柏で出町ふたば「豆餅」が買える!

ドリップバッグで「おうちでコーヒー」始めよう!muni coffee

在宅勤務続きでコーヒー消費量が激増しました。こっつんこつめです。

最近いよいよコーヒーマニアと言われても仕方のない領域に、片足突っ込んだような気がしております。

さて、先日、小さなしあわせさんのPOP UP SHOPで『生ショコラ』を購入したところ、おまけでmuni coffeeさんのドリップバッグを頂戴しました。

 

これがドリップバッグというものです。見たことくらいはありますよね?

マグカップの上にカポっと装着したら、あとはお湯を注ぐだけでドリップコーヒーの出来上がり!という、お手軽に本格的なドリップコーヒーを楽しめる商品です。

私はコーヒーマニアに片足突っ込んだ人なので、もっぱらコーヒー豆を買うばかりでmuni coffeeさんのドリップバッグを使うの、実は初めて。

千葉ニュータウンが誇るコーヒーロースター、muni coffeeさんが手掛けるドリップバッグをせっかく入手したこの機会に、独り占めせず皆さんにご紹介しようと思います!

 

muni coffeeドリップバッグ。
5Pで800円(くらい)

お値段調べようと思って、muni coffeeさんのオンラインショップを見たのだけど、なぜかドリップバッグの取り扱いがなかったので、こんな時は印西とぴっくさんに頼るのが確実です。

やっぱり、ドリップバッグのお値段が入っている写真が、印西とぴっくさんの記事に載ってた。

5Pで800円(+消費税)だから、1杯分だと160円。
コンビニコーヒーよりは高いかも知れないけど、使っているコーヒー豆の品質が違うので比べちゃダメです。

 

(ここ、途中で追記したのですが)
5P800円って見出しにも書いちゃったけど、muni coffeeさんのインスタグラムを見たらモノによって異なるみたいなので、お値段はあくまで目安ということで。

 

手作りではないと思うけど、手作り感があって温かみを感じるパッケージ。

 

裏を見たら、使い方も書かれています。これなら初めてでも安心。

原材料のところに「エチオピア」「グアテマラ」「他」と書かれているのが、シングルオリジンではなくブレンドである何よりの証。

小さなしあわせさんの「生ショコラに合うコーヒーを!」との要望に応えて、muni coffeeさんが生ショコラのためだけにオリジナルブレンドを作られたんですと!

なにそれ、ちょっと羨ましいんですけど。正確には、羨ましいなんてもんじゃなくて、かなり嫉妬しちゃった。笑

 

スポンサーリンク

ドリップバッグでコーヒー淹れてみた!

それじゃ、muni coffeeさんのドリップバッグを使ってコーヒーを淹れてみたので、順を追ってご紹介しますね。

 

まずは切れ込みに沿って、パッケージを破ります。
勢いよく破いたら、なんだか斜めになっちゃったので、常識の範囲内のスピードで破ることをオススメします。

 

中に、こういうのが入っているので取り出してみて。
これが「ドリップバッグ」そのものです。

 

「キリトリ」って書かれている矢印部分には「ミシン目」が入っているので、手でも簡単に切り取れます。

 

切り取った部分を上にして、マグカップなどの容器にこんな具合で引っ掛けます。

切り取った部分を下に向けると、コーヒー粉がザーッとこぼれちゃうので気を付けてください。
当たり前のことに聞こえるかも知れないけど、特に初めてだと意外とやっちゃう人がいる(私の勝手な推測です)ので要注意。

 

マグカップにセットしたら、あとは少しずつお湯を適量になるまで注ぐだけ。

ドリップバッグのコーヒー粉は10gなので、だいたい150cc前後くらいが適量でしょうか。
けど量はあまり気にしなくても大丈夫だと思います。

 

お湯の注ぎ方なんですが、muni coffeeさんが実演している動画があります。
(ちなみにmuni coffeeさんは、2015年ジャパンハンドドリップチャンピオンシップの優勝者、すなわちチャンピオンです!)

小さなしあわせさんのインスタグラムに動画が載っていた(嫉妬)ので、ぜひ参考にしてください。

 

生ショコラ用オリジナルブレンドなので、もちろん生ショコラと合わせてみました。

実はドリップバッグを2パック頂戴していたのですが、上の写真は1回目で、この時はお湯をドバドバと速く注ぎすぎた(これはこれで決して悪くはないのですが)ために、ちょっと生ショコラの濃厚さにコーヒーが負けてしまいました。

なので、2回目はゆっくり少しずつお湯を注いだ(20回くらいに分けて注ぎました)ところ、濃いめに抽出されて生ショコラとのバランスもバッチリ。

お手軽なドリップバッグですが、抽出スピードによってコーヒーの味(濃さ)を変えられるので、コーヒーを淹れる楽しみをしっかり堪能できます。

 

スポンサーリンク

総括

私は、コーヒーを淹れる直前に豆を挽く派なので、普段はドリップバッグを使う機会はほとんどないのですが、実際に使ってみるとこれはこれでアリですね。

コーヒーのために色々な器具を手に入れる必要ないですし、何より簡単スピーディーにコーヒーを淹れられるので時短にもなります。

またmuni coffeeさんのようなコーヒーロースター(自家焙煎コーヒー専門店)の本格的なコーヒーをまずは手軽に試してみたい、という人にもベストマッチな商品だと思います。

要するに、この週末はmuni coffeeさんに行きましょう!って事で。

(^^)ではでは(^^)

 

スポンサーリンク

muni coffeeの営業時間・場所など