【松戸富田製麺/ららぽーとTOKYO-BAY】濃厚豚骨魚介スープと自家製極太麺に隙無し!

今や、「つけ麺」ならば日本一の人気店と言っても過言ではない、松戸が誇る名店「中華蕎麦とみ田」

前々から松戸の本店へ行ってみたいと思ってはいるものの、座席数は少ないし、朝早くに食券だけ先に買う必要はあるし。で、まだ行けていません。。。

 

けど、よく考えたら ”支店” がね、何店舗も千葉県内にあるんですよね。

こっつんこつめ

何をそこまで本店にこだわる必要があるのか!ラーメンマニアでもあるまいし。。。

という訳で、行ってきました。ららぽーとTOKYO-BAYに出店している「松戸富田製麺」へ。

本店の味は存じ上げませんが、えぇ・・・、支店でもめっちゃ美味かったです!

行列必至ですが「千葉県民ならとりあえず食っとけ!」と強力におすすめします。

 

「松戸富田製麺(ららぽーとTOKYO-BAY)」ってどんなお店?

千葉県船橋市の「ららぽーとTOKYO-BAY」1F中庭(ハーバー通り)に面した場所に、「松戸富田製麺」はお店を構えています。

 

松戸富田製麺

「いつ来ても大行列で・・・」と書きたかったのですが、おや?意外と空いていますね。

土曜日に訪れたのですが、さすがに夜8時を過ぎると案外待たずに入店できます。
恐らく夜遅い時間が一番の狙い目でしょう。

 

松戸富田製麺

カウンター席とテーブル席がバランス良く配置されています。

とは言え、4人掛けのテーブル席は多くない(4〜5卓くらいだったような)ので、3人以上だと待ち時間が更に延びることも覚悟して臨んだ方が良さそう。

 

松戸富田製麺

千葉県民が誇る、日本最大級のショッピングモールに入店しているだけあって、店内は綺麗で広々としています。

しかし、紙ナプキン入れておくヤツに「のり(5枚)100円」とテプラで貼るセンスは、やっぱりラーメン屋さん。ホッとしますね。

 

松戸富田製麺

つけ麺を食べるときの作法、「スープ割り」について書かれていました。

ららぽーとにあるお店なので、つけ麺に馴染みのない人もいるのだろうと想像されます。

超人気店ですが、今なおお客さんへの配慮を怠らないあたりが、富田を名店たらしめている所以なのかなぁ、なんて。

 

スポンサーリンク

「松戸富田製麺」のメニュー

ららぽーとTOKYO-BAYの「松戸富田製麺」は食券制です。

なぜか並ぶ前に食券を購入するよう促されるので、決断力に自信のない人はちょっと焦るかも。

公式サイトを見れば、店舗毎に全メニューが掲載されているので、事前に注文する内容を決めておいた方がスムーズです。

「松戸富田製麺/ららぽーとTOKYO-BAY」お品書き

★つけ麺
濃厚つけ麺:(並)850円、(大)950円
濃厚特製つけ麺:(並)1,200円、(大)1,300円
濃厚チャーシューつけ麺:(並)1,200円、(大)1,300円
濃厚半熟味玉つけ麺:(並)950円、(大)1,050円
カレーつけめん:900円
特製カレーつけめん:1,250円
チャーシューカレーつけめん:1,250円
味玉カレーつけめん:1,000円
※(並)220g、(大)320g

★ラーメン
濃厚中華そば:(並)820円、(大)920円
濃厚特製中華そば:(並)1,150円、(大)1,250円
濃厚チャーシューそば:(並)1,150円、(大)1,250円
濃厚味玉そば:(並)920円、(大)1,020円
醤油 淡麗鶏そば:(並)800円、(大)900円
醤油 特製鶏そば:(並)1,130円、(大)1,230円
醤油 チャーシュー鶏そば:(並)1,130円、(大)1,230円
醤油 半熟味玉鶏そば:(並)900円、(大)1,000円
塩 淡麗鶏そば:(並)800円、(大)900円
塩 特製鶏そば:(並)1,130円、(大)1,230円
塩 チャーシュー鶏そば:(並)1,130円、(大)1,230円
塩 半熟味玉鶏そば:(並)900円、(大)1,000円
※濃厚そば(並)180g、(大)280g
※鶏そば(並)140g、(大)240g

★トッピング
つけ麺スープ 増量50cc:100円
真空低温 鶏チャーシュー:250円
真空低温 ポークチャーシュー:300円
半熟味玉:100円
炙りバラチャーシュー:120円
極太メンマ:200円
煮豚チャーシュー:300円

★その他
心の味大餃子:(2個)280円、(3個)400円、(5個)630円
炙り鶏めし:350円
ローストポークご飯:350円
ライス:150円
角ハイボール:400円
生ビール:500円
・ソフトドリンク:
コカ・コーラ/メロンソーダ/オレンジジュース/カルピス/カルピスソーダ/カルピスメロンソーダ/煌ウーロン茶/爽健美茶:150円
数量限定 チャーシュー切り落とし(200g)持ち帰り:380円
那須御養卵の極み玉子かけご飯:300円
【ランチタイム限定】 炙り鶏めし:300円
【ランチタイム限定】 ローストポークご飯:300円

★お土産 中華蕎麦とみ田(本家)
(1人前):900円
(1人前箱なし):850円
(3人前):2,660円
(3人前箱なし):2,550円

注意
2019年7月下旬時点のものです。

 

看板メニュー「つけ麺」はさすがの一言。
他メニューも抜かりなし。

塩 チャーシュー鶏そば:(並)1,130円

松戸富田製麺

最初は、敢えて「塩 淡麗鶏そば」シリーズからご紹介します。

富田といえば、濃厚豚骨魚介と極太麺のつけ麺(及びラーメン)が代名詞ですが、それ以外のメニューは劣るのかというと、とんでもない!

そんなことはありませんでした。

 

松戸富田製麺

淡麗鶏そばのシリーズは、本店では出していないようですが、アリでしょう。これは。

淡麗と言いながらも、鶏の旨味が凝縮されたスープです。

麺も、このスープに合うように透明感のある細麺が使われています。

 

松戸富田製麺

具が別皿で出てくるところも、味へのこだわりを感じます。
(最初から具を丼に投入してしまうと、低温で仕上げたチャーシュー達が茹ってしまうから、と想像)

真空低温の鶏チャーシューと、同じく真空低温のポークチャーシュー。

注文時に「レア」と言われましたが、熱はしっかり通っているので問題なし。
レアというほどレア感が気になることもありません。

こっつんこつめ

で、このチャーシュー達なんですけどね。

瑞々しさと火を通したことによる旨味が融合して、とにかく美味いので食べてみてください。

 

濃厚味玉そば:(並)920円

松戸富田製麺

全く同じもので、娘が(並)、息子が(大)を注文したので、上の写真が(並)なのか(大)なのか良く分かりません。ごめんなさい。

味玉は追加トッピングです。

 

松戸富田製麺

淡麗鶏そばシリーズとは違って、具は最初から丼に投入された状態で出てきました。

その扱いの差は、よく分かりません笑。

 

こちらの濃厚中華そばシリーズは、大雑把に言ってしまうと「つけ麺」のラーメン版ですね。

つけ麺よりラーメン派の人は、濃厚中華そばを選ぶと良いんじゃないかな。
(私もどちらかというと、ラーメン派です。)

 

濃厚半熟味玉つけ麺:(並)950円

松戸富田製麺

私が注文しました。

どちらかというと、つけ麺よりラーメン派なのですが、初めて富田に来たのですからやはり「つけ麺」行っとかないとダメでしょう。(と、もう一人の私が言うので)

で、出てきたのが上の写真。
このつけ麺を見ただけで、美味しさに舌鼓を打っている未来の自分の姿が、目の前に投影されました。

 

松戸富田製麺

濃厚豚骨魚介のスープです。

豚骨と魚介の融合ですが、インパクトは魚介の方が優っています。

超濃厚で粘度の高いスープですが、不思議と最後まで飽きることはありません。

さすがは富田の名を馳せるきっかけとなったスープは違いますな〜。

 

松戸富田製麺

別盛りの、真空低温鶏チャーシュと豚チャーシュー。そして味玉。

 

松戸富田製麺

改めての説明は不要でしょう。とにかく実際に食べてみて欲しい!

 

松戸富田製麺

麺もこれですよ。

極太でツヤツヤ。国産小麦粉で作られたオリジナル自家製麺は、極太麺の中では究極に近いもの。

 

松戸富田製麺

改めての説明は不要でしょう。とにかく実際に食べてみて欲しい!(2度目)

 

松戸富田製麺

味玉。程良い味付き具合です。黄身の固さもちょうど良い感じ。

 

心の味大餃子:(5個)630円

松戸富田製麺

最近、餃子屋さんの食べ歩きもやっているのですが、富田は餃子も絶品でした。

5個注文したのですが、1つ1つがサイズでかいので「3つだけで撮影」しております。

 

松戸富田製麺

皮の焼き加減も、ちょっと焦げ目が見えますが、まあまあ良いのではないでしょうか。

1個あたりの大きさがあるので、食べ応え十分。

 

松戸富田製麺

野菜比率の高い、ヘルシーさを併せ持つ餃子です。

これも、初めて富田に行った際には、ぜひ食べてみて欲しい一品。

 

スープ割りも忘れずに(無料)

松戸富田製麺

せっかくつけ麺を食べたのであれば、ここは流儀に則ってスープ割りをお試しください。

ちょっと塩分過多になるかも知れませんが、たまにはね。いいんじゃないですか。

容器に「スープ割りの美味しい飲み方」がテプラで貼られているので、誰でも簡単にスープ割りを楽しめます。

 

スポンサーリンク

「松戸富田製麺」のおすすめポイント

全国レベルで人気・味ともに最高峰に位置する富田ですから、私がおすすめポイントを列挙するまでもないとは思いますが。。。

  1. スープが超美味い
  2. 麺が超美味い
  3. トッピングも餃子も超美味い

控えめに言って最高!って感じです。

 

総括:
全てが高クオリティ。松戸が誇る名店です。

本店への憧れから、いつまでも憧れのまま延ばし延ばしにしていた「中華そば とみ田」。
(訪れたのは、松戸富田製麺ですが。)

本店じゃなくても、「松戸富田製麺」で、その凄みは十二分に堪能することが出来ました。

今回ご紹介した「松戸富田製麺(ららぽーとTOKYO-BAY)」であれば、並ぶのは覚悟する必要がありますが、いつ行っても食べることは出来ますし一応ファミリーでもテーブル席で食べられます。

結果、ますます本店への想いが膨らむこととなり、ちょっと困っている昨今であります。笑

(^^)ではでは(^^)

 

スポンサーリンク

営業時間・地図など

店名松戸富田製麺 ららぽーとTOKYO-BAY
営業時間11:00 〜 22:00
定休日ららぽーとTOKYO-BAYに準じる
住所千葉県船橋市浜町2-1-1 ららぽーとTOKYO-BAY南館1F
TEL047-404-6516
座席数35席
駐車場あり
店舗URLhttps://www.tomita-cocoro.jp/tomita_tokyobay.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください