【淡水軒】焼餃子も水餃子もメチャ美味しい!お店の外観にひるむなかれ!

淡水軒」ってお店が凄いんですよ!こんにちは。こっつんこつめです。

実は最近、我が家にちょっとした餃子ブームが到来しておりまして。
そんな折、うちの奥さんと2人で神戸へ来たのですが、偶然にも神戸って餃子激戦区なんですよね。

これはもう、今回の旅行は餃子中心で行くしかない!という訳で、やってきたのは、南京町(中華街)の最寄駅である「JR元町駅」。

お目当ては「淡水軒」というJRガード下にあるお店。とにかく凄い(全然説明になってない)お店なので、老若男女を問わず神戸に来たらぜひ足を運んで!

 

「淡水軒」ってどんなお店?

JR元町駅西改札口を出て、南側(神戸駅方面)へ向かってすぐの場所に「淡水軒」はあります。

 

淡水軒

高架線の下に「元町1高架」と書かれている大きな看板がありますが、淡水軒はこの看板のすぐ隣。
よーく見ると道路に面したところに「ラーメン」と書かれた赤い暖簾が掛かっているのが分かります。
(写真の上に見えているのが、JR元町駅のホーム部分です。)

神戸を知らない人だと、元町って言葉の響きから港町の垢抜けた姿を想像されたかと思いますが、いやいやどうして昭和的な香りがプンプン漂ってきます。

 

淡水軒

ちらっとガード下を覗いてみました。細い通路を挟んで軒を連ねるお店の数々。ちょっとちょっと!神戸って想像以上に面白い場所なんじゃないの?

ちなみに、左側の赤い暖簾が掛かっているお店が淡水軒です。

 

淡水軒

こちらはガード下の入口から見た淡水軒。この年季の入った店構えにソソられます。創業は1971年だそうで、なんと私よりも少しだけ年上ですか。

お店の右手に見えているのが、一つ上の写真でお見せした通路です。
さて、ここで賢明な方なら ”ある違和感” を持たれたのではないでしょうか?

そうなんです、淡水軒ではどういう訳か暖簾が3箇所に掛かっているんです。

 

淡水軒

店内は驚くほど狭くて、通路には物を置く余裕どころか人がすれ違うのも困難。

そのため3箇所ある入口の中から、空き席に辿り着けるであろう入口を探して入店するというスタイルが取られています。
(どこから入れば良いのかは、お店の人が指示を出してくれます。)

私はこの後、そのままホテルへ向かってチェックインする予定だったのでキャリーバッグを持っていたのですが、とても店内に持ち込めるものではないと判断。淡水軒へ入るためだけに、コインロッカー(500円)に荷物を預けました。

こちらのL字型のカウンター席は、全部で10席程度といったところです。

 

スポンサーリンク

「淡水軒」のメニュー

淡水軒メニュー

壁には、これまた年季の入ったメニュー表が掲げられています。

こちらのお店ですが、「追加注文禁止」ですのでご注意ください。長居対策でしょうね、きっと。

単品のお食事系メニューを下にも書いておきます。

淡水軒のメニュー(食べ物系)

・焼ギョウザ(6個):350円

・水餃子(5個):550円

・ラーメン:600円

・ワンタン:600円

・チャーシュー麺:750円

・ワンタン麺:700円

・メンマラーメン:700円

・豚足:600円

・焼豚:600円

・特製豚肉タレヅケ:600円

・冷麺:850円

 

淡水軒メニュー

お得なセットメニューもあります。この中だと、食べるの中心であればやっぱり「Aセット」に惹かれますね。

セットメニュー

・Aセット(ラーメン・焼餃子5個・水餃子3個):1,100円

・Bセット(中瓶ビール・焼餃子5個・水餃子3個):1,100円

 

スポンサーリンク

焼き具合が完璧な「焼餃子」

淡水軒焼餃子

神戸の焼餃子の大きな特徴、それは「味噌だれ」で食べるという点。
お店によって餃子そのものの味が違うのはもちろんのこと、味噌だれの違いを楽しむのも神戸流です。

淡水軒の味噌だれは、サラッとしたタイプのもので、少しピリリとした辛さを感じました。

 

淡水軒焼餃子

これが淡水軒の焼餃子です。

Aセットと単品で1つ注文したので、11個の焼餃子がお皿に盛られて出てきました。

 

淡水軒焼餃子

神戸の餃子は、全体的に若干小振りでパリッと焼き上げられたものが多い印象。

淡水軒の焼餃子は、見ての通り焼き加減は100点満点と言っていいくらい、きつね色で綺麗に焼き上がっています。

焼いている時の店主の眼差しが真剣そのものだったので、この素晴らしい焼き上がりになるのでしょうね。凄い。

 

淡水軒焼餃子

淡水軒焼餃子

シンプルな普通の餃子なのに、なぜだかもの凄く美味しい。

好みもあるけど、焼餃子に味噌だれは多くのお店で取り入れて欲しいと感じます。美味い。

 

スポンサーリンク

ツルッとした感触が官能的な「水餃子」

淡水軒水餃子

水餃子のタレは、記憶が飛びつつあるのですが笑、オーソドックスな酢醤油的なやつですね。
とにかく、ちょっと酸味があってさっぱり感のあるタレです。

 

淡水軒水餃子

これもAセットと単品のを合わせて、10個の水餃子が盛られて出てきました。どっからどう見てもプルンプルン。

 

淡水軒水餃子

焼餃子の香ばしくてパリッとしたところもいいけど、水餃子のプルプルもっちりとした食感、あっさりとしているところも好き。

 

淡水軒水餃子

薄く緑色が透けて見えるのは、大葉が入っているから。これが良いアクセントになっていて、水餃子にさらにさっぱりとした後味を加えています。

 

淡水軒水餃子

ベースは豚挽肉ですが、椎茸とエビが入っているので上品な印象を受けます。
見た目通り、食感はプルプルもっちりしていて非常に美味しい!

 

スポンサーリンク

たまに食べたくなる味の「ラーメン」

淡水軒ラーメン

Aセットのラーメンです。単品だと600円ですね。セットで注文しても+100円でワンタン麺に変更できるようです。
(お店の人に確認してみて)

スープも麺も具材も、すべてが優しい口当たりでホッとする味。こういうラーメン、時々無性に食べたくなるんですよね。
多分、この写真で大体分かってもらえるかと思います。

 

淡水軒ラーメン

なんとお願いした訳でもないのに、スッと取り分け用の器を出してくれました。

入るのに躊躇してしまうような外観のお店なのに、案外優しい笑。

 

「淡水軒」のおすすめポイント

ガード下で営業を続ける淡水軒さん。お店はどうしようもないくらい狭いのですが、それ以外は良いところしか見当たりません!

  1. 焼餃子の焼き上がりが完璧!味噌だれもGOOD!
  2. 水餃子がツルツルもっちり、餡も美味しい
  3. 昭和的雰囲気に浸れるガード下(良い意味でね)

 

総括

正直、最初にお店を見たときは「えっ?ここ?」って思いました。
うちの奥さんが調べた事前情報で「かなり狭い」ということも聞いてはいましたが、まさかキャリーバッグ1個を置く場所すらないとは。

けど、この狭いがゆえの厨房との距離感が慣れると妙に心地よくて、「神戸の餃子屋さんはこの狭さがイイ」とすら感じるようになるから不思議なものです。

このガード下も残念ながら撤退が進んでいて、ここでの淡水軒さんの営業は2021年までみたい。
残念ですが、まだ時間はあるので早めに訪問しましょう!

淡水軒

味は記事内で書いた通り文句なく美味しいので、餃子が好き人なら誰にでもおすすめできます。

最初は「神戸牛でも食べようかな」なんて生意気なことを考えていたのですが、やっぱり自分には餃子の方が似合っているかな笑。

神戸牛もいいけど、神戸の餃子屋さんもいいですよ。お店の雰囲気込みで考えたら、ここでしか味わえませんからね!

(^^)ではでは(^^)

 

店舗情報・アクセス

店名淡水軒
営業時間平日12:00 〜 14:00、17:00 〜 20:30
休日12:00 〜 20:00
定休日水曜日
住所兵庫県神戸市中央区元町高架通2-138
TEL078-321-1546
クレカ使えるわけないやろ
電子マネーそれ聞く?
駐車場近所で探して
店舗URLあればなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください