(6/3)コメント欄を復活させました!

コッペパン屋さん toi toi toi。夢溢れるお店です。(船橋市三山)

こんにちは、こっつんこつめ(@naga516)です。

「こぢんまりとした、良い雰囲気のコッペパン専門店があるらしい」という噂を聞きつけて、行って参りました!
コッペパンを求めて船橋市は三山まで。

お店の名前は『toi toi toi(トイトイトイ)』。なかなかユニークなネーミングですね。

2017年オープンの比較的新しいお店ですが、すでに地元ではかなりの人気店となっていて、休日ともなるとお昼前には完売してしまうとか・・・。

 

今回は、そんな多くの人を惹きつけてやまない『toi toi toi(トイトイトイ)』のコッペパンの魅力に、迫って行きたいと思います。

 

店舗は庭に?こぢんまりとした佇まいのお店です

駐車場1台分くらいのスペースに建つ白い小屋。こちらが『toi toi toi(トイトイトイ)』さんの店舗です。

こぢんまりとしたお店とは聞いていましたが、まさかここまでコンパクトだとは思いませんでした。

ご自宅の庭に、店舗を設けているんですね。何それ、カッコいい!

 

店内は厨房・調理専用スペースとなっているため、お客さんが足を踏み入れることは出来ません。

窓越しに注文するスタイルです。

 

店舗脇に掲げられた黒板。ここにメニューが記載されています。

ビッチリと書き込まれていて、かなり情報量が多いので、初めてだと混乱してしまうかも。

 

更に「本日限定のメニュー」が、別のホワイトボードに表示されていました。

これだけメニューがあると、本当に悩んじゃいますよね。

メニューは入れ替わることもあるでしょうから、上の写真のメニューから変わってしまう事もあるかと思いますが、初めて行かれる際には、写真のメニューから「何をオーダーするか」を予め決めておいた方が宜しいかと思います。

私が行った時はちょうど1組待ちだったのですが、オーダーする順番が回ってくるまでの間、ずーっとメニュー表とにらめっこしていました。

 

1組ずつオーダーを受けてから、コッペぱんに具材をサンドしていくスタイルなので、多少時間が掛かってしまうのは仕方のないところでしょう。

それでも窓越しに、作っている風景を眺めながら待っていれば、時間が過ぎるのもあっという間です。

 

スポンサーリンク

オーダー方法について

そんなに難しくはないのですが、一応オーダー方法をご紹介しておきます。

「サンドする具材をカスタマイズ」する方法と、「固定メニュー」を選ぶ方法の2パターンがあります。

 

サンドする具材をカスタマイズ

具材を自分で選ぶスタイルです。最大3種類まで選べます。

具材を自分でカスタマイズ

・シングル(1種類):170円

・ダブル (2種類):220円

・トリプル(3種類):270円

 

〜選べる具材(2018年6月2日時点)〜

こしあん、つぶあん、イチゴジャム、ピーナッツバター、カスタードクリーム、チョコレートクリーム、クリームチーズ(kiri)、はちみつ(クローバー)、バター(有塩)、ホイップクリーム、ぎゅうひ、マーマレード、ローストくるみ、フルーツ(みかんと黄桃)、ハム、スライスチーズ

これだけではなくて、例えば「渋皮モンブランあん」「皮むきあん」「コーヒーあん」それぞれ200円なんてメニューもありました。(メニュー表に記載あり)

これらのメニューに、上の選べる具材を1種類50円で足していくことも出来るようです。

 

固定メニュー

自分でオリジナルなコッペぱんを作れるカスタマイズも楽しいですが、『toi toi toi(トイトイトイ)』さんのコッペぱんは固定メニューも充実しています。

個人的には「固定メニュー」の方にこそ、惹かれるコッペぱんが多い印象ですね〜。

 

固定メニューからオーダーする場合は、組み合わせを意識せずにそのままメニュー名をお伝えすればオッケーです。

そして、固定メニューに「選べる具材」を追加することも出来ます(モノによるかも知れないので、お店の人にご相談を)。

 

頑張って写真のメニューを文字に起こしてみましたので、コピペするなどでご活用ください。

  • ハムカツ:270円
  • 北海道産じゃがいもコロッケ:250円
  • ツナ(玉ねぎ、アンチョビ入り)・きゅうり:250円
  • タマゴサラダ:200円
  • 焼きそば:200円
  • キーマポテト:320円
  • キーマ・タマゴ:320円
  • キーマ・キーマ:320円
  • チョコバナナ:270円
  • 明太ポテト:270円
  • キーマ+ハムカツ:370円
  • 京玉露茶あん(期間限定):220円
  • 揚げパン(きなこ、シュガー):各160円

 

以下は【6/2(土)限定メニュー】として書かれていたものです。

  • ハンバーグコッペ(土日限定8個):350円
  • よくばりコッペ(ハンバーグコッペ+ポテサラ):410円
  • おさかなタルタルコッペ:320円
  • ナポリタン:230円
  • チーズ&たっぷり野菜:320円
  • B.L.Tコッペ:370円
  • ベーコンポテトチーズ:320円
  • レモンあん:220円

写真のメニュー表をほぼ網羅したつもりですが、抜けていたらゴメンなさい。

 

スポンサーリンク

狙いは早朝!? 平日100個、休日200個の限定販売

小さな店舗で、オーダーを受けてから一つずつ具材をサンドしていくので、さばける量にも限りがあります。

 

平日は100個、休日は200個の限定販売です。なくなり次第終了。

また、1人あたり5個までの購入個数制限があるようですので、ご注意ください。

全てのお客さんがコッペぱんを5個ずつ購入した場合、平日だとわずか20人、休日でも40人で売り切れてしまう計算ですから、これは油断なりません。

 

確実にコッペぱんを手に入れたければ、開店の7時に合わせて訪れれば間違いないでしょう。開店直後は多少混雑するかと思いますが、コッペぱんのためですから。

 

スポンサーリンク

これが『toi toi toi(トイトイトイ)』のコッペぱん!

今回6個のコッペぱんを購入したので、それぞれについて簡単にご紹介します。

「あれっ?1人5個までじゃなかったっけ??」と疑問に思われましたよね?
実は今回、息子を連れて行ったので6個買うことが出来ました。

もし5個以上のコッペぱんを購入したいのであれば、家族を引き連れて行かれることをオススメします。

 

6個のコッペぱんを並べてみましたが、1つ1つにボリュームがあるので、こうして見るとなかなか壮観。

持つと「ズシッとした重み」がありました。

 

キーマポテト 320円。

 

メニュー表にも”大人気”と書かれていた「キーマポテト」320円。

そうそう、オーダー時にお店の人が一生懸命、ラベルにオーダーしたメニュー名を書いておられました。
それがパッケージに貼られているので、6個買っても「どれがどの味だっけ?」と迷わずに済みます。
丁寧な仕事ですね!

 

行儀が良くないけど、パカっと開いてみたところ。こんな感じで具材が盛り付けられています。

 

『toi toi toi(トイトイトイ)』さんのコッペぱんは、1個がそれなりの大きさなので私だと2個も食べれば十分って感じ。

けど、初めてで色々な味を確かめたかったので、半分に切ってシェアすることにしました。

 

ハンバーグコッペ 350円。

パッケージを剥がすまでもなく、伝わってくるこのボリューム感!

具材は、ハンバーグ・レタス・トマト・ケチャップ・チェダーチーズです。

 

土日限定で、さらに1日8個限定のレアなコッペぱんなので、確実に手に入れたければ早朝を狙いましょう!

ハンバーグは小さいのが2つ入っているので、半分に切って食べるのにも都合の良い構成でした。

 

おさかなタルタルコッペ 320円。

「おさかな」の文字の右上にある、まる「カ」の文字は、からし(マスタード)が入っていることを意味しています。

お惣菜系のコッペぱんをオーダーすると、からしの有無を聞かれますので、好みで選ぶといいでしょう。

 

具材は、白身魚フライ・レタス・キャベツの千切り・タルタルソースという、オーソドックスなもの。

これも白身魚のフライが結構パンパンに入っていて、ボリューム感は文句なし。

 

フルーツホイップ 220円。

一緒についてきてくれた息子が独占しちゃったので、味はノーコメント(食べていないので)。

こちらのコッペぱんも、黄桃とみかんが惜しげも無く使われていて、かなりのボリュームです。

 

チョコバナナ 270円。

私、甘党ではないのですが、なぜかデザート系のパンに惹きつけられる傾向にあり、ついつい甘いものを選んでしまいます。

 

すみません、チョコバナナは良い写真が1枚も撮れていませんでした。

具材は、カスタード・バナナ・ホイップクリーム・チョコソースです。

王道の組み合わせなので、わざわざ私が語るまでもなく美味しいです。

 

京玉露茶あん+ホイップクリーム+求肥 320円。

今回の中で、唯一カスタマイズしたのがこちら。

京玉露茶あんが220円で、それにホイップクリーム50円とぎゅうひ50円が加算されて320円です。

 

下層部に見えているやや緑っぽいあんが、注目の京玉露茶あんです。

端っこの方を見ると、中層にぎゅうひが挟まっているのが分かります。上部にはたっぷりのホイップクリーム。

 

切断面を見ると、ぎゅうひの存在がやや分かり難くなってしまいました。

尚、味に関して言いますと、惜しいことに京玉露茶あんの繊細な味がホイップクリームでかき消されてしまいました。
自分でカスタマイズしたので、完全に自己責任です。

ホイップクリームは自己主張が強いので、繊細な味を楽しむ具材との組み合わせは避けたほうが無難だったな、と学習しました。

 

スポンサーリンク

パンは「溶岩窯パン工房 リヨン ミエル」製です

『toi toi toi(トイトイトイ)』さんで使っているコッペぱんの”パン部分”は、「溶岩窯パン工房 リヨン ミエル」より仕入れているとの事。

『toi toi toi(トイトイトイ)』さんは、パン屋ではなく、あくまで具材まで含めた意味でのコッペパン屋さんなんですね。

パンはパン専門のお店に任せる、という考え方。アリだと思います。

 

夢溢れるお店『toi toi toi(トイトイトイ)』

「自分だけのお店を持ちたい!」って願望を、皆さんも一度くらいは持ったことがありませんか?

特に女性の皆さん、「小さくてもいいから、自分の趣味・嗜好を形にしたお店を持ちたいな〜」なんて夢を、密かに胸に秘めていたりしませんか?

『toi toi toi(トイトイトイ)』さんは、そんな願望を持っている人が見たら、一目で「いいなぁ、自分もこんなお店を持ってみたいなぁ」と感じるのではないでしょうか。

 

『toi toi toi(トイトイトイ)』さんが繁盛しているのには、幅広な歩道に面していてそこそこの住宅密集地にご自宅があった(ご自宅の庭に店舗を設置)という、好条件に恵まれていた点も大きいとは思います。

けど、何より『toi toi toi(トイトイトイ)』さんのコッペぱんは、選ぶのも楽しくて、食べても楽しい!

このワクワクさせてくれる感覚と、夢溢れるお店の雰囲気に惹かれて、今日も多くの人が『toi toi toi』さんに足を運んでいるのだと思います。
(もちろん美味しいコッペぱんが、1番の目的でしょうけどね!)

(^ ^)ではでは(^ ^)

 

アクセス、店舗概要

項目内容
店名toi toi toi (トイトイトイ)
形態コッペパン専門店
営業時間7:00〜コッペぱんが無くなるまで
定休日月曜日・火曜日
住所千葉県船橋市三山6−46−2
販売数1人5個まで 平日100個、休日200個
駐車場なし(近くのマルエツなど有料駐車場あり)
インスタグラムtoitoitoi_coppe

近隣道路は早朝から交通量が多いので、必ず近隣の駐車場を利用しましょう!

私はマルエツの有料駐車場を利用させてもらいましたが、短時間であれば料金が掛からないようです。

 

こっつんこつめSelect「本日の気になる商品」

今回の記事中でコッペぱんをカットしていますが、パン専用のスライサーを使用しています。

断面の綺麗さが、包丁で切ったものとは全然違います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.