【ブルーのアンカーリンクス/Peak Design レビュー】機能はそのまま。ブルー好き必見!

こんにちは!こっつんこつめ(@naga516)です。

新しいカメラ(FUJIFILM X-T3)購入を契機に、思い切ってストラップやカメラバッグなどの関連用品を『Peak Design(ピークデザイン )』で統一してみました。

正直にいうと、個人的にはピークデザイン製品の見た目はあまり好きではなかったのですが、「じゃあ、なんでピークデザイン買い漁ったのさ?」というと、それを補って余りある使い勝手の良さに惚れちゃったんですよね。

 

そんな感じで、すっかりピークデザインにハマってしまったこともあり、さらに色々とピークデザイン製品を調べていたら見つけちゃいました!

『ブルー(青)のアンカーリンクス』を!!

アンカーリンクスと言えば、ご承知の通りレッド(赤)カラーが基本ですが、ピークデザインの日本総代理店である『銀一』さん創業60周年記念モデルとして、ブルーのアンカーリンクスが発売されたんですね。

では、早速レビューしていきたいと思います。

 

日本国内限定販売!「銀一」コラボのブルーアンカーリンクス

もう初っ端から現物をお見せしましょう!

こんな感じで「アンカーリンクス(ブルー)」が4つと、アンカーハウジングが2つというセット内容です。

せっかくなので、商品リンクも貼っておこうと思って探したのですが・・・。すみません、出てきません。
もしかすると、限定販売だったので既に在庫がなくなってしまったのかも知れません。

注意
こちらは、普通のレッド(赤)カラーのアンカーリンクスです。

 

ちなみに両者を並べてみると、こんな感じになります。本当にただの色違いってだけです。

 

スポンサーリンク

ピークデザインはパッケージがかっこいい!

こちらが、『ブルーのアンカーリンクス』のパッケージ。よく見ると、英語で「銀一さんの60周年記念モデル」と書かれています。が、かなり控え目。

この写真だとパッケージの大きさが分かりにくいですが、iPhoneXよりも小さいくらいですね。

 

ピークデザインってパッケージ(箱)がとっても良く出来ていて、店頭でも中身の一部(現物)を確認できる構造になっているんですよね。
便利ですし、ユーザ本位なところが好感度が高いです。

見た目もかっこいいですしね。

私、この手の小物類だと、通常は商品を取り出したらすぐにパッケージは捨てちゃう派なんですけど、ピークデザインのパッケージは何となく捨てがたくて、どれも手元に残してあります笑。

 

パッケージの裏面を見ると、全面に渡って「銀一さんの60周年」に関する想いが語られています。

 

スポンサーリンク

「FUJIFILM X100F」にブルーのアンカーリンクスを付けてみた!

こちらは、私の愛機「FUJIFILM X100F」に、通常のレッド(赤)を装着している状態です。

レッド(赤)が似合わないとは思わないのですが、何となくアンカーリンクスが目立ちすぎなので、ブルー(青)の方が落ち着いた雰囲気になるのではないかと。

 

どうでしょう?何となく以前のレッド(赤)の方が似合っているような気がしないでもない笑。

ちょっとイメージしていたよりも明るいブルーだったので、これはこれで目立っちゃってますよね。目立たないように、と思ってブルーにしたのに意味なかったかも。

ただ、鮮やかなブルーが好きな人にはドンピシャじゃないですか?これ。

 

スポンサーリンク

ピークデザイン 「カフ」(アッシュカラー)との相性GOOD!

FUJIFILM X100F」はミラーレス一眼と比べるとコンパクトなデジカメなので、最近は首からぶら下げるタイプのストラップよりも、こちらのハンドストラップ「カフ」を使うことの方が多くなっています。

で、試しに「カフ」(アッシュカラー)を装着してみたら、嬉しいことにブルーのアンカーリンクスとの相性がいい感じ!

やっぱり買って良かったかも。

 

スポンサーリンク

「FUJIFILM X-T3」にブルーのアンカーリンクスを付けてみた!

こちらは、最近購入したミラーレス一眼「FUJIFILM X-T3」に、アンカーリンクスのレッド(赤)を装着している状態です。

FUJIFILMのカメラやレンズには、レッド(赤)がアクセントカラーに使われていることが多いので、実は通常のレッド(赤)のアンカーリンクスの方がしっくりきたりして・・・。

 

うーん。どうでしょう。悪くはないですけどね。

やはり、「X100F」に装着した時と同じように、カメラとアンカーリンクスだけの組み合わせを見ると、せっかく購入したブルー(青)よりも元々のレッド(赤)の方が似合ってますかね。

 

ピークデザイン 「スライドライト」(アッシュカラー)との相性GOOD!

全く同じ展開ですみません笑。

なんかね、ピークデザイン定番カラーの一つ「アッシュ」と、ブルーのアンカーリンクスがやけに相性がいいんですよね。

FUJIFILMのカメラ・レンズとの相性はイマイチな感じでしたが、アッシュカラーのピークデザイン製ストラップと合わせると俄然しっくりきます。

 

ブルーが好きな人、アッシュカラーのストラップ使っている人は買い!

銀一60周年記念モデルとなる「ブルー(青)のアンカーリンクス」ですが、通常カラーのレッド(赤)とは色が違うだけで、機能面では全く違いはありません。

お値段も安くはないですし、今や品切れ(販売終了?)みたいなので、無理して手に入れるほどのものではないとは思います。

ただ、「ブルーが大好き!」っていう人や、上でご紹介したピークデザインのストラップでアッシュカラーのものを使っているのであれば、ブルーのアンカーリンクスはおすすめです!

 

あと余談ですが、私「銀一」さんのシャッターボタンを好んで使っています。

上の写真でも「X100F」「X-T3」どちらにも装着したところが写っているのですが、恐らく皆さんお気付きですよね。これ、いいですよ。カッコイイです。

銀一Gボタン(シルバー)

銀一Gボタン(ゴールド)。金メッキ仕上げなので、シルバーより高価です。

(^^)ではでは(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください