出町ふたば『豆餅』買うなら、やっぱり本店が最強!行き方や営業時間等もご紹介!!

スポンサーリンク

出町ふたばの『豆餅』を愛してやまない男、コツメです。

すでに、当ブログでは出町ふたばの『豆餅』を2回も取り上げているので、いい加減 他のネタを優先して書けばいいのに、と自分でも判かってはいるんです。それでも書かずにはいられない、この高揚感。止められません、もう誰にも止められません。

行ったんですよ、約2年ぶりに本店へ!一昨年の秋以来です。東京でも頑張れば買えないこともない出町ふたばの『豆餅』ですが、やっぱりね、本店最強!

まだ本店を訪問したことのない出町ふたばファンの皆さん。今年の秋は

そうだ 京都 、行こう。

を合言葉に、聖地巡礼の旅はいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

「出町ふたば」への行き方

まずは、出町ふたばの場所を示す地図を載せておきます。中心部からは少し離れた場所です。

 

タクシーを使う場合

タクシーを使えば一番ラクです。

出町ふたばのある出町柳周辺は、京都駅や四条河原町といった中心部からは離れた場所になりますが、特に四条河原町からであれば距離は大したことありません。

Googleマップで調べてみたところ、こんな感じです。

  • 四条河原町〜出町ふたば・・・2.9km(約 8分)
  • 京都駅  〜出町ふたば・・・5.7km(約18分)
  • 嵐山   〜出町ふたば・・・12.0km(約37分)
所要時間は、これを書いている7/22(土)10時時点のものです。日時とその時の交通状況によ変わります。

四条河原町からであれば、料金も片道1,000円かからないんじゃないですかね。参考までに嵐山も調べてみましたが、さすがに嵐山は遠かった。

とにかく楽に早く移動したい場合には、タクシーがオススメです。京都市街地はタクシーだらけなので、タクシーを探す時間もほとんど必要ありませんしね。

 

電車(京阪電車)を使う場合

京阪電車の「出町柳」駅が最寄駅です。出町柳駅から出町ふたばまでの距離は、350m(徒歩5分)程度です。出町柳駅を出たら、鴨川を渡ってお店に向かうことになりますが、鴨川の景色を眺めながらになるので、5分といっても体感的には全然大した距離ではないですよ。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6cde

この写真、どこにも「出町柳駅」という表示が入っていないのですが、間違いなく「出町柳駅」です。京阪電車は京都市街地の地下を走っているので、「出町柳駅」も地下化されています。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6ce0

今出川通りに架かる「加茂大橋」から鴨川の上流方面を見たところです。

同じ鴨川でも、三条〜四条あたりから見る風景とはだいぶ違います。このあたりだと、水遊びをする子供の姿が多く目に留まりますね(夏というのもあります)。

ちなみに、先の方に見える橋(左が出町橋で右が河合橋)を通って行くのが、正しいルートです。我々は出町柳駅で出口を間違えました。

京阪電車は鴨川沿いの地下を走っています。中心部からだと「三条駅」「祇園四条駅」「清水五条駅」あたりからの利用になるかと思います。

京都市街地の道路はかなり混雑しているので、もし地図を見て京阪電車の駅が近くにあるのであれば、京阪電車を使うと時間短縮になりますよ(三条駅もしくは祇園四条駅からであれば、料金も市バスより若干安い)。

特に四条河原町周辺から出町ふたばに向かうのであれば、京阪電車の「祇園四条駅」を使うと便利です。

残念ながら京阪電車は「京都駅」には行きません。ただ、京都駅からJR奈良線で一つ目の「東福寺駅」で接続するので、どうしても「電車の方が分かりやすいから電車で行くんだ!」という強い意志をお持ちの人がいたら、東福寺駅経由で行くのもアリかと思います。

 

バスを使う場合

「葵橋西詰」もしくは「河原町今出川」停留所が最寄りのバス停です。

中心部から向かった場合、「葵橋西詰」に停まるのは「37系統・205系統」の2つとなります。このバス停は、出町ふたばが面している同じ河原町通り沿いにあってお店の前を通ってすぐの場所なので、一番分かりやすいです。

オススメは万能選手の「205系統」です。京都駅にも四条河原町にも停車しますし本数も多いので、使い勝手が抜群です。ただ万能選手ゆえに混雑していることが多いのが難点。

「37系統」は京都駅に停まらないのと、四条河原町から向かった場合に祇園の方を回って行くので時間が掛かっちゃうんですよね。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 67df

「河原町今出川」の方は、「3系統」「4系統」「17系統」「59系統」に加えて、上記の2つが停まります。このバス停だと交差点を1回渡る必要が出てくるのですが、距離的には出町ふたばまで100mくらいなので問題ないと思います。

このうち「3系統」と「59系統」は京都駅には停まりません。

 

出町ふたばは行列が目印!

出町ふたばは、河原町通り沿いにあります。「河原町今出川」からだと北に上ってすぐの場所です。

河原町通りに出れば、お店の前には年中行列ができているので、それが目印です。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6ce9

こんな感じで、お店の前には人が溢れています。これでも休日にしては人が少ない方かも知れません。

並び始めてから会計まで15分掛かりましたが、ひどい時には1時間くらい並ぶこともありますので、一応覚悟はしておいた方がいいでしょう。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6ce4

提携している百貨店では、出町ふたばの人気No.1『豆餅』が買えるところがありますが、本店には他にも色々な商品があります。

列に並びながら、今日は何をいくつ買おうかと、あれこれ悩むのも楽しいかと思います。私は順番がくるまでずーっと悩んでいました(笑)。

 

『豆餅』は絶対買いたい!他はお好みで。

繰り返しになりますが、出町ふたば本店では『豆餅』以外にも色々な商品が並んでいるので目移りしちゃいます。

これだけ種類があると『豆餅』目当てで来たにも関わらず、ついつい他のものに目を奪われがちです。しかし、間違っても「気が付いたら『豆餅』を買っていなかった・・・」なんてことのないように気をつけましょう!

やっぱり、出町ふたばといえば『豆餅』なんですよ。他の大福とかももちろん美味しいのですが、『豆餅』は別格です。人気があるのにはキチンと理由があるんです。

とは言っても、これだけ種類があると『豆餅』だけ買うんじゃ勿体無い気がしますよね。せっかく本店まで来たのですから。

個人的なオススメは、「赤飯」と「田舎大福」です。

「赤飯?いらねえなぁ」と思っちゃったあなた!赤飯を侮るなかれ!ここの赤飯は絶品です。騙されたと思って食べてみてください。小豆も赤飯(お米)も最上級ですから。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6d41

 

「田舎大福」は、天然よもぎの香りが鼻腔に広がるのを是非楽しんで頂きたいです。餅と餡が美味しいのは言うまでもありません。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6cfd

 

可能なら今すぐ食べましょう!餅が硬くなる前に!!

出町ふたばの『豆餅』や大福類は、時間が経過するに従い、だんだん固くなってしまいます。もう翌日になったら完全に別物です。

出来る限り早く食べてしまうのが、『豆餅』他を美味しく食べる最良の方法です。

もし、その場で食べる時間的余裕があるのなら、是非作り立てを食べてみてください。

 

鴨川のほとりで『豆餅』を。

一番のオススメは、出町ふたばに程近い 鴨川のほとりで食べるという方法です。お店から鴨川まで徒歩2〜3分ですからすぐに食べられます。桜の季節にはお花見客で賑わうような場所なので、食べ物を出しても全然違和感はありません。

 

Thumb IMG 4340 1024

これは、これを書いている2年くらい前(秋)に行ったときの写真ですが、鴨川のほとりに座って『豆餅』を食べる贅沢は、まさにプライスレス。贅沢なひとときです。

 

下鴨神社で『豆餅』を。

京都の街は寺社仏閣の宝庫です。ここ「出町ふたば」の近くにも大小様々な寺社仏閣がありますが、ここまで来たらユネスコ世界遺産に登録されている「下鴨神社」に行ってみましょう!

徒歩5〜6分くらいで、下鴨神社のある「糺ノ森」に到着します。

糺ノ森には、ところどころベンチのような座る場所があるので、そこで購入した『豆餅』などを食べることができます。

今回我々は「糺ノ森」にある、下鴨神社の第一摂社「河合神社」に立ち寄ってみました。(下鴨神社にはそのあと行きました)。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6cf3

この神社、日本第一美麗神と書かれていて「何だそれは?」って感じなんですが、その正体は「玉依姫命」(たまよりひめのみこと)。女性にまつわるあらゆる願いごとを叶えてくれる神様なのです!

今回は女性2名と一緒だったのですが、2人とも河合神社のことを知らないようだったので、フラッとお連れしてみたという次第です。

さて、この日は最高気温30度超えのかなり暑い日でしたので、いくら「出町ふたば」から徒歩5〜6分の距離とはいえ、昼間だとかなり体力を消耗します。(そして出町ふたばでの行列も15分とはいえ人が密集していたので辛かった。)

先ほど、鴨川のほとりが一番のオススメと書きましたが、今回のような暑い日だとちょっと状況が違ってきます。日陰がないんですよね、鴨川だと。

そんな時にオススメなのが、こちらの「河合神社」。

糺ノ森の中にあるので、森林効果で他の場所より涼しいんです。加えて「河合神社」には休憩処がありまして、ここでは「かりん美人水」という飲み物が提供されています。この「かりん美人水」は、下鴨神社で収穫されたカリンとご神水で作られているという、ここでしか飲めない貴重なもの。

渇いた喉を潤せるし珍しいしで一石二鳥!

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6cf2

夏になると「かりん美人水」350円の他に、「氷菓美人水」400円も提供されます。

「氷菓美人水」は「かりん美人水」をフローズンにしたものです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6cf6

同行者は2人とも「氷菓美人水」を選んでいました。暑かったですからね〜。

ちなみに冬場になると、逆に「ホットかりん美人水」が提供されるようです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6cfb

で、幸いにも席に余裕があったので、休憩処を拝借して、先ほど出町ふたばで購入した『豆餅』類を控えめに広げてみました。

左から『みぞれもち』、『田舎大福』、『豆餅』です。

(今回は「氷菓美人水」を頂きながらではありますが、それでも休憩処が常に持ち込み可とは限らないので、一応お断りを入れるようにしてください。)

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6cfc

まずは大本命の『豆餅』を。

やっぱ美味しい!汗をかいて塩分を失っていたこともあるのでしょうか。いつも以上に北海道十勝産の赤えんどうの塩っ気が体に沁みます。

餅も買ってきたばかりなので滑らかさがハンパじゃない。出町ふたば本店で売られている豆餅は、次から次へと捌けていくので作り置きではなく、絶えず作り続けられています。だから餅が滑らかで伸びが素晴らしいんです。

この点が、東京で買う場合と大きく違うんです。もちろん東京で買える出町ふたばの『豆餅』も十分美味しいんですけどね。本店で買うと、もう1段階上のものが食べられるとご理解頂ければ。

あまりの美味しさと完成度の高さに、思わず「豆、餅、餡」と5回くらい繰り返して呟いてしまいました(笑)。(これホント)

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6cfd

続いては『田舎大福』。私はよもぎを使ったお餅が大好きなので、これもかなり好きです。

出町ふたばの『田舎大福』は、国内産の本よもぎが使用されています。一切の妥協のなさが出町ふたばの素晴らしいところです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6cfe

今回も歯型付きで恐縮です。

なんだ、このよもぎ感。美味いに決まってる!『豆餅』のようなインパクトはありませんが、非常にクオリティの高いよもぎ大福(田舎大福)です。

あっという間に『豆餅』と『田舎大福』をそれぞれ1つずつ、平らげました。

 

『赤飯』と『みぞれもち』はご自宅で。

さすがに「河合神社」の休憩処をお借りして『赤飯』まで食べるわけにも行かないので、こちらは持ち帰りました。『赤飯』はその日のうちに食べれば、美味しく頂けます。

『みぞれもち』の方は、1時間くらい冷蔵庫で冷やした方が良い、と書かれていたので、その場で食べるよりもご自宅等の冷蔵庫で冷やしてから食べるのが良いでしょう。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6d40

行事がなくても食べたい。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6d45

自然な色合いの赤飯です。マジで美味いです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6d43

小が800円、大が1,000円なんですが、値段の差以上に量が違うので、ファミリーなど複数人で分けられる場合は断然「大」がオススメです。

私は一人、ビジネスホテルで食べたので「小」にしました。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6d49

こちらは『みぞれもち』。笹の葉に包まれているスタイルです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6cfa

美味しい食べ方に書かれている通り、1時間以上冷やしてから食べました。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6ce6

とにかく素材には徹底的にこだわるのが「出町ふたば」。水だって妥協しません。京都の水も悪くないはずなんですけどね。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6d4c

中は、こしあんです。葛と清涼感と餡の組み合わせが最高です。

ちょっと笹の葉に葛がくっついちゃって取りにくかったのが難点でしたが。

 

総括

出町ふたばの『豆餅』は、一部百貨店などで購入することも出来るのですが、やはり本店で購入すると作り立てなので、買ってすぐに食べれば更に一段上の『豆餅』を味わうことができます。

更に、今回ご紹介した『赤飯』や『田舎大福』など商品の種類が多いので、やはり「本店を知らずして、出町ふたばを語るなかれ」です!

ファンの方もそうでない方も、是非、京都訪問の折には本店へ訪れて頂きたいと思います。

最後に最後に、『豆餅』などのお餅全般は賞味期限が当日限りです。これ、本当に翌日になると固くなっちゃって全くの別物(美味しくない・・・)になってしまうので、すぐに食べられなかったとしても、絶対に当日中に食べてくださいね。

(^ ^)ではでは(^ ^)

項目 内容
営業時間 8:30 〜 17:30
定休日 火曜日、第4水曜日、その他年末年始など
住所 京都府京都市上京区出町通今出川上ル青龍町236
TEL 075-231-1658
クレジットカード 利用不可

 

最近はネットでかなりの情報を仕入れることが出来ますが、やはり1冊くらいはガイドブックがあると便利です。

コツメがオススメする(特に女性向け)ガイドブックを3つご紹介しておきます。宜しければご参考にしてください。

「コツメカワウソ.com」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

スクープ!出町ふたばの「豆餅」が東京でも入手可能と判明!!

2016.02.20

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

ABOUTサイト運営者のご紹介

小爪 獺(こつめ かわうそ)

千葉県出身千葉県在住。家族構成は妻と子2人(娘+息子)。都内に通う普通の会社員です。

2015年12月に気の迷いで当ブログを開設。

基本スタイルは「雑記ブログ」ですので、今の自分が興味を持っていることを無選別に発信していきますが、似たようなライフスタイルを持つ方のお役に立てれば幸いです。

詳しいプロフィールを見る