\ミーノ(miino)普及委員会/

【800° DEGREES】ナポリピッツァとレモネード

銀座周辺で2〜3時間ほど時間潰しをしないといけない事情ができたので、まだ行ったことのない「KITTE」まで歩いてみようと、ぶらぶらしていた時のこと。

 

途中の「東京国際フォーラム」でさっそく休憩したくなり、目に留まったのが『800° DEGREES』というナポリピッツァのお店。

お隣のハンバーガー店「シェイクシャック」が激混みだったから、というのは置いておいて、雰囲気も良くてナポリピッツァが美味しかったのでご紹介します。

 

「800° DEGREES/東京国際フォーラム」の営業時間・場所など

場所は、東京国際フォーラムのBブロック1Fです。
とりあえず東京国際フォーラムへ行って、1Fを歩けばすぐに見つかると思います。

JR有楽町駅からだと徒歩3分。銀座駅からでも4〜5分くらいでしょうか。

  • 店名:800° DEGREES neapolitan pizzeria(東京国際フォーラム店)
  • 営業時間(月〜土):11:00 〜 23:00(L.O.22:30)
  • 営業時間(日・祝):11:00 〜 22:00(L.O.21:30)
  • 定休日:なし(不定休)
  • 住所:東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラムBブロック1F
  • クレカ・電子マネー:利用可
  • 公式HP:http://800degreespizza.jp
MEMO
東京国際フォーラム以外にも、新宿、南青山、横浜にお店があるようです。

 

スポンサーリンク

「800° DEGREES 東京国際フォーラム店」のメニュー

ナポリピッツァのお店なので、メニューは当然にナポリピッツァが中心となっています。

その他、サラダやアラカルトがいくつか、といった感じのメニューラインナップ。

メインメニューであるナポリピッツァは、5種類のベースピッツァを選んで次にトッピングを選ぶという、自由度の高いオーダー方式となっています。

 

ただ、そういう自由度の高いメニューだと、逆に混乱したり決められない人も多いかと思います。

ご安心を。

上は一例ですが、お店のおすすめの組み合わせがそのままメニューになっているものがいくつかありますので、そちらから選べば何も問題ありません。

かくいう私(と妻)も、「海老とブロッコリーのポテトクリーム」という、最初っから組み合わせ済のメニューを注文しました。

 

ナポリピッツァの他にもう一つ気になったのが、ドリンクメニューの中でもやたら幅をきかせていた「レモネード」

 

店内にも、大量のレモネード(らしき)瓶詰めがたくさん並べられていました。

 

スポンサーリンク

ギャラリー(ナポリピッツァとレモネード)

あまりお腹は空いていなかったので、フード系メニューは2人で1枚だけナポリピッツァを。

先述の通り、「海老とブロッコリーのポテトクリーム」1,800円です。

 

この特徴的な赤紫色は、ビーツクリーム

色でも魅せるピッツァ、いいですね。

 

ナポリピッツァらしい、薄く仕上げられた記事と焼き加減。

 

レモネードの種類があまりにも多かったので、これは選ばない訳にはいかないな、と私が選んだ「トマトサワーレモネード」480円

奥に見えているのは、妻の「ブラッドオレンジジュース」380円。

(妻はレモネード、要らなかったみたいです。)

 

このトマトサワーレモネード、トマトシャーベットが添えられていて想像していた以上に映えていたので、思わず何枚も撮ってしまいました。

 

思っていたより酸味は控えめ・甘いので、酸っぱいのが苦手な人でも恐らく大丈夫だと思います。

 

これはディスプレイ用に置かれているものだと思いますが、レモネードはテイクアウトも出来ます。

 

スポンサーリンク

総括:意外と落ち着ける東京国際フォーラムのお店「800°DEGREES』

東京国際フォーラムは、たまに仕事で展示会に足を運ぶ程度でしたが、プライベートでゆっくり訪れるのにも良い場所だと認識しました。

 

『800° DEGREES』さんは、雰囲気もお洒落というかCOOLな印象で、誰と来てもハズすことはないお店だと思います。

 

銀座・有楽町界隈は、言うまでもなく有名無名を問わずお店がひしめき合っている一帯なので、お店選びで迷ったら東京国際フォーラムへ足を運んでみるのも悪くないですよ。

 

屋根があるのに開放的なので、雨の日や暑い日にもおすすめです。

(^^)ではでは(^^)