【老祥記/ろうしょうき】豚まん(肉まん)発祥のお店は、味も人気もNo.1!

老祥記(ろうしょうき)は、神戸南京町にある1915年(大正15年)創業の老舗”豚まん”屋さん。
100年以上も豚まん一筋で大繁盛しているお店だなんて、期待するな!と言われても期待せずにはいられません。

いざお店に到着すると、ズラーっと並ぶ人人人の大行列にひるんでしまうかも知れませんが、案外サクサク進んでいくので臆せず列に加わりましょう。

3個300円からの小振りな豚まんは、一口食べた瞬間「並んでまで食べた甲斐があった!」と納得の美味しさです。

 

「老祥記」元祖豚まんのお店です!

神戸南京町

神戸の元町にある中華街、通称「南京町」

メインストリートを歩けばまるで縁日に入り込んだかのように、店頭で飲食物を販売するお店が連なっています。
食べ歩きが大好きな人にとっては垂涎の街ですね、ここは。

 

老祥記

南京町の中心部には広場が設けられています。ご覧の通り、モザイクだらけにせざるを得ないほど、思い思いのお店で手に入れた戦利品を食べる人々で大賑わいです。

「老祥記」はそんな南京町広場のすぐそば。必ず行列ができているので、詳しい場所を事前に調べていく必要はありません。行列の先を見れば、そこに老祥記がありますから。

 

老祥記

警備員を配置しなければならないほど、長い行列ができてしまう老祥記。

実は、我々が豚まん(肉まん)と呼んでいるものは、もともと中国にあった「天津包子」を、醤油の味付けを加えるなどして日本人好みにアレンジしたものなんですね。

そんな風に味付けを改良して、さらに日本人に馴染みやすそうな「豚饅頭(豚まん)」という名称をつけて売り出したのが、何を隠そうこちらの老祥記なんです!

 

老祥記

もうお分かりでしょう。

店頭にも「元祖豚饅頭」と書かれている通り、老祥記は日本における豚まん発祥のお店なんです!

今やコンビニでも買えるほど日本人に身近な「豚まん(肉まん)」発祥のお店が、目の前にあったら誰だって並んででも買いますよね。

 

老祥記

店内でも食べることができるのですが、座席数が少ないのでほとんどの人は持ち帰り(食べ歩き)です。

天気が悪い日(逆に暑すぎる日)は店内で食べたいところですが、それなりの待ち時間を覚悟した方が良いでしょう。ただ、店内だとお茶が飲めるメリットがあります。

 

スポンサーリンク

「老祥記」のメニューは豚饅頭(豚まん)のみ!3個300円

老祥記は「豚饅頭(豚まん)」一本勝負のお店。

念のため店内でメニューを探してみましたが、個数による値段表はあれども豚まん以外は見当たりませんでした。

 

老祥記

今回は2019年5月に訪れたのですが、直前の2019年4月に値上げされたようです。

今は、豚まん1個100円(税込)となっています。まぁ値上げといっても10円なので、誤差みたいなもんですよね。

老祥記のメニュー

豚饅頭

・1個100円(税込)

・3個300円より販売
(最低購入個数が3個から、ということです。)

 

老祥記

その場で食べられない場合は、お持ち帰りでもオッケー。店内にお持ち帰り時の食べ方・保存の仕方が書かれていたので、ご紹介しておきます。

〜賞味期間〜

購入した当日中に冷蔵または冷凍します

・冷蔵:2日以内

・冷凍:約1週間以内

〜お召し上がり方〜

・強火で10分間蒸します

・フライパンに多めの油を入れて焼いても美味しい(?ホワイト餃子??)

・唐揚げにしても美味しく頂けます

 

老祥記

営業時間は10:00 〜 18:00ですが「売り切れ次第閉店」とのことなので要注意です。
ちなみに、この時は土曜日の14時過ぎに訪問しましたが、まだ営業していました。

毎週月曜日が定休日ですが、定休日でも広場向かいの「曹家包子館」で販売されています。
もしうっかり月曜日に訪れてお店が閉まっていた場合でも、諦めずに「曹家包子館」を覗いてみましょう!

 

スポンサーリンク

小振りな豚まんが衝撃的に美味い!

老祥記の豚饅頭

夫婦で3個購入!300円(税込)です。

すでにこの時点で色々と食べ歩いていた上に、これからも食べる予定があったので(どんだけ食べるん?笑)本当は1個ずつで十分だったのですけどね。
最低購入単位が3個からなので3個買いました。

懐かしさと可愛らしさを兼ね備えた包み紙が、大変よろしいかと。

 

老祥記の豚饅頭

うわっ。なにこれ可愛い。パッと見で、スーパーで売ってる一般的な豚まん(肉まん)と比べると半分くらいの大きさでしょうか。

これなら2人で1.5個ずつ食べられそうだな〜と、ちょっと一安心。

 

老祥記の豚饅頭

半分くらい齧ってみました。

まず皮がふっくらもちもちしていて、さらにほんのりとした甘さも感じられ、とんでもなく美味!

餡も肉汁たっぷりで、下を向けたら滴り落ちるんじゃないかと心配になるくらい。ジューシーで旨味もあってとんでもなく美味!

1人1個で十分だなんて言っていたのは何処へやら、もっと食べたいという気持ちを抑えるのが困難なほど。いや、これは本当に美味しい。

 

スポンサーリンク

行列が絶えない繁盛ぶりにも納得

個人的には好みにドンピシャだったので、手放しでおすすめしたい老祥記の豚まんですが、一応良い点をまとめておきます。

  1. 皮も餡もとんでもなく美味い!
  2. 小振りだけど、1個100円(購入は3個以上)は激安!
  3. 1915年創業!日本の豚まん発祥のお店

 

スポンサーリンク

総括

本当は何回か食べてみてから最終判断を下したいところですが、かなり満腹に近い状態で食べたのにめちゃくちゃ美味しいと感じたので、これはもう私の大好物リストに入れても問題ないでしょう。

恐らく南京町には大学時代に3回は訪れているはずなので、当然その時に老祥記の豚まんを食べているに違いないのですが、どういう訳か食べた記憶が全く残っていません。。。
20年以上前の記憶なんて、所詮はその程度なんでしょうね。

老祥記

間違いなく南京町でNo.1人気の「老祥記」の豚まん、食べて損はありません。いや、食べなかったら南京町へ来た意味がない、食べなきゃ損だと断言します!
(食べ物の好みは人それぞれなので、こんな風に断言するのはダメなんですけどね笑。)

食べ歩きに寛容な街ですので、親しいお友達や家族、夫婦やカップルで訪れて、ぶらぶら散歩しながら食べると楽しいですよ。

こっつんこつめ

私は、大好きな551の豚まんよりも、老祥記の方がもっと好きかも!

(^^)ではでは(^^)

 

店舗情報・アクセス

店名老祥記
営業時間10:00 〜 18:00(売り切れ次第終了)
定休日毎週月曜日
住所神戸市中央区元町通2-1-14
TEL078-331-7714
URLhttp://roushouki.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください