【MACCHA HOUSE 抹茶館】話題の「宇治抹茶のティラミス」が面白い!

こんにちは!こっつんこつめ(@naga516)です。

 

2015年5月、四条河原町(京都)にオープンした『MACCHA HOUSE 抹茶館』という抹茶スイーツのお店が、連日大盛況らしいという情報を、先日ネットから発掘しました。

誰か教えてくれればなぁ〜。全然知らなかったです。

さて、そんなお店があると知ってしまったが最後!

気になって仕方がないので「京都以外にお店はないのか?」とダメ元で調べてみたところ、全国で数店舗しかなかったのですが、ラッキーなことに我が家の隣町に「酒々井プレミアム・アウトレット店」がオープンしていました!

こっつんこつめ

こんな都会から離れた場所に、まさか『MACCHA HOUSE 抹茶館』が来るとは!

さっそく行ってきましたので、レビューします。

 

『MACCHA HOUSE 抹茶館』国内店舗一覧

どうしても『MACCHA HOUSE 抹茶館』単独の公式サイトを見つけることが出来なかったので、ネットから国内店舗情報を搔き集めてみました。

どうやら現時点(2018年10月)において、日本国内7店舗で展開されているようです。

こっつんこつめ

もし「○○店が抜けているよ!」なんて事がありましたら、ご指摘頂けると助かります。

 

更に調査を進めたところ、「もみじ茶屋」というお店でも「MACCHA HOUSE 抹茶館」でダントツ人気の「宇治抹茶のティラミス」を食べられることが判明!

すべてのメニューを検証できてはいませんが、見た感じでは他のメニューにも共通性がありそうです。

なぜこんな事になっているのかというと、どちらのお店(ブランド)も(株)クリエイト・レストランツ・ホールディングスという企業が運営しているんですね。

 

更に更に、同じ企業が「やなぎ茶屋」というブランドで、やはり「宇治抹茶のティラミス」を食べられるお店を展開していました。

どうなってんの?これ??

「やなぎ茶屋」店舗一覧

浅草 新仲見世通り(東京台東区)

そんな感じで、『MACCHA HOUSE 抹茶館』と『もみじ茶屋』『やなぎ茶屋』すべてだと日本国内10店舗展開されています。(2018年10月時点。違ってたらごめんなさい)

 

スポンサーリンク

行列必至!と思いきや、意外とすんなり入れました!!

ネット情報によると、四条河原町(京都)の店舗はかなりの行列との事でしたが、「酒々井プレミアム・アウトレット店」は拍子抜けするほど、待ち時間は短めでした。

 

訪問したのは、2018年10月8日(月・祝)。3連休の最終日です。
ちなみに新規オープンしたのが同年9月28日(金)でしたので、開店ホヤホヤ。

9時30分(10時かも)から営業開始のところを1時間半遅れの11時に到着したので、かなりの行列を覚悟しておりました。

ところが順番待ちの列は出来ていたものの、最後尾でも20人いかないくらいの待ち状況だったので、およそ15分待ちで入店することが出来ました。

午後はもっと混むかも知れませんが、午前中なら我慢できるレベルの混雑かと思います。

 

綺麗な店内
「酒々井プレミアム・アウトレット店」座席数76!

店内の様子です。新規オープンしたばかりなので、すべてが新しくて綺麗。

また、座席が76席もあります!あまり混雑していなかったのは、この座席数のおかげかも知れませんね。

座席は、主に2人掛けと4人掛けです。

一部の2人掛けはカップル向けなのかな。仕切りで区切られていて、4人掛けの席よりもプライベート感があって良い雰囲気です。

 

抹茶とほうじ茶をイメージしたカラーリング。
(ほうじ茶は私が勝手に言っているだけです。)

 

照明の傘が茶筅(ちゃせん)の形をしています。芸が細かい。

 

スポンサーリンク

最初に注文・支払いするスタイル。

注文口の写真がうまく撮れていませんでした。変な写真ですみません。

入店したら、先に注文するスタイルです。代金も最初に支払います。(クレカも利用可)

座席は、たくさん空いていて選び放題でした。
にも関わらず15分待ちだったのは、空き席待ちではなく注文に時間が掛かっていたからのようです。

 

注文した品が出来上がると、レシートに記載されている番号で呼ばれます。
昔ながらの「○○番のお客さま〜」と口頭で呼ぶ方式です。

座席に着いてから呼ばれるまでは、5分程度でした。まあまあ速い。

 

スポンサーリンク

メニューの中心は、抹茶とほうじ茶!

こちらの『MACCHA HOUSE 抹茶館』最大のウリは、京都の老舗茶商『森半』の抹茶をふんだんに使用したメニュー群。

どんなグレードの抹茶が使われているのかまでは分かりませんでしたが、いずれにせよお茶カテゴリーの中では、抹茶は高級な部類に入るもの。

 

また京都方面の友人に『森半』のことを聞いてみたところ、有名なお店のようです。(なぜか私、知りませんでした。)

「中村藤吉と祇園辻利と森半だったら、どんな関係性?」と聞いてみたところ、「一番好きなのは藤吉だけど、森半も堅実」という良く分からない答えが返ってきました。

 

順番待ちのときに渡されたメニュー表です。裏面は「英語と中国語」記載になっている親切仕様。

 

主なメニューは次の通りです。悩むほど多くはありません。

お抹茶

  • 共の森:600円 
  • 上別儀:700円 +50円
  • 初昔 :800円 +100円

日本茶(和菓子付き)

  • 煎茶(初摘み煎茶):600円 
  • 玉露(桜花の露):700円 +50円
  • ほうじ茶:500円 
  • 抹茶玄米茶:500円 
  • アイス抹茶:500円 

ドリンクその他

  • コーヒー:400円 
  • アイスコーヒー:400円 
  • オレンジジュース:400円 

ラテ&フロート(抹茶かほうじ茶を選ぶ)

  • 抹茶/ほうじ茶 ラテ:550円
  • 抹茶/ほうじ茶 黒糖ラテ:650円
  • 抹茶/ほうじ茶 チョコレートラテ:650円
  • 抹茶/ほうじ茶 あずき白玉ラテ:700円
  • 抹茶/ほうじ茶 黒糖フロート:700円
  • 抹茶/ほうじ茶 ショコラフロート:700円
  • 抹茶/ほうじ茶 あずき白玉フロート:750円

宇治抹茶のティラミス

  • 宇治抹茶のティラミス:550円
  • ティラミスドリンクセット:850円

セットのドリンクは、マークよりお選びいただけます。

抹茶館パフェ

  • 抹茶館パフェ:990円
  • パフェドリンクセット:1,290円

セットのドリンクは、マークよりお選びいただけます。

ソフトクリーム

  • 濃厚抹茶ソフトクリーム:450円
  • 抹茶あずき白玉ソフトクリーム:550円
  • 抹茶きなこわらび餅ソフトクリーム:550円
注意
価格は、すべて税抜表示です。

 

他の店舗の中には、抹茶クレープやお茶漬けを出しているところもあるようです。

「酒々井プレミアム・アウトレット店」にこれらのメニューは、残念ながらありませんでした。

 

スポンサーリンク

実食レビュー!

この日は3人で訪れたので、それぞれ1品ずつ注文しました。

宇治抹茶のティラミス(+アイス抹茶)

『MACCHA HOUSE 抹茶館』に初めて来て、これを食べなかったら、あなたは相当なあまのじゃくですね。

話題の「宇治抹茶のティラミス」とドリンクがセットで850円、思っていたより良心的な価格です。

それにしても、ヒノキ製の枡に入った抹茶ティラミスなんて、良く考えついたものですよね。見た目も綺麗で、ホント面白いです、これ。

 

「森半」の抹茶が、表面を覆っています。これだけだと、中身が一体どうなっているのか見当がつきません。

 

実は、中にはとろとろのマスカルポーネチーズが入っています。

「これは味がくどいんじゃないの?」と思いましたが、食べてみるとあっさり味で抹茶の味は残っています。
うーん、この「宇治抹茶のティラミス」は、味の表現が難しい・・・。

 

抹茶のこんな姿、なかなかお目にかかれるものではありません。

この写真に写っている小さな透明スプーンを使えば、味見するのに便利です。

 

美味しいのですが、さすがに最後の方になると飽きがくるかも知れません。

底の部分は、ティラミスらしく抹茶のスポンジケーキになっていましたが、苦味は控えめでした。

 

抹茶館パフェ(+お抹茶)

ちょっと溶け始めていますが、「抹茶館パフェ」です。ドリンクセットだと1,290円になります。

見た目は、他のお茶系カフェのパフェと似たり寄ったりですが、純粋に食べることだけを基準に選ぶのであれば、個人的には人気No.1「宇治抹茶のティラミス」よりも、こちらの「抹茶館パフェ」がオススメかも。

 

頂点の抹茶ソフトに使われているのは、もちろん「森半」の抹茶です。(それ以外の部分は違うみたい)

抹茶ソフト好きも大満足の、濃い目な抹茶味。

 

もちもちの白玉が美味い!

そして、見栄えの関係で写真には撮りませんでしたが(ぐちゃぐちゃになってきたので)、この「抹茶館パフェ」にもマスカルポーネチーズの層があるんです。

それも、結構な量!

「宇治抹茶のティラミス」でなくても、マスカルポーネチーズと抹茶のハーモニーを楽しめちゃいます。

 

こちらは、ドリンクセットで選んだ「お抹茶(共の森)」です。

お抹茶は、追加料金を出せば上位グレードのものに変更可能。私は初訪問でしたので、まずはノーマルで。

 

ちゃんとお抹茶らしく、泡立っていていい感じ。
メニューには「一杯ずつ抹茶を点てます」と書かれているので、厨房で点てているに違いありません。

抹茶というと、やたら苦いのでは?と敬遠される人がいるかも知れませんが、少なくともここの抹茶はスッキリ味で苦味はあまり感じません。

こういうカジュアルな場所で飲むお抹茶も悪くないです。

 

ほうじ茶黒糖フロート

ドリンクメニューからもひとつ。「ほうじ茶黒糖フロート」700円です。

抹茶も美味しいですけど、ほうじ茶だって負けていませんよ。

 

うーん、この香ばしいほうじ茶は、庶民の口に良く合います。

『MACCHA HOUSE 抹茶館』で注文するなら、やっぱり抹茶系が中心になるとは思いますが、敢えてほうじ茶を選んでみるのもアリですね。

 

見栄えで選ぶなら『宇治抹茶のティラミス』。
2度目からは『抹茶館パフェ』かな〜。

楽しかったです、『MACCHA HOUSE 抹茶館』。

人気No.1の『宇治抹茶のティラミス』は、SNS映えすると言われていた通り、「器の枡」と「表面を覆う抹茶」が美しい一品でした。

ただ『宇治抹茶のティラミス』は、ひたすら同じ味が続くので飽きる人も出てくるでしょう。

そういう人には『抹茶館パフェ』がオススメです。
抹茶ソフトで抹茶味を堪能した後、マスカルポーネチーズも顔を見せてくれるこの一品は、ボリュームも程良いので、甘いのが苦手な男性でも食べ切れると思います。

 

色々ネットで調べてみたところ、『MACCHA HOUSE 抹茶館』は香港・台湾・シンガポールといった国で先に展開されていて、日本には海外でアレンジされた抹茶スイーツが逆輸入されてきた、と書かれていました。

けど『MACCHA HOUSE 抹茶館』のメニュー群、どう見ても日本人が考えそうな内容ですけどね。
どういうカラクリなのかは良く分かりませんが、日本人の口にも良く合う抹茶スイーツであることには間違いありません!

(^^)ではでは(^^)


「森半」の美味しそうな通販メニューを選んでみました!


店舗概要・アクセスなど

項目内容
店名MACCHA HOUSE 抹茶館
酒々井プレミアム・アウトレット店
営業時間9:30(10:00?)〜20:00(L.O.19:30)
季節により異なる
定休日不定休(施設に準じます)
座席数76席
クレカ利用可
駐車場あり(無料)
住所千葉県印旛郡酒々井町飯積2丁目4−1 酒々井プレミアム・アウトレット内
TEL043-481-6220

 

オススメ関連記事

抹茶とマスカルポーネチーズを掛け合わせたかき氷が、ボリュームたっぷりでしんどかった笑。

美味しくて雰囲気バッチリな東京大学内のカフェです。

『厨菓子くろぎ』。東大本郷キャンパス内の「本格派和カフェ」は行く価値アリ?

 

抹茶系スイーツといえば、やっぱりここ「茶寮都路里」!

【茶寮都路里/大丸東京店】京都の行列店『都路里』の抹茶スイーツを東京で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください