ザ ビフテキ(THE BIFTEKI)の激安ステーキを食べてみた!(ロピア・BIGHOP)

こんにちは、こっつんこつめ(@naga516)です。

千葉県印西市の「BIGHOPガーデンモール印西」。こちらに2018年4月、スーパーマーケットの「ロピア」がオープンしました。

そして今、話題沸騰中なのが同時オープンとなったロピア直営のステーキ屋さん『ザ ビフテキ(THE BIFTEKI)』

スーパー「ロピア」に併設されているこちらのお店は、店名通りビフテキ(ステーキ)専門店なのですが、注目すべきはその激安価格!

  • ビフテキスモール(S SIZE)約200g: 500円
  • ビフテキミドル (M SIZE)約400g:1,000円
  • ザ・ビフテキ  (BIG SIZE)約600g:1,500円

 

産地と部位は「米国産の肩ロース」なので、安い肉であることは間違いないのですが、それでも200gあたり500円は衝撃的!

いつ行っても行列が出来ていたため、なかなか食べるチャンスに恵まれなかったのですが、ある土曜日の17時前に訪れたところ、ようやく行列ゼロで注文から着席までスムーズに済ませることが出来ました。

 

注文・着席のシステム

注文の仕方についてですが、最初に自販機で食券を購入するシステムになっています。

混雑していると、後から「やっぱり、これも追加したい」と思っても手遅れになりますので、最初にしっかり決断しておきましょう。
(空いていれば、多少の融通は利くようです。)

食券を店員さんにお渡しすれば、あとは出来上がりを待つのみ。

 

尚、食べられる場所は『ザ ビフテキ』専用のカウンター(立食形式)と、BIGHOP共用のテーブル席の2箇所です。

カウンターで食べる場合

カウンターの隣にあるビリジアン色のベンチに並んで待ちます。

順番が来ると、カウンターに通されます。

テーブル席で食べる場合

厨房の正面に白いベンチがあるので、そこに座るか付近に立って出来上がりを待ちます。

出来上がると、注文した品がトレーに乗せられた状態で渡されるので、自分で空いているテーブル席へ運ぶ必要があります。

マクドナルドと一緒ですね。

 

スポンサーリンク

メニューと価格

先ほど、メインの「米国産肩ロースステーキ」をご紹介しましたが、こちらのメニューは ”純粋に肉だけ” です。
(申し訳なさ程度に、人参が1つ付いてきますが・・・。)

ですので、ほとんどの人はサイドメニューも合わせて注文することになるかと思います。

 

改めて「米国産の肩ロース」は、サイズ違いで3種類。

  • ビフテキスモール(S SIZE)約200g: 500円
  • ビフテキミドル (M SIZE)約400g:1,000円
  • ザ・ビフテキ  (BIG SIZE)約600g:1,500円

尚、ステーキはこれ以外に「国産牛ステーキ(約300g)1,980円」が用意されています。

どうしても国産牛にこだわりたい人は、こちらが宜しいかと思います。

 

続いてサイドメニュー(トッピング)はこちら。

  • ライス 約200g:100円
  • カレーライス :200円
  • 焼き野菜(もやし・玉ねぎ・ブロッコリー):50円
  • 野菜サラダ(自家製モモハムトッピング):200円

サイドメニューも価格が抑えられているので、ステーキと合算してもまだまだ衝撃価格であることに変わりありません。

 

スポンサーリンク

実食レビュー!

今回は家族4人で訪れましたが、注文内容はほぼ同じとなりました。

  • ビフテキスモール(S SIZE)約200g: 500円
  • ライス 約200g:100円
  • 野菜サラダ(自家製モモハムトッピング):200円

全員がビフテキスモールを注文し、ライスは3人、野菜サラダは1人という構成です。

ステーキ200g食べて、1人当たり600円〜700円ですからね。衝撃価格です!

 

ロピアのステーキ

こちらが「ビフテキスモール(S SIZE)約200g」500円です。

第一印象としては、「想像していたより見た目での量は少ないな」と。

最初からカットされているので、塊でドーン!というステーキの迫力には欠けますかね。その代わり、自分でカットする手間が省ける分、こっちの方が食べ易いです。

全ての器が、紙もしくはプラの使い捨てなので、ナイフに負けちゃうんでしょうね。これはこれでアリだと思います。

 

気になる味や肉質については、肩ロースの特徴そのままになりますが、赤身で肉本来の旨味が楽しめる味です。

赤身なので弾力はありますが、筋張っているということはありませんでしたので、下処理をきちんと行なっているのでしょう。

 

ロピアのステーキ

ステーキはご覧の通り、かなり赤い部分が残っている状態で提供されるので、ペレットは必須ですね。

レアが好きな人はこの焼き加減でも気にならないのでしょうが、個人的にはもう少し焼きたいところ。

 

ロピアのステーキ

こちらは、カウンターに用意されていたステーキ用のソースになります。

この他にも、塩・胡椒など、いくつか味付け用のソース・調味料が用意されていました。ただ、ステーキなので元々下味は付けられています。

 

ロピアのステーキ

「ライス 約200g」100円です。

量もご飯茶碗1杯分くらいでしょう。

 

ロピアのステーキ

トレーはあまり大きくないので、器とペレットが触れないようご注意を!

お分り頂けますでしょうか?ライスの器の一部が溶けてしまいました(笑)。

 

ロピアのステーキ

「野菜サラダ(自家製モモハムトッピング)」200円です。

炭水化物が気になる私は、ライスをやめて野菜サラダにしてみました。

 

ライスと野菜サラダに関しては、値段も量も普通です。

ステーキとライスだけだと、バランス的に物足りなさを感じるので、野菜サラダか焼き野菜を追加した方が良い気がしました。

 

スポンサーリンク

総括

「200gで十分でしょ」と思っていましたが、肩ロースということもあり脂肪分が少なくあっさりしているので、200gはペロリと食べられました。

お腹が空いている時は、ミドルサイズ(約400g)以上にするか、サイドメニューをいくつか付けた方が良いかも知れませんね。

一緒に乗ってくるのが人参一切れなので、個人的には「焼き野菜」は追加しておきたいかな〜、と思いました。

 

ロピア併設の簡易的な店舗とはいえ、外でステーキ200gを食べて600〜700円で済んでしまうなんて、他では考えられません。

とにかく肉を食べたいけど安く済ませたい。そんな時には「ザ ビフテキ」で決まりでしょう!

ちょっとしたネタにもなりますよ(笑)。

(^ ^)ではでは(^ ^)

 

スポンサーリンク

アクセス、店舗概要

項目内容
店名ザ ビフテキ(THE BIFTEKI)
営業時間11:00 〜 14:30、16:30 〜 19:00
(14:30 〜 16:30は営業していないのでご注意を!)
定休日なし(不定休・ロピアと同じ)
住所千葉県印西市原1-2 BIGHOPガーデンモール印西 内
TEL0476-40-7505
注:電話確認するような類のお店ではありませんよ。
駐車場あり(BIGHOP駐車場を利用)
タバコ全面禁煙

参考 印西トピックさんのレポ印西トピック

 

4 Comments

K

僕ももうちょっと焼いてある方が好きです。ソースが美味しそうですね。

お値段そこそこ張るんですが、こないだ行ったここは結構美味しかったですよ。
https://www.mastrosrestaurants.com/
アメリカ主要都市に店舗があるので、アメリカへいらっしゃる機会があれば是非!

返信する
こっつんこつめ こっつんこつめ

アメリカだと、値段よりもデカさが気になります。
日本だと「うわっ!肉の塊じゃん!!」みたいなステーキがアメリカだと当然で、日本で普通のステーキだとペラペラ過ぎるみたいな。

返信する
かわうそ女史

外食でお肉、はやはりテンションがアップしますね!家でカレーもあまり食べないので、カレーも食べたくなるものの一つです。お腹が許すなら、カレーもぜひチャレンジしていただきたいです。

返信する
こっつんこつめ こっつんこつめ

今更ですが「炭水化物を摂取するくらいなら肉を食べた方が良い」という説に感化されて、肉を取るように心がけています。
ただ、本当は赤身肉を食べるのが一番いいのでしょうが、こないだ食べたサーロインが美味しすぎて、ついついお高くて健康には良くなさそうな肉に手が伸びてしまう今日この頃・・・。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください