かき氷屋さんのレビュー記事はこちら

【Fika & Vila/印西】週末限定オープンのちいさな店舗兼住宅カフェ

「Fika & Vila (フィーカ・ヴィラ)」さんは、2020年2月8日にオープンした週末限定カフェ。

宅地開発の進められている「印西市東の原」に誕生したこちらのお店は、スウェーデンハウスで建てられた店舗兼住宅で、その立地は完全に住宅街の中にあります。

 

すでに2回訪問させて頂いたのですが、店内は明るい雰囲気で居心地が良く、またお客さんも次々と訪れていました。

オープン直後なのに、すっかり地域の人達に愛されるお店になっているようです。

こっつんこつめ

いいなぁ。週末限定の自宅カフェ。これは応援しないと。

お店の名前がなかなか憶えられないけど!

 

「Fika & Vila」の場所

 

思いっきり住宅街の一角にお店を構えている「Fika & Vila」さん。

店舗兼住宅なので、よ〜く見れば確かに1階がカフェになってはいるものの、その主張はかなり控え目です。

 

とりあえずは、お店の前が「東の原東街区公園」なので、この公園を探してください。

 

「東の原東街区公園」にさえ辿り着ければ、あとはこの外観の建物を探してもらえればオッケーです。

駐車場は2台。

 

お客さんはご近所の方が多いようで、2回訪問中2回とも私以外に車で来ている人はいませんでした。

 

(偶然かも知れませんので、埋まっちゃってたら許して。)

 

スポンサーリンク

「Fika & Vila」の概要(営業時間など)

  • 店名:Cafe Fika & Vila(カフェ フィーカ・ヴィラ)
  • 営業時間:10:00 〜 17:00(L.O.16:30)
  • 定休日:月〜金(土日限定オープン)
  • 住所:千葉県印西市東の原1-2-84
  • TEL:0476-37-7988
  • 駐車場:有り(2台)
  • テイクアウト:可(一部NGな商品もあり)
  • Instagram:https://www.instagram.com/cafe_swh/
  • Twitter:https://twitter.com/FikaVila

まだ情報が少なくて、一部は「印西とぴっく」さんの記事から引用させて頂きました。

こっつんこつめ

公式HPはなくて、InstagramとTwitterってところが、今風な感じですね。

 

スポンサーリンク

「Fika & Vila」のメニュー

1回目に一緒に行った息子に「メニュー撮っておいて」と頼んでおいたら、やっぱりまだ彼には早かったようで・・・。
2回目は1人で行ったのですが、メニュー表を撮るの忘れました・・・。

 

  • 生ハムとカマンベールチーズのサンドイッチ:880円
  • ローストビーフサンドイッチ:950円
  • フレンチトースト(数量限定):850円
  • ローストハムとたまごのサンドイッチ:580円
  • ローストハムと野菜のサンドイッチ:580円
  • ピザトースト:780円
  • 厚切りトースト:350円
  • スコーン:480円

全て税込価格です。
太字のメニューは、後ほどレポート有り。

 

フードメニューをオーダーすると、以下セットドリンクをプラス300円で追加できます。

  • Tea(ロイヤルブレンド)
  • Tea(セイロンブレンド)
  • Tea(アールグレイ)
  • アイスティー(レモン・ミルク)
  • ブレンドコーヒー
  • アイスコーヒー
  • オレンジジュース

また、さらにプラス100円(計400円プラス)すれば、すベてのドリンクが選択可能!

メニューにつきましては、印西とぴっくさんの記事が見やすくて詳しいので、そちらを是非ご覧ください。

 

スポンサーリンク

パン(bread)系のフードメニューが美味しい!

「Fika & Vila」さんのフードメニューは、サンドイッチやトーストなどパン系中心です。

2回訪問して計3つのフードメニューを食べさせて頂きましたが、どれもオープン直後とは思えない安定感がありました。

こっつんこつめ

週末限定でやられている小さなカフェなので、正直いうと「趣味の延長程度かな」と過度な期待はしていなかったのですが、全然いい感じ。

 

フレンチトースト(780円)

数量限定だし、写真映えしそうだし、という訳で最初は絶対これでしょ。

「フレンチトースト」

バケット系でしょうか。想像以上に写真映えするフレンチトーストが登場!

カットされたバナナの形とペアになってる。

 

食感はしっとり。味がきっちりと染み込んでいて、けど甘すぎもせず。

甘党でなくても、これならイケる。

 

この色具合も食欲をそそります。

 

添えられていたグラノーラはヨーグルトと共に。

これも私好みで、お替りしたいくらいでした。

 

ローストビーフサンドイッチ(880円)

一緒に行った息子が選んだのがこちら。

食べ盛りだから、やはり肉を欲するみたいです。

 

イギリスパンの間から、隙あらば逃げ出そうとせんばかりの、ふんだんに盛られた具材達。

 

ややお値段高めかも知れませんが、このボリューム感ですからね。

 

ピクルスもザクッと切られたのが添えられていて、これ単体でも美味しい。

 

口をおっきく開けて食べないと、こぼれ落ちそうです。

 

ピザトースト(780円)

2回目訪問時に、1人でこれをオーダーしました。

まだ10時台だったし朝食を食べていなかったので、モーニングとして。

 

サンドイッチよりも、厚切りなのかな?比べていないので憶測ですが。

 

チーズの下に、厚切りベーコンが隠れていました。

これは食べ応えあります。

このピザトーストの主役は、ベーコンかな。個人的には。

 

最後の一切れが名残惜しかったです。。。

 

ブレンドコーヒー

フレンチトーストにセットドリンクとして選びました。

一応「マスターのおすすめ♪」とも書かれていたので。

 

酸味・苦味・濃さのバランスが良いコーヒーです。

淹れ方はなんでしょう?聞き忘れましたので、次回機会があれば聞いておきます。

こっつんこつめ

少しお話を聞きたかったのですが、1回目(昼過ぎ)・2回目(10時台)共に他にもお客さんがいらっしゃって、いつの時間帯に行けば空いているのか。笑。

 

フレッシュフルーツティー(オレンジ)

息子がセットドリンクの中から選ばず、更にプラス100円(計400円)で選んだのがこちらの「フレッシュフルーツティー(オレンジ)」。

実物を見る前は「高いの選びやがって笑」と言っていたのですが、想像以上に凄いのが出てきて、400円でこれならむしろ得したかも。

 

分厚い。

 

別角度から。

写真映えするドリンクは、こういう記事にするのには何かと好都合でありがたいですね。

 

Tea(ロイヤルブレンド)

こちらは、ピザトーストとのセットドリンクで。

本格的なTeaセットで運ばれてきました。

 

1回目の訪問時に、他のお客さんが「紅茶が美味しくてビックリした」みたいなことをおっしゃっていたので、次は紅茶にしようと決めてた。

こっつんこつめ

小さなカフェで40歳代男子が1人でTeaセット。

最近は恥じらいの薄れてきた私でも、少し緊張しました。

 

こういう小道具があるだけで、美味しさ120%になる不思議。

 

ティーカップ2杯分くらい取れたので、最初はあっさり、だんだん渋みが出てくる味の変化を楽しめました。

 

スポンサーリンク

小さいお店だけど、意外と収容力あり

店舗兼住宅ってことで、2テーブルくらいかな?と(別に店舗兼住宅に詳しくもなんともないんだけど)勝手に思っていたのですが、全然そんなことありませんでした。

 

窓際に、4人掛けテーブルが2台と2人掛けが1台。

窓際席は、正面が公園で遮るものがないので、天気が良ければ日差しが気持ち良さそう。

(駐車場に車が停まると、少し窓を塞ぐかも知れませんが。)

ベビーカーも畳まずに、そのまま入れましたよ!(他のお客さんですが)

奥の方にも、2人掛けテーブルが1台あります。

 

あとはカウンター席が3席分。

少し小物類の販売もあるようです。

 

カウンター席にも座りましたが、意外と座り心地も良くて、狭さも感じませんでした。

 

無料Wi-Fiと電源もあります。

 

「Fika & Vila」のおすすめポイント

オープン直後ということもあり、まだ情報も少ないと思うので、個人的なおすすめポイントを3つあげておきます。

  • 程良い広さで、お子様連れもお一人様も気兼ねしない雰囲気
  • 色々選べるフードメニュー&ドリンクメニュー
  • 思わず応援したくなる、週末限定オープンの店舗兼住宅カフェ

 

総括:店舗兼住宅カフェに憧れる人に見て欲しい!お手本のようなカフェ。

いいですよね、店舗兼住宅のカフェ。
そして週末限定。

こういうライフスタイルに憧れを抱いている人、多いんじゃないかと思います。

それを実現させた「Fika & Vila」さん。素晴らしいですよね。

 

モーニング・ランチ需要の高い「フード+セットドリンク」だと、概ね1,000円超えるので決してお財布に優しいとは言えませんが、先にご紹介の通りお値段相応の満足感あるメニューです。

チェーン店ばかりだと面白くないし、こういう個人店が増えると街の活気も出てくるので、これからも応援していきたいお店です。

(^^)ではでは(^^)

 

店先の黒板も、行くたびに書き換えられているのが、好印象です。