【沢村/ハルニレテラス】軽井沢の人気ベーカリー&レストランでパン三昧!

軽井沢星野エリアにある、16の個性的なショップとレストランで構成される人気スポット「ハルニレテラス」。

 

この、ハルニレ(春楡)の木々と広々としたウッドデッキでリゾート感溢れる小規模ショッピングモールには、蕎麦で有名な『川上庵』を始めとした、旧軽井沢の名店がいくつも名を連ねています。

『ベーカリー&レストラン沢村』も、ここハルニレテラスに出店する旧軽井沢を本拠地とするパンの名店。

ベーカリー(パン屋さん)激戦区の軽井沢にあって、多くの人が軽井沢を代表するベーカリーの一つとして、『沢村』の名を挙げるほどの人気店です。

 

そんなパンの名店『沢村』の運営するレストランを訪ねてきましたので、実際にオーダーしたメニューを中心にご紹介します。

 

『ベーカリー&レストラン沢村/軽井沢ハルニレテラス』

ハルニレテラスの『ベーカリー&レストラン沢村』は、名前の通りベーカリーとレストラン、2つの形態で営業しています。

 

同じ建物内ではあるものの、ベーカリーとレストランでは入り口が別々になっていて、店内でも繋がってはいません。

こちらの写真だと、手前がベーカリーで奥の方がレストランになります。

 

営業時間は、それぞれ次の通りです。

  • ベーカリー 【7:00 〜 21:00】
  • レストラン(モーニング) 【7:00 〜 10:00 L.O.】
  • レストラン(ランチ) 【11:00 〜 16:00 L.O.】
  • レストラン(ディナー) 【16:00 〜 21:00 L.O.】
MEMO
尚、季節によって開店時間・閉店時間が前後する場合がありますので、間際の時間帯に訪問される場合は、最新情報を公式サイトよりご確認ください。

 

席は、テラス席と店内席から選ぶことができます。

夏場でも涼しいモーニングの時間帯なら、高原の爽やかな空気が感じられるテラス席がおすすめです。

まだ人出も多くないので、人目もあまり気になりません。

 

暑さ寒さがきになる場合や、混雑でテラス席だと落ち着かないようであれば、店内を選ぶと良いでしょう。

こちらは空調が効いているので、外気温に関係なく快適に過ごせます。

 

内装は、カジュアルなイタリアンレストランといった趣ですので、軽装でも気軽に利用できます。

時間をかけて発酵させた天然酵母のパンが豊富に揃うベーカリー。

パンやデニッシュのほか、野菜をふんだんに使った欧風料理、ワインなどの食事が気軽に楽しめるお店です。

時間をかけて発酵させたパンはどれも旨みが濃く、噛みしめる程に深い味わいが増します。カンパーニュなどの素朴な田舎パンタイプから、クロワッサン、ブリオッシュなどのリッチな風味のものまで幅広く取りそろえております。

ビストロ風の店内にはイートインコーナーとカフェ席、テラス席があり、川のせせらぎが店内にいながらも聞こえます。パニーニや、コーヒーなどをテイクアウトして、ハルニレテラスのデッキでのんびり楽しむのもおすすめです。

〜星野リゾート 公式サイトより引用〜

 

スポンサーリンク

『沢村/軽井沢ハルニレテラス店』のメニュー

それでは、主なメニューをご紹介します。(2018年8月時点)

〜モーニング〜

  • 沢村モーニングプレート 2,000円
  • 厚切りトーストとソーセージ&ベーコンエッグプレート 1,500円
  • フレンチトーストプレート 1,600円
  • サーモンマリネのオープンサンドプレート 1,600円
  • 厚切りトースト バター付 350円

 

〜ランチ〜

ランチの時間帯に訪れたので、実際にオーダーしたメニューは後ほど。

 

軽井沢リゾート価格ではありますが、ランチは比較的リーズナブルなお値段のメニューが多いですね。

参考 中軽井沢ハルニレテラス ランチメニュー沢村

 

〜ディナー〜

  • 信州プレミアム牛 ランプ肉と地野菜のグリル 3,600 円
  • ニース風サラダ 1,400 円
  • バーニャカウダ 1,500 円
  • 揚げナスとモッツァレラチーズのボロネーゼ 1,400 円
  • 沢村フライドチキン 1,800 円

などなど

参考 中軽井沢ハルニレテラス レストランメニュー沢村

価格は全て税抜です。

 

スポンサーリンク

【レビュー】県産 鳥もも肉とむね肉のロースト(サルビチャーダソース)

こちら、サラダとパンがついて1,800円です。

 

メインディッシュの『県産 鳥もも肉とむね肉のロースト(サルビチャーダソース)』。

ボリュームはやや物足りなさを感じるかも。

 

もも肉の表面は、カリッと焼きあがっていて中身もジューシー。

 

もう一方のむね肉は、見た目も味もあっさりした印象です。

個人的には、やっぱり瑞々しさを感じられるもも肉が好み。

写真右手に写っているペースト状のものがソースです。アーモンドとスパイスが程良く絡み合っていて、鶏肉との相性もなかなか良かったです。

 

付け合わせの『サラダ』。

こちらも量はほどほど。けど新鮮で、変なえぐみなどもありません。美味しい。

 

そして、こちらが影の主役である『熟成酵母パン』

『沢村』自慢の熟成酵母パンは、噛みしめるほどに旨味が増してきて、丁寧に作られたパンであることがわかります。

 

嬉しいことに、「パンはお替り自由」なので、お願いすればいくらでも追加してもらえます。

とは言え、メインディッシュとのボリュームの兼ね合いを考えて、ほどほどに。

 

スポンサーリンク

【レビュー】特製チーズバーガー フライドポテト、ピクルス添え

パン屋ならではの ふわっと柔らかいバンズが特徴!

パティ、チェダーチーズ、トマト、レタス、玉ねぎを挟みました

人気のハンバーガーの中から、中でも一番人気と思われる『特製チーズバーガー フライドポテト、ピクルス添え』をオーダーしました。1,590円です。

400円プラスで、追加パティもお願いできます!肉好きならチャレンジするのもアリです。

 

見た目は完全に高級バーガーのそれです。

但し、大きさはやや控えめな印象で、迫力はあまり感じません。

しかしバンズを見てみると、もっちりしていて厚みもあり、このバーガーの主役が実は肉(パティ)ではなく、バンズ(パン)であることが推察されます。

 

肉(パティ)も肉の旨味が十分感じられて美味しかったのですが、食べてみると思った通りバンズ(パン)が美味しい!

バンズが主役と断言するのは極端だったかも知れませんが、バンズを美味しく食べられることを第一に考えられたハンバーガーは、さすが『沢村』!です。

 

ポテトもピクルスも、優しい味付け。

 

スポンサーリンク

『沢村』はやっぱりパン!

お料理は、どれも見た目より優しい味付けになっています。

勝手な推測ですが、付け合わせのパンや素材本来の味を殺さないようにと、味付けを控えめにしてあるのだと思います。

やっぱり『沢村』はパンのお店。どのメニューも、パンの美味しさをいかに引き出すかを第一に考えられているのでしょう。

パン好きなら、行くしかない!

 

東京などにも、いくつか店舗展開されていますが、個人的には本記事でご紹介したハルニレテラスか旧軽井沢のお店がおすすめです。

避暑地「軽井沢」でリゾート気分に包まれながら、『沢村』のパンを食べる・・・。これが最高。

 

〜いつかは泊まってみたい。「星のや 軽井沢」〜

 

店舗概要、アクセスなど

項目内容
店名ベーカリー&レストラン沢村 軽井沢ハルニレテラス店
営業時間ベーカリー 【7:00 〜 21:00】
モーニング 【7:00 〜 10:00 L.O.】
ランチ 【11:00 〜 16:00 L.O.】
ディナー 【16:00 〜 21:00 L.O.(夏場は〜22:00)】
注)時期により変更あり
定休日なし
住所長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉字横吹2145-5 ハルニレテラスA棟
TEL0267-31-0144
タバコ全席禁煙(ハルニレテラス内、灰皿設置箇所あり)
クレカ利用可
駐車場あり(30分無料、2,000円以上購入で2時間無料)
沢村URLhttp://www.b-sawamura.com/index.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください