新着記事はこちらから

【マリーチフラワーズ】アンティークで統一されたヘアサロン&ドライフラワーのお店【印西】

グッドマンビジネスパークのアメニティゾーン「theGREEN」に、2020年4月30日オープンした『マリーチフラワーズ(marichi flowers)』さんを見学させていただきました。

印西市内でヘアサロン(美容室)を展開しているマリーチの3店舗目となるこちらのマリーチフラワーズさんは、なんとドライフラワー専門店を併設している、とてもユニークなお店になっています。

 

「印西でも、都心に負けない豊かなカルチャー(美容室)を提供したい」と語る、気鋭のマリーチオーナー向後さん。

癒しの空間づくりを突き詰めていった結果、3店舗目はフラワーショップ(花屋さん)とヘアサロンを融合させたお店を作り上げてしまいました。凄い!

こっつんこつめ

実は今回、印西とぴっくさんの取材にちゃっかり便乗してのものでして、写真をたくさん撮らせていただいています。

 

マリーチさんの評判は、いまさら私なんぞが説明するまでもなく「印西市No.1の人気ヘアサロンです、以上!」って感じなので、私からは写真を通じてマリーチフラワーズさんの雰囲気をお伝えできればと思います。

(写真の量がかなり多いので、覚悟して臨んでください!)

 

そしてそして、先に書かせていただきますが、今回の取材ではオーナーの向後さんが付きっきりでヘアサロンとフラワーショップを案内してくださいました!

お忙しい中、お時間を割いていただいた事をこの場を借りて御礼申し上げます。

 

印西とぴっくさんもありがとうございました。
印西とぴっくさんの取材でなければ、こんな趣味のブログでここまでできません!本当に。

 

ドライフラワー専門店『マリーチフラワーズ』

マリーチフラワーズさんでは、ドライフラワー・ブリザードフラワーのインターネット通販(日本全国)を行っています。

千葉県印西市まで足を運ばなくても大丈夫です!

 

こっつんこつめ

けど、とても素敵なお店なので、来店可能な場所にお住まいの方はぜひ直接お越しを。

 

マリーチフラワーズさんのこだわりは、お店の入り口から始まっています。

真新しい建物にテナントで入っていますが、扉は木製。

 

入り口は、ヘアサロンとフラワーショップで共有です。

突き当たり左側がヘアサロンになるのですが、それは後ほど。

 

天井から吊り下げられているの、全部ドライフラワー。

この量、圧巻ですよね。

フラワーショップが決してヘアサロンの”おまけ的”扱いではないことが、この一枚からお分かりいただけたかと思います。

 

いいでしょ、この色。

ドライフラワーって、もっと枯れた感じのものをイメージしていましたが、最近のものは発色がいいですね。

 

なんて言いながらも、こういう茎の部分のカリカリしたところも、個人的には好きです。

 

これとかも大好き。

なお、私は花の種類がまったく分かっていないため、申し訳ないのですがマリーチフラワーズさんに直接聞いてみてください。

 

写真がボヤッとしちゃっていますが、このイエローの発色よ。

 

これも写真としては失敗ですが、ブロッコリーではなかったです。

それよりも、この黄緑色も良いと思いませんか?

 

良い。

 

これは少し鮮やかに加工し過ぎたかも知れません。が、イメージ的にはこれくらい鮮やかな青でした。

 

こっちの淡いブルーもなかなか味わい深い。

 

渋い。

ドライフラワーには、生花とは違った趣がありますね。

 

天井からぶら下がっているシリーズだけでも、まだまだあって紹介しきれません。

 

白いホワホワと赤いホワホワをご紹介して、ぶら下がっているもののご紹介は打ち止めにします。

フラワーショップの方は、決して広いとは言えないのですが、見どころ満載です。

 

忘れていましたが、こんなものもぶら下がっていました。

鹿のツノでできたシャンデリア?

こっつんこつめ

インパクト大なんですけど、ドライフラワーに溶け込んじゃってて、それもまた面白い。

 

壁面にも、まだまだあります。

 

この花瓶が欲しくなってしまい、かなり購入を悩みました(今回は別のものを購入)。

 

これ、購入させていただきました。

 

リースはクリスマス用かな。

それにしても、この緻密な組み合わせの中でのバランス感が、また素晴らしい。

 

これも好き。

 

咲いている紫陽花と、写真だと見分けがつかないですね。

 

これ面白いと思いませんか?

ブッダナッツという木の実を器に見立てて、ドライフラワーが詰められています。

 

ドライたんぽぽの綿毛。
容器も化学室に置いてありそうなもので、標本の雰囲気が出ています。

これ人気商品で、もう売り切れです。

 

この記事を書いている6/14(日)は、父の日です。(おいっ!遅いよ)

訂正:2020年の父の日は、「6/21(日)」でした。誰か指摘してよ。。。

この写真だと分かりませんが、アンティークのマグカップにドライフラワーが入っています!

マグカップだけじゃ面白みに欠けるなぁ、というセンスをお持ちの人。ぜひプレゼントとしていかがでしょうか。

 

マグカップはもちろん実際にカップとして使えますので、お父さんも喜ばれることでしょう!

 

可愛らしいガラス瓶に入ったブリザードフラワー。

採算度外視でほぼ容器代のみ。店頭購入の場合、1,000円しません。

 

ドライフラワー専門店のはずですが、実は生花も取扱っています。

このひまわりは生花。

ドライフラワーと勘違いしないよう、ご注意ください笑。

 

以上、フラワーショップのご紹介でした。

これでも厳選してお届けしたつもりなので、ドライフラワー好きな人には堪らない空間だと思います。

 

今時点での建物入り口がちょっと殺風景なので、実は私、最初に来たときは腰が引けちゃって入ることができなかったのですが、全然大丈夫だということを最後に補足しておきます。

 

スポンサーリンク

5,000円以上お買い上げの場合、「印西とぴっく見た」で生花500円分プレゼント!

フラワーショップで5,000円以上のお買い上げ、もしくはオーダーの方は「印西とぴっく見た」とお伝えするだけで、生花500円分をプレゼントして下さるそうです。

期限などはここで追えないので、詳しくは「印西とぴっくさんの記事」をご確認ください。

こっつんこつめ

私も5,000円以上のお買い上げだったから、ダメ元で「印西とぴっく見ました」ってその場で言ってみるべきだった〜!

 

スポンサーリンク

ヘアサロン(美容室)『マリーチフラワーズ』

フラワーショップの突き当たりにあるこのサインボードがね、またイイ味してるんですよね。

これ見てピンときた人、そうです正解。

マリーチの2店舗目『マリーチサーカス』で描かれている絵と同じ人の作とのことです。

こっつんこつめ

描かれている花はもちろんドライフラワー。

これ描くの、かなり難易度高かったんじゃないでしょうか。

 

サインボードの向かって右側(店舗は左側です)にあるこちらの収納、特注の造り付けです。

アンティーク調で統一されている中、これだけピンクでゴージャス感に溢れていて、一際目立ちます。

 

以前に『マリーチサーカスカフェ』でなぜかマグカップをもらったことがあるのですが、それに良く似たマグカップを発見!

それを言ったら、オーナー向後さんが出して見せてくれました。

同じカップで絵柄が『マリーチフラワーズ』仕様になっています。欲しい場合は購入可能です。

このマグカップは口当たりが良いので、かなりおすすめ。

 

壁に使われている木材、これもアンティーク。

居心地の良い空間作りにこだわっていくうちに、一般的なヘアサロンが内装や什器に掛ける金額と比べると、ありえないことになっている(めちゃ高い)らしいです。

本当は、借り入れ資金は少ないに越したことないのでしょうが、それでも「印西のお店でもここまで出来る!」という妥協を許さない、向後さんのプライド。

カッコいい。

 

ヘアサロンの方にも、ドライフラワーが至るところにレイアウトされています。

で、この写真。ドライフラワーに目が行きがちですが、吊るしている木材も実はオーク材のアンティーク。

 

すでにお気付きかも知れませんが、ランプもアンティーク。

まだまだ出てきます、アンティーク。

 

このレジスターも、見た瞬間に分かる年代物なんですが、ただの飾りではなくて実際に動いているのだから驚きです。

 

背景が惜しかった。アンティーク×アンティーク。

 

このカウンターも、もうお分かりですね。

 

もはや説明不要でしょうか。

 

こんなにアンティーク素材や調度品をふんだんに使っているにも関わらず、お店全体の雰囲気は決して単にアンティーク調って感じでもなく、どちらかというと新鮮さの方が優っているのが本当に不思議。

 

開口部が大きいので、店内はとっても明るいです。

 

さて、ここからはシャンプールームへ場所を移しましょう。

白い扉の向こう側になります。

 

また雰囲気が変わりましたね。

このメリハリというか変化が、非日常を演出していていい感じ。

 

照明を落とせば、完全にリゾート気分。

外出自粛の折、少しでも旅行気分を味わってもらえれば、との想いで急遽この液晶プロジェクターを導入されたそうです。

そして、備えてあるのはタカラの「YUMEシリーズ」。

こっつんこつめ

私は、このヘッドスパやってもらうと100%寝ます。気持ち良すぎて困るやつ。

 

取材時は、印西とぴっくさんがリクライニング体験をされていました。

 

このシャンプー一つとっても、普通のところと比べるとお値段何倍もするような良いものが使われています。

ここまでくると、「逆にこだわっていない(安く済ませている)ところはどこですか?」と聞いた方が早そうです。

答えは聞くまでもなく、こだわっていない部分はないと思われます。

 

シャワーから出てくるのは、「ウルトラファインバブル」なお湯。

これもマリーチさんの他2店舗でも導入されていて、細かい泡が肌にも優しく、そしてウィルスを洗い流す効果もあるという優れもの。

お客さんの頭皮はもちろん、年中シャンプーしている従業員の皆さんの肌荒れ対策も考えて、導入されたとのことです。

 

どうですか?

オーナーの向後さんのことが好きになってきませんか??

私は向後さんが好きになりました。

 

向後さん、かなりの高身長です。

立ち振る舞いからして、カッコいい。

 

皆さん仕事風景が画になるから、写真撮りたい側としてはこんなありがたいことはないです。

 

ごめんなさい、色々ありすぎて紹介が雑になってきましたが、マリーチフラワーズさんは香り(アロマ)にも力を入れています。

シャンプールームでご紹介いただいたアロマ。

 

こちらはカットスペースにいるときにご紹介いただいたアロマ。

たくさんあります。

私、鼻が効く方で匂い大好き人間なので、今度マリーチさんのアロマを買いに来ようかしら、と本気で思いました。このとき。

 

スポンサーリンク

新規でヘアサロンご利用の方、「印西とぴっく見た」でショートスパ無料!

印西とぴっくを見て、マリーチフラワーズ(ヘアサロン)にお越しいただいた新規の方については、「印西とぴっくを見てきました」と伝えていただくだけで、通常2,200円のショートスパがなんと無料に!

今、見ていただいている「もぐパラを見た」じゃダメですよ笑。

期限もこちらでは追えないので、必ず「印西とぴっくさんの記事」で詳細をご確認ください。

 

スポンサーリンク

総括:マリーチフラワーズさん最高!

今回は、ボイスレコーダーを持っていけば良かった(持ってないけど)と後悔するほど、向後さんが本当にたくさんのことを話して下さいました。

惚れました。

絶対に描きこぼしたことがたくさんあるので、詳しくは「印西とぴっく」さんの記事を読んでいただいて、あとはマリーチフラワーズさんを予約して、カットしてもらいながら話を聞いてください。笑

で、帰りにドライフラワーを1つ、買って帰りましょう!

(^^)ではでは(^^)