サイト統合を考え中です・・・

【あのんCAFE/京都祇園】実は穴場?新感覚「あんこ」スイーツを楽しめます!

新感覚「あんこ」スイーツで有名な祇園の『あのん』

特に、あんことマスカルポーネチーズクリームをお好みで最中にサンドして作る「あんぽーね」は、手土産にも最適と数多くのメディアで取り上げられたこともあってか、未だにオンラインショップだと数週間待ちの大人気商品となっています。

そんな高い人気を誇る『あのん』さんですが、実は店舗併設のCAFEが意外と空いているので、「あのんのお菓子を食べ比べてみたい!」という人には、CAFE利用がかなりオススメです。

人気の「あんぽーね」もメニューにありますよ!

 

祇園の街中。町家風の店舗が京都らしい。

『あのん』さんの店舗がある一角は、昔ながらの町家風の建物が軒を連ねています。

『あのん』さんはご覧の通り、外観も控えめなので看板を見落とさないように注意してください。

 

すぐ近くには、鯖寿司で有名な『いづう』さんの店舗があります。私はここの鯖寿司が大好物なので、ここもいつかご紹介したい!

 

ちょっと先に行くと、白川が流れています。

TVや映画のロケにも良く使われている場所です。
この写真では切れてしまっていますが、右手には同じくロケ地の定番「辰巳大明神」もありますので、『あのん』さんを訪れた際には界隈を散策するのも楽しいですよ。

 

スポンサーリンク

日曜日の昼下がり。でも空席ありました。

『あのん』さんの店舗は、中に入ると手前が物販スペースで、奥にCAFEが併設されているスタイルです。

公式サイトには「イートインスペース」と書かれていましたが、決してテーブルや椅子は簡易的なものではありません。
カウンター席とテーブル席、合わせて座席数は29席あります。

タイミングによっては待つこともあるとは思いますが、今まで3回訪問した中で行列になっているのを見たことはありませんので、激しく待たされることは無いかと思われます。

 

スポンサーリンク

お菓子は「ドリンクセット」がお薦め。

ここのメニューがちょっと面白くて、そのほとんどがお菓子2個セットで600円(税別)となっています。

例えば、「あんぽーね」だと同じものが2個セットになっていますし、次にご紹介する「あんです」「あんえくれあ」も同じものが2個。

けど、どうせならば同じものを2個でなく、別のものを1個ずつ食べてみたくないですか?

この「同じの2個セット問題」を解決してくれるのが、「ドリンクセット(税抜1,200円)」です。
ドリンク1杯と、お菓子は好きなものから合計で2個選べるセットになっているので、下のような「あんです」と「あんえくれあ」1個ずつという組み合わせが可能になります。

繰り返しになりますが、「あんです」と「あんえくれあ」です。
この両メニューは、店内でも目を引く場所に陳列されているので、非常に興味をそそられます。

 

あんです

モンブランではなく「あんです」。白あんと洋の素材を組み合わせ、雄大なアンデス山脈をイメージした山形のケーキです。

サクサク食感のメレンゲ菓子を土台とし、北海道十勝産小豆を用いた粒あんと、ホイップした生クリームを2層仕立てに。柔らかく炊き上げた、あっさりとした味わいの白あんで優しく包み込んでいます。

仕上げに丸久小山園の抹茶をハラリと振り、アンデス山脈に広がる春の新緑の芽吹きに見立てています。

〜公式サイトより引用〜

 

 

あんえくれあ

香り豊かなシュー生地にサブレをプラス。

ざくっと歯ごたえのある生地のなかに、北海道・十勝産の小豆を用いた素朴な甘味のこしあんと、ミルキーな生クリームをはさみました。

ガナッシュには丸久小山園の抹茶を使っており、すっきりとした後味もお愉しみ頂けます。

〜公式サイトより引用〜

 

実は上のショーケース写真は約1年前のものになるのですが、今も健在の定番メニュー。

それぞれ洋菓子の「モンブラン」「エクレア」を思いっきりモチーフにしていますが、メインにあんこを使ってもあら不思議。
本家の「モンブラン」「エクレア」に引けを取らない美味しさです。

味だけでなく、見た目に美しいところもいいですね。

 

ご紹介したドリンクセットは、一部のお菓子・飲み物はセットの対象外となりますので、詳細はお店でご確認を。

 

スポンサーリンク

かきごおり(ミニサイズ)はドリンク付き。

先ほどのドリンクセットは同行者が選んだもので、私は「かきごおり」を注文しました。

7月上旬に訪れたのですが、この日は暑くて暑くて少し歩いただけで喉がカラカラ。たまらず季節限定の「かきごおり」で涼むことに。

かきごおりは、次の3種類があります(2018年7月時点)。

《抹茶》

丸久小山園の宇治抹茶を使用。ほろ苦い抹茶蜜の上に抹茶の粉を振りかけ、味を引き締めました。

 

《柚子》

じっくり煮詰めた柚子シロップに、蜜漬けひた柚子の皮のスライスをトッピング。爽やかなテイストです。

 

《きなこ》

香ばしいきなこをたっぷりと振りかけ、当店自慢のわらび餅と白玉、小豆を添えたボリュームのある一品です。

 

〜公式サイトより引用〜

 

また、通常サイズだと各1,200円(税別)なんですが、「ミニサイズ(ドリンク付)」同じく1,200円という選択肢もあります。
お店の人に「通常のものは、結構大きいですよ」と事前に忠告を受けたので、ミニサイズ(ドリンク付)にしてみました。

 

こちらが「かきごおり《柚子》 ミニサイズ(ドリンク付)」1,200円です。

思っていたほど、かきごおりも小さくないですし、なぜか白玉とあんこがたっぷりと付いてくる嬉しいサプライズもありました。

あとで、他の人が注文したかきごおりの通常サイズを拝見させて頂きましたが、お店の人の忠告通りの大きさでした。相当なかき氷好きなら問題ないのでしょうが、大き過ぎるかき氷は途中で飽きますよね。

 

ミニサイズのかきごおりには、十分な量の白玉とあんこだと思います。

 

極限まで薄く削られた氷は、ふんわり食感。舌の上でサラリと溶けていきます。

それでもランチの直後に訪れたので、このくらいが自分には適量でした。

 

この柚子シロップが、かきごおりとの調和も抜群で大変美味しゅうございました。

 

冷たいかきごおりには、やっぱり温かい飲み物が合いますね。コーヒー(カプチーノだったと思います)との相性も意外と良いです。

 

実は、あのんさんへ来る前に、こちらの柚子屋旅館さんでランチを食べてきたのですが、デザートが柚子を使ったものではなかったので、奇しくもここで柚子尽くしを締めることになりました。

この『柚子屋旅館』から『あのんCAFE』と流れるルートは、夏場にオススメかも知れませんね。

【柚子屋旅館一心居/京都】おばんざいと鯛しゃぶの贅沢ランチが絶品!お薦め!!

 

『あのんCAFE』のメニューは、他にも魅力的なものがありますので、詳細は公式サイトをご確認ください。

参考 あのんCAFE京都祇園あのん本店

 

スポンサーリンク

お土産も充実。我が家での人気は『あんまかろん』。

『あのん』のお土産といえば、何度も言ってますが「あんぽーね」ですよね。

オンラインショップだと数週間待ちになっていますが、店舗だと当日に購入することが出来ます。
もちろん売り切れてしまうこともありますので、確実に入手したければ早い時間帯に訪れたほうが間違いありません。

 

ただ、我が家では「あんぽーね」が不人気なので、「あんまかろん」1,350円(税抜)をお土産に選んでいます。

 

ご想像の通り、こちらの「あんまかろん」はフランスの「マカロン」をモチーフにしています。
何が違うのかと言うと、クリームを挟む替わりに「あんこ」が挟んであるんです。これも想像通りかと思います。

 

パッケージもお土産として文句なしの上品さ。

 

バラ売りもされていますが、お土産にするのであればこちらの5個セットのものが便利です。

それぞれ味が分かれていて、「こしあん」「レモン」「抹茶」「塩キャラメル」「季節限定の味」が1つずつ。
この時の「季節限定の味」は何だったっけ、オレンジ系だったと記憶しております。

 

色遣いにもこだわりを感じます。

尚、日持ちは”製造日より4日(常温)”となっていますので、もし自宅用でない場合はすぐ渡せるよう事前のスケジューリングが重要になってきます。

 

『あのんCAFE』のここがGOOD!

改めて『あのん』さんのCAFEの良い点をまとめてみました。

  • 人気店なのに行列しない
  • 人気のお菓子を食べられる
  • CAFEは意外にリーズナブル

京都でちょっと人気の出ているカフェや甘味処だと、1時間待ちもざらにあるお店が多い中で、『あのんCAFE』はほとんど待たされることがない「穴場のカフェ」です。

それでいて、お土産として大人気の「あんぽーね」も選べますし、私が食べたかきごおりはかなりの本格派。
暑い京都で炎天下の中で1時間とか並ぶのなら『あのんCAFE』で全然良いのでは?

立地も便利ですので、祇園で休憩に『あのんCAFE』。良いと思います。

 

店舗情報、アクセスなど

項目内容
店名あのん祇園本店(あのんCAFE)
営業時間月〜金 12:00 〜 20:00
営業時間土曜日 10:00 〜 20:00
営業時間日・祝 10:00 〜 18:00
定休日火曜日
住所京都府京都市東山区清本町368-2
TEL075-551-8205
予約不可
クレカ利用可
タバコ全面禁煙
URLhttp://www.a-n.kyoto.jp

 

2 Comments

かわうそ女史

あんまかろん、おすすめなんですね!今度、食べてみます。

烏丸界隈にも、よさげなカフェがありそうです。こちら、開拓しがいがありそうです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください