かき氷屋さんのレビュー記事はこちら

【原宿ブレンド/猿田彦珈琲】シャキッと目が覚める苦味の効いたコーヒー

2020年3月、新しくなった原宿駅の2階にオープンした「猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」

 

店舗面積277平方メートル・座席数は約140席の大型店の同店(お店のレポートは別記事をご参照ください)では、ウイスキー樽でコーヒー生豆を熟成させたバレルエイジドコーヒーなど、ここでしか味わえないコーヒーがいくつか用意されています。

 

今回は、JR原宿駅と猿田彦珈琲が共同開発したという、「The Bridge 原宿駅店」限定の「原宿ブレンド」をご紹介します。

 

原宿駅店限定「原宿ブレンド」

「原宿ブレンド」はJR原宿駅と共同開発し、さらには原宿駅監修と謳われています。

「それって結局どういう事?」とネットで調べてみたのですが、詳細な情報を見つけることができませんでした。

なので勝手な推測になりますが、JR原宿駅の駅員さんからの要望・好みを聞いて、猿田彦珈琲がそれにマッチしたブレンドコーヒーを作り上げたのかな、と。

 

(全然違っていたらごめんなさい。)

JR原宿駅限定だからなのか、公式サイトを探しても「原宿ブレンド」に関する情報が見当たりませんでした。

商品ラベルに記載されているスペックは、次の通りです。

 

  • 焙煎度合い:深煎り(記載なし、私の推測です)
  • 原材料(産地):グアテマラ、ケニア、インドネシア、エチオピア、ブラジル
  • 内容量:100g
  • 消費期限:2020年11月4日【同年8月11日に購入したので、焙煎日は8月5日あたりと推測】
  • 価格:900円

 

5種類のブレンド。深煎りに適した豆の割合が多いようです。

 

スポンサーリンク

実飲レビュー「原宿ブレンド」

まずは、抽出によるムラが出にくいフレンチプレス (350cc)で淹れてみました。

 

同時に購入した「真夏の果実ブレンド」と同じく、18gで試しました。

これからも最初は18g、中粗挽き(ナイスカットミルで6)で淹れてみて、その結果を元に量を何パターンか試しながら、自分なりの適量を見出せればと思っています。

 

情報が全くない中での一口目、これは分かり易い深煎り。

 

終盤になるにつれて若干の酸味も感じ取れるようになりましたが、気付くか気付かないか程度でなので、「酸味は不要、コーヒーは苦味重視」という人向けです。

 

やはり駅で働く人にとって、コーヒーに最も期待するのは「眠気覚まし」としての役割りなのでしょうか。
「原宿ブレンド」は、朝飲むと一気に眠気を吹っ飛ばしてくれるような、強い苦味を持っています。

 

ペーパードリップでも試してみました(18g、中挽き、抽出時間3分)が、苦味重視な個性は変わらずでした。

フレンチプレスかペーパードリップかで言うと、お好みに応じてで良さそうです。

 

まとめ

個人的な嗜好の話になってしまいますが、ここまでの深煎りはあまり好んで飲むことはないです。。。

なので、「原宿ブレンド」の良さを、うまくお伝えできなくてごめんなさい。

日本人に馴染みのある、苦味の強いコーヒーです。

チョコレートと合わせると「原宿ブレンド」の味が引き立ちそうなので、改めてチョコレートを購入してきて試してみたいと思います。

 

繰り返しになりますが、「原宿ブレンド」は店舗限定商品なので、購入の際は「猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」までご訪問を。

(^^)ではでは(^^)