかも知れません。辛ウマです。

 

サラダ(450円)

「上ロース」を食べて舌がこってりし過ぎたので、終盤のヘンなタイミングでサラダを注文したのですが、量もありますし口直しには最適でした。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 8174

450円でこのボリュームなら、満足度高いです。

 

ちなみにこれだけ食べて、税込12,000円くらいでした。(飲み物は別で。)

 

総括

実は中途半端な時間にハンバーガーを食べちゃってて、あまりお腹が空いていない状態で訪問したのですが、食べ始めたらお肉がまあとにかく美味しかったので、もっとお腹を空かせてから行けば良かったと後悔しました。

まだまだ「ハンバーグ」とか、食べてみたかったけど食べられなかったメニューが多々あるのでリピート必至です。

 

そして、ランチ営業もやっていますので、これはランチも絶対に行かないと気が済みません。
なるべく早くランチレポートも載せたいところです。

 

焼肉『榎久』。印西界隈にも焼肉店はいくつかありますが、個人的にはここが一番気に入りました。

タイトルにも「安い」と書きましたが、決して激安店ではないので、しっかり食べるとそれなりの金額にはなります。
ただ、お肉の質がお値段以上なので満足度はかなりのものです。

それでは、2017年は焼肉『榎久』レポで締めさせて頂きます。

(^ ^)ではでは(^ ^)

 

項目内容
店名焼肉「榎久」印西店
営業時間月〜土 17:30〜22:00、日・祝 17:00〜21:00
ランチ営業11:30〜14:00
定休日水曜日
住所千葉県印西市草深1094-4
TEL0476-37-5298(予約可です!)
駐車場お店の前に多数あり
その他クレジットカードは利用できません