【一風堂/ららぽーとTOKYO-BAY】優しい味わい、なのに深い!これぞ一風堂。

こんにちは!こっつんこつめ(@naga516)です。

「日本で一番有名な博多ラーメン店はどこか?」と聞かれたら、私なら即座にこう答えます。
「一風堂に決まっている。それ以外は有り得ない」と。

 

今や一風堂は、日本国内の都市部であればだいたい出店しているので、希少価値は無くなってしまった感があります。

けど、当然ですが美味しくて人気があるからこそ、これだけ多くの場所に進出できる訳ですから、やっぱり一風堂は博多ラーメン界の雄と言っていいんじゃないでしょうか。

 

と、前振りはほどほどに、先日「ららぽーとTOKYO-BAY」へ行った際、ちょっと前に初替玉を経験してすっかり博多ラーメンの虜になってしまった息子が、一風堂の”博多ラーメン”という文字を見て「どうしても行きたい」と。

私もしばらく一風堂はご無沙汰していたので、彼の熱意に促されて入店したのですが、優しく滑らかな味わいの中に深みのあるスープは今も健在でした。

奇を衒わず真面目に博多ラーメンを作ったらこうなるみたいな。王者の風格っていうんですかね、一風堂にはそんなオーラを感じさせられます。

 

一風堂は千葉県内だけでも5店舗

一風堂の公式サイトを眺めながら書いていますが、改めて調べてみると店舗数かなりありますね。

私の住む千葉県内だけでも5店舗(うち1店舗はフードコート専門業態の「IPPUDO RAMEN EXPRESS」)、東京都内なんて数えるのが面倒になるくらいたくさんあります。

 

とても全店舗は書き出せないので、全国(海外もあり)の店舗一覧は公式サイトよりご確認ください。

参考 STORE/BRAND LIST一風堂

 

スポンサーリンク

実食レビュー!

白丸元味(のり玉子白丸)970円

基本の一杯「白丸元味」

写真のものは、玉子とのりをトッピングしたものになります。

原点の一杯

創業当時から今に引き継ぐ一風堂のとんこつラーメンの本流であり、原点の味。18時間の調理と、丸1日の熟成を経て、とんこつの旨味を極限まで抽出した豊かで香り高いシルキーなスープに、博多らしい細麺、丸刃麺線26番がマッチします。

〜公式サイトより引用〜

 

博多ラーメンも、一段と濃厚なスープのお店が多くなってきた感があります。
そのような濃厚系博多ラーメンと比べると、一風堂のラーメンはインパクトに欠けるかも知れません。

しかし、よ〜く味わってみると洗練された中に深みを感じることができるはず。

一風堂はこれでいいんです。

 

博多ラーメンらしい、細麺が繊細なスープを絡めてくれます。

 

玉子も一見するとフツーなところがいい。

 

赤丸新味 850円

一風堂メニューで、白丸元味と双璧を成すのがこちら「赤丸新味」。

先に言っておくと、この写真は食べかけじゃないです。なぜか麺がピンピンと跳ねているところが惜しい。

 

麺はやっぱり細麺。ですが、公式サイトの説明を読むと、白丸元味と赤丸新味で麺の種類も違うようです。

じっくり食べ比べないと、普通の人にはわからないようなところにこだわるもの、一風堂の良いところだと思います。

革新の一杯

自家製の香味油と辛みそを加えることで、一杯のラーメンの中でいくつもの味の奥行きと調和を楽しめます。麺は弾力と存在感を表現した角刃麺線22番。白丸が正統派のとんこつラーメンならば、赤丸新味は豚骨ラーメンの可能性を広げた“革新派”。 コクと深みを追求した、一風堂の自信作です。

赤丸辛味噌5種類の唐辛子にヤンニンジャン、豆板醤などを加え、ごま油で風味をプラス。全体をキリッとまとめあげます。

一風堂「オリーブ香油」数種の野菜の香りを抽出し、エキストラヴァージンオイルを調合。コクとフレッシュな香りを与えます。

〜公式サイトより引用〜

 

なお、「赤丸新味」の特徴の一つである”辛みそ”をスープに解くと、結構辛くなります。お子様には辛すぎると思いますのでご注意ください。

ちなみに、もっと濃厚な「白丸元味」「赤丸新味」が食べたければ、博多の大名本店に行きましょう!
それぞれのメニューの頭に「元祖」とついているものがそれです。

 

替玉 130円・小玉80円

博多ラーメンのアイデンティティとも言える「替玉」。もちろん一風堂でも替玉できます。

替玉やるときはスープの温度も下がっているので、私はだいたい固さは「ふつう」を選んでいますが、地元の人はやっぱり「カタ」なんでしょうかね。

 

こちらは「小玉」です。普通の替玉だと多いです・・・。少食には。

 

博多ひとくち餃子 420円(ハーフ 220円)

ラーメンと餃子、黄金の組み合わせです。

一風堂の餃子は、博多らしい一口タイプ。小さいので、餃子の王将とかに慣れていると、割高に感じてしまうかも。

写真のものはハーフサイズ(5個)で220円になります。

 

明太子ごはん 300円

これも博多の味、辛子明太子が乗ったごはんです。ここに温玉を乗せるとプラス100円。

これもちょっと割高感ありますかね。海苔はラーメンに入れちゃうのもアリだと思います。

 

その他のメニューなど

メニューは概ねどこの店舗も同じ内容ですが、一部異なる部分もありますので公式サイトの各店舗情報からご確認ください。

店舗一覧」→(各店舗の)「詳細を見る」→「お品書きを見る」 から店舗別のメニューが確認できます。

 

TOKYO-BAYららぽーと店は清潔感あり。
だけど混雑気味です。

4人掛けのボックス席からカウンター席まで、いくつか用意されていますが、店内は全体的に清潔でキレイです。

キレイ過ぎて、ラーメン店であることを忘れてしまうのでしょうか。混雑時にも関わらず4人掛けボックス席にいつまでも居座っているお客さんがいました・・・。
迷惑だからやめて、そういう事するの。

 

こちらのららぽーとTOKYO-BAY店では、昼も夜もご飯どきになると行列が出来ています。特に昼は長い行列ができるので待つ覚悟は必要。

どちらかと言えば、夕食時の方が空いているので昼より夜がおすすめです。

 

スポンサーリンク

「一風堂」は万人受けする美味しい博多ラーメンです!

濃厚な博多ラーメンに食べ慣れてしまうと、一風堂のラーメンに物足りなさを感じてしまうかも知れません。

けど、よく味わってみてください。
一風堂のラーメンは、決してただの薄味ではありません。万人受けする優しい味わいながらも、旨味はしっかり出ているクオリティの高いラーメンだと思います。

 

本記事でご紹介した「TOKYO-BAYららぽーと店」もそうですが、ショッピングモールなどの複合施設に入っている店舗が多いので、もし一風堂を未経験でしたら、ぜひ買い物ついでで良いので訪れてみてください。

 

こっつんこつめ

私にとって、博多ラーメンのベンチマークはやっぱり一風堂だな、と改めて感じさせられました。

(^^)ではでは(^^)

 

スポンサーリンク

店舗概要・アクセス等

店名一風堂 ららぽーとTOKYO-BAY店
営業時間11:00 〜 23:00(L.O.22:30)
定休日不定休(ららぽーとTOKYO-BAYに準ずる)
クレカ利用可
タバコ全席禁煙
駐車場あり(ららぽーとTOKYO-BAYの駐車場)
座席数36席
住所千葉県船橋市浜町2-1-1 ららぽーとTOKYO-BAY 南館3Fダイニングテラス
TEL047-404-6515
一風堂URLhttp://www.ippudo.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください