かき氷屋さんのレビュー記事はこちら

【王道家/柏】帰ってきた家系ラーメンの雄!濃厚スープが凄まじい!!

最近、ラーメン熱が再燃しつつあります、こっつんこつめです。

かつては柏で人気No.1のラーメン屋だったと言っても過言ではない、家系ラーメンの「王道家」。

惜しまれながらも取手へ移転してしまった(と聞いていた)のですが、2019年10月1日に柏へ戻ってきていたんですね!

柏駅前から国道6号線沿いに場所を移した「王道家」

もうオープンから半年近く経ちますが、さてさて今度はどんなお店になっているのか、様子を見に行って参りました!

こっつんこつめ

国道6号の柏周辺が、完全にラーメン激戦区となっております。

柏、どうした!?笑

 

「王道家(柏)」の場所

 

お店の場所は、思いっきり国道6号線沿いの下り側(都内から水戸へ向かう側)です。

お店の脇に7台分の駐車場がありますが、「王道家」のキャパからすると物足りない感じかな。

 

停められたらラッキー!くらいに思っておいた方がいいでしょう。

 

今回は柏駅から徒歩で訪れましたが、5分くらいで到着します。

尚、手前に見えている行列は、「王道家」のものではなく、お隣の鰻屋さんのものです。笑。

形態の異なる隣り合った飲食店が、どちらも行列店ってなんかややこしい。

 

スポンサーリンク

「王道家(柏)」概要(営業時間・定休日など)

  • 店名:柏王道家(でいいのかな?)
  • 営業時間:11:00 〜 25:00
  • 定休日:月曜日
  • 住所:千葉県柏市明原1-7-26
  • TEL:04-7140-0078
  • 駐車場:有り(7台)
  • 公式サイト(王道家グループ):https://oudouya.com

2020年4月5日(日)には、2階に多目的店舗をオープンするとか。

こっつんこつめ

王道家の挑戦を続ける姿勢、凄いですね。

 

スポンサーリンク

「王道家(柏)」のメニュー

ホンモノの家系ラーメン店である「王道家」。

家系でメニューを語るのは野暮かとも思いましたが、一応、公式サイトに掲載されている主要メニューのお値段(2020年3月時点)を載せておきます。

  • ラーメン:700円
  • チャーシューメン(3枚):850円
  • 野菜ラーメン:750円
  • つけ麺(1.5玉):850円
  • ネギラーメン白:900円
  • ネギラーメン赤:900円

注意
上記メニュー・価格は、2020年3月時点のものです。

 

トッピングもご覧の通り、豊富に揃っています。

いきなり券売機と対面しても悩みまくるので、できれば事前にある程度は決めておきたい。

 

スポンサーリンク

「王道家(柏)」店内の様子

座席はカウンター席が中心で16席。

あと、4人掛けくらいのテーブルが奥に1台あります。

休日の13時頃に訪問しましたが、その時点で先客(順番待ち)5人程度と、意外にすんなりカウンター席へ着席することが出来ました。

 

通路も広々していて開放的です。

 

卓上の様子がこちら。但し、置いてあるもの(薬味類)が多すぎて、写真1枚に収まりません!

特に、王道家ってニンニクだらけで、圧倒されます。

ラーメンにこんな色々な種類のニンニク入れれば、確実の美味しくなるのは解っちゃいるけど、口臭に直結するのが悩みどころですね。

こっつんこつめ

けど、やっぱり少しはニンニク入れたい。入れるべし!

 

刻み生姜も、ジンジャー好きなら外せないところです。

そして忘れちゃならない「ラーメン酢」

 

これをスープに投入すると、それまで醤油の主張が激しかった王道家のスープが、俄然まろやかになります!

濃厚な豚骨はそのままに味がマイルドになるので、最後の方で加えてみるのをオススメします。

 

厨房の中を覗かせて頂くと、麺の入った木箱には「王道家」の名が。

「あれっ?酒井製麺じゃないんだ。」と思って後から調べたところ、ここでは割愛しますが、まぁ色々あったんですね。

すみません。実は王道家さんに来るの10年振りくらいでして、自家製麺にチャレンジされていたとは存じ上げませんでした。

 

ラーメン店の中でも、家系の厨房には独特な緊張感が漂っている気がして、ついつい見入ってしまいます。

 

スポンサーリンク

「王道家(柏)」のラーメンは凄まじく濃厚だ!

厨房を眺めながら待っていると、5分くらいでラーメン登場!

チャーシューメン(3枚)(850円)+味玉(100円)

食べ盛りな息子が注文したのがこちらの、チャーシューメン(3枚)に味玉トッピング。

王道家はチャーシューにも相当なこだわりがあるんですよね。

薫製チャーシュー3枚なんて、完全に豪遊でしょ。けど千円札でお釣りが来るんだから、庶民にはありがたいことです。

 

麺は、一見すると家系の定番「酒井製麺」とほとんど違いは見られません。

強いて言えば、色がやや濃いかな。

 

自家製麺で試行錯誤されているようですが、このモチモチ感は酒井製麺に引けを取らない美味しさ!だと思います。

麺の長さはやや短め。個人的にはもう少し長いのが好きだけど、これは好みの問題かと。

 

ラーメン(700円)+豚トロチャーシュー(1枚30円×2枚)

限定(って確か書いてあった)の豚トロチャーシューを、2枚ほど追加して見ました。

 

左が通常の薫製チャーシューで、右が豚トロチャーシュー。

性格が異なる2種類のチャーシューですが、いやこれ、どっちも甲乙つけがたい良さがあります。

薫製チャーシューは歯応えしっかり、噛み締めるほどに味が出るタイプで、豚トロチャーシューは口の中でとろけるような柔らかさ。

ぜひ、両方食べ比べてみて欲しい。

 

ほうれん草が、濃厚スープとの相性バッチリ。

王道家のスープは豚骨が濃厚で、醤油もかなり強めです。

 

この濃厚豚骨がクセになる美味しさのキモでしょうか。

今回は久々の王道家だったので、「全てデフォルト(普通)」にしましたが、個人的な好みをいうと「味は薄め」が好きです。

ちょっと醤油が強いんですよね、自分には。

 

旨い!あっという間に完食しました!!

スープが若干残っているのは、上記の通り自分には醤油が強く感じたから。

こっつんこつめ

無理して飲み干す必要はないと思います。

が、次回は「味薄め」にすれば、スープまで飲み干せるんじゃないかな。

 

総括:濃厚スープと自家製麺にメロメロです!さすが王道家!!

さすがは、柏で屈指の人気を誇っていたラーメン店「王道家」。

再び柏に戻ってきた今も、多くの家系ラーメン好きを熱狂させてきた味は、今なお健在でした。

 

移転前、まだ娘が小さかった頃に連れていったことがあるのですが、子連れにも親切なんですよね、王道家。

 

(ちなみに、私が昔から通っている、千葉市の「末広家」も子供に優しいです。)

トップレベルのラーメンを提供するだけでなく、お店の雰囲気もどこか暖かみのある王道家。

これからも目を離せそうにありません。(我が街千葉ニュータウンからだと、決して近くはないのですが。)

(^^)ではでは(^^)