グランピングレストラン『THE MEAT DUTCH』(ザ ミート ダッチ)。スキレットハンバーグでアウトドア気分に!

こんにちは、こっつん(@naga516)です!

柏の葉に登場したお洒落スポット『柏の葉T-SITE 』。皆さんもう行きましたか?

 

私はと言いますと、5回かそれ以上すでに行っています。自宅から結構離れているんですけどね。
この近くまで来たときには、必ずと言っていいくらい立ち寄ってしまいます。

ここの蔦屋書店で「面白いモノがないか」と探検するだけでも十分楽しいのですが、アウトドア好きのワタシ的に絶対見逃せないのが別棟のアウトドアゾーン。

  1. A&Fカントリー・・・タウンユースでも活躍しそうな洗練されたアウトドア用品が充実
  2. GLAND lodge KASHIWANOHA・・・テントメーカー「Ogawa」のショップ
  3. THE MEAT DUTCH・・・千葉の素材にこだわった体験型グランピングレストラン

『A&Fカントリー』なんて、ここに来たら必ず店内を一周しておかないと気が済まないくらいお気に入りです笑。

いきなりの宣伝でなんですが、私の姉妹サイト「インパラ」でご紹介している『GREGORY ASSAULT 3WAY(グレゴリー アサルト3ウェイ)』も、こちらのお店で販売されているのを見かけて、一目惚れしちゃいました。

『GREGORY グレゴリー アサルト3WAY』タフ&高機能バッグ。通学・ノマドにオススメです!

 

さて、前置きが長くなりましたが、今回ご紹介するのは、この『柏の葉T-SITE』の別棟にある 体験型グランピングレストラン『THE MEAT DUTCH』(ザ ミート ダッチ)です。

流行りの”グランピング”という言葉に釣られて訪れましたが、明るくて食事も美味しい良いお店でしたので、ぜひ体験してみて下さい。

 

広々・開放的な店内がアウトドアっぽい、かも。

やって来ました『THE MEAT DUTCH』。

入り口の脇に置かれている椅子は「Helinox ヘリノックス」でしょうか。
さすが”グランピング”を謳うだけあって、アウトドア用品の選定にも抜かりはない感じです。

さて、今回訪問したのは平日のランチタイムなのですが、実はこの少し前、日曜日の夜に店内を覗いてみたところ、人もまばらで閑散としていました。

「やはり世間一般には、グランピングというコンセプトは受け入れられないのかな?」なんて心配していたのですが、平日ランチタイムは全然違いましたね。

マダム層の皆さんを中心に、店内はほぼ満席状態でした。心配していたのがバカみたい笑。

 

剥き出しの天井に『THE MEAT DUTCH』のロゴマークを見つけました。

アウトドア風というよりは、モダンと言ったほうがしっくりくる内装です。

 

明るくて開放的な店内です。この開放感がアウトドアと共通する部分があるかも。

テーブル間や通路も狭くはないですし、少なくともランチタイムはガヤガヤと賑わっていましたので、小さなお子様連れでも大丈夫だと思います。実際、お子様連れの方もかなりいましたしね。

(但し、お子様向けメニューがあったかどうか・・・、調べ忘れました。)

 

スポンサーリンク

ステーキ・ハンバーグを中心としたメニュー

『THE MEAT DUTCH』ではメインプレートを決めて、あとはランチならビュッフェスタイル、ディナーならライス・パン・サラダなどを追加でオーダーするスタイルです。

で、メインプレートなんですが、牛・豚・チキンのグリル、ハンバーグが中心となっています。

ランチだとどれを選んでも150gで1,480円300gで1,880円1PONDで2,280円という値段設定です。但し、牛のグリルだけはちょっと値段が上で、150gで1,980円からとなります。
(いずれも税抜)

 

特に、ハンバーグのメニューが豊富で、通常メニューの他に当月限定ハンバーグが2種類用意されています。

今回は、「3月限定ハンバーグ」がどちらも美味しそうだったので、一緒に行った妻とそれぞれ1つずつオーダーすることに。

 

筍と焦がしバターのジュ・ド・ブッフソースハンバーグ

スキレットをお皿にして提供されるところが、グランピング感ありますね!

尚、ハンバーグの量は150gにしました。

店員さんからも「150gだと小ぶりなので物足りなく感じるかも」と説明を受けていたのですが、まぁランチだしこれで良いかな、と。

確かにちょっと物足りなさは感じるので、ガッツリ食べたい人は300g〜を選んだ方が良いでしょう。

 

基本的に、ハンバーグそのものはどのハンバーグメニューを選んでも一緒で、ソースや付け合わせのバリエーションがメニューによって異なる感じです。

 

春菊とブルーチーズのロックフォールソースハンバーグ

私がオーダーしたのが、こちらの「春菊とブルーチーズのロックフォールソースハンバーグ」。

ブルーチーズ好きとしては、このメニューを見つけてオーダーしない訳にはいきません。
ちょっとネーミングが気になりましたが(ロックフォールは、ブルーチーズに分類される様々なチーズの中の一つなので、並列で表記されることに違和感が。うるさい?笑)。

春菊も想像以上にドサっと乗っかっていて豪快です。この豪快さがアウトドアっぽい。かも。

 

グリルされたサツマイモ。美味しそう。(実際、美味しい。)

 

ハンバーグも肉肉しくて食べ応えがあります。粗挽きは歯ごたえも気持ちが良い。

2〜3口食べたところで「150gという選択で良かったのか?」と少し後悔し始めました。

 

食べかけ写真ですみません。

ブルーチーズがスキレットいっぱいに広がっていて、ブルーチーズの風味を最後まで楽しむことが出来ます。春菊とブルーチーズも相性悪くないです。

 

美味そうな肉。

 

スポンサーリンク

サラダ類はビュッフェスタイルで取り放題

サラダはビュッフェスタイルで、自分の好きなものを好きな量選べるのが良いですね。私もサラダバー大好きです。

 

ざっと一通り、好きなものを取ってきましたが、これなら十分満足できます。

レタス類や水菜、トマトといった定番品は、しっかりカバーされています。

品物がなるべく切れることがないように、頻繁に補充されている様子も見て取れました。

 

お米もビュッフェメニューに含まれています。せっかくだからとサラダと一緒に盛り付けてみました。サラダご飯、これ結構やってる人多いのでは?

 

この日だけの特別企画だと思われますが、突然ローストビーフの試食会が始まりました!

こちらはさすがに食べ放題ではなく、お店の人が取り分けてくれます。この写真だと2山に分かれていますが、この1山が今回の試食一人分です。

 

良い色してますねー。

安いローストビーフとは違ってパサパサし過ぎず、また深い味わい・・・。

 

スープは1種類ですが、こちらもお代わり自由です。

 

飲み物も、ここに写っているウーロン茶やオーガニックな水(名前忘れました!)はおかわり自由。

その他に、コーヒー・紅茶もお代わり自由なので、飲み物類はこれで十分かと思います。

 

スポンサーリンク

コーヒーは自分で豆を挽いて淹れるスタイル!

このお店でコーヒーを飲もうとすると、ちょっと面倒な作業が必要になります。

必要な工程をご紹介しますね。

  1. お湯を沸かす(前の人が沸かしたお湯が残っていたらラッキー!)
  2. コーヒー豆を選ぶ
  3. 手動ミルを使って、コーヒー豆を挽く
  4. 挽いたコーヒー豆をドリッパーにセットする
  5. ペーパードリップで抽出する

 

これを全て自分でやらないと、コーヒーを飲むことが出来ません。面倒でしょう?

しかし忘れてはいけません。ここは「体験型グランピングレストラン」でしたよね?

アウトドアという遊びは「不便だからこそ普段は気付きにくい面白さを発見して、それを全力で楽しむ」ことこそが至高であり、醍醐味なんです。

この面倒なコーヒーを淹れる工程を、大いに楽しもうじゃありませんか。

 

豆を挽くところから全て自分の手で淹れたコーヒーを、アウトドア用マグカップで味わう・・・。このコーヒーの味は、きっと皆さんにとって格別ものとなることでしょう。

これをきっかけに、自宅コーヒーに目覚める人が増えると嬉しいです。

美味しいドリップコーヒーを自宅で飲むための『5つの神器』をご紹介!これだけ揃えれば間違いなし!!

 

スポンサーリンク

総括

ハンバーグは150gを選んでしまったのでボリュームは感じませんでしたが、粗挽きでじっくり焼かれたハンバーグは味わい深く、肉を欲する我々を満足させてくれるものでした。

スキレットで出てくるところも、キャンプ料理っぽくていいですしね!
ソースと付け合わせのバラエティが豊富なので、「次に来るときにはどれにしようか?」と、すでに次回来店時のことまで考えてしまいました笑。

ここ、絶対に我が家の子ども達も喜ぶと思うので、次の機会は家族総出で訪問したいと考えています。

お値段も1,480円(税抜)なら納得です。デザートを付けても2,000円に収まると思います。

 

ま、正直言うと「体験型グランピングレストラン」と銘打ってはいるものの、そこまでアウトドア的な体験を得られる訳ではなかったですね〜。

記事内では散々「アウトドア」「グランピング」を連呼していたのに、最後の最後まで本音を隠していてすみませんでした。

けど、アウトドアのことは忘れて「ちょっとお洒落な庶民でも十分手の届くレストラン・カフェ」として考えれば、とっても良いお店です。

ご近所の方はもちろんのこと、『柏の葉T-SITE』へお越しの際は、ぜひお立ち寄りを!(私はお店の人ではありませんので悪しからず笑。)

(^ ^)ではでは(^ ^)

 

項目内容
店名THE MEAT DUTCH(ザ ミート ダッチ)
営業時間10:00 〜 23:00(ランチは 11:00 〜 15:00)
住所千葉県柏市若柴227-7-142
TEL04-7197-7142
その他店内全面禁煙
店舗URLhttps://peraichi.com/landing_pages/view/themeatdutch
ぐるなびhttps://r.gnavi.co.jp/mnvsetva0000/

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください