ヘッダー画像を1世代前に戻しました。

ひょうたん島池(竹袋調整池)の芝桜

2021年4月11日、千葉県印西市の『ひょうたん島池』へ芝桜を見に行ってみました。

ひょうたん島池は、正式には『竹袋調整池』であり、名前の通り自然にできた池ではありませんが、公園として整備されていて四季を通じて様々な花が見られる場所です。

今の時期(4月)は、丹精込めて育てられた満開の芝桜がとても綺麗ですので、ちょっとした散策に良いですよ。

 

駐車場もあります!

ネットで調べると「駐車場なし」の情報も出てくるので、駐車場は最近になって作られたのかも知れません。
特に舗装もされておらず、臨時駐車場的な雰囲気がありますが、すぐに見つかります。

アプローチ部分に砂利が敷いてありますが、駐車スペースは完全に草地です。
線も引かれていませんので、他の車に迷惑が掛からないように配慮しつつ、適当に。駐車センスが問われますね。笑

 

小さいながらも「ひょうたん島池駐車場」の看板が立っていますので、道さえ間違えなければ大丈夫です。
駐車料金は無料。

 

スポンサーリンク

色とりどりの芝桜!

上の写真にもおもいっきり写っていますが、駐車場周辺からすでに芝桜の光景が広がっています。

アングル次第で、芝桜がブワーッと一面に広がっているようにも見えます。(どうでしょう?)

 

色とりどりの芝桜を、真上から撮るのも好きです。

 

スポンサーリンク

犬と一緒(散歩)のときは要注意

公園として整備されているので、犬の散歩にも絶好のロケーションなのですが、注意書きがありましたのでご紹介しておきます。

大変、花が枯れてしまうそうです。
歩道のすぐ横から芝桜が植えられているので、飼い主に隙があると犬がおしっこしちゃうかも。

NPOの皆さんが整備してくれているおかげで、こんな素晴らしい景色を見られるわけですから、くれぐれも花にダメージを与えることのないようにしましょう。

 

芝桜が育成中の場所もあります。何かの拍子に立ち入らないように、お気をつけください。

スポンサーリンク

ちょっとした野鳥・水鳥の楽園か

ひょうたん島池は調整池なので、周囲はしっかり柵で囲われていて立入禁止です。
そんな環境が野鳥や水鳥には心地良いのか、様々な鳥が見られます。

 

ツバメが2羽写っているのですが、わかりますか?
この泥地帯、ツバメのお気に入りエリアのようで、たくさんのツバメが入れ替わり立ち替わり、着地しては飛んでを繰り返していました。

 

サギですかね。
気持ちよさそう
スポンサーリンク

ひょうたん島池、全体の雰囲気

最後に、ひょうたん島池の全貌をざっとご紹介して終わりにします。

 

道路から見たひょうたん島池。
調整池なので、鬱蒼とした自然の中の池といった趣ではありませんが、危険は少ない感じです。

 

東屋とベンチがあるので、お散歩に最適。
周囲も舗装路がひょうたん島池をぐるっと囲んでいるので、泥濘などもなく足元も汚れません。

 

水深も浅いようで、水辺を好む植物がたくさん。視界が開けているのはこの場所くらい。

 

トイレはこちらの簡易トイレが1つのみでした。
一応、中を覗いたところ綺麗でしたが、抵抗ある人もいるかな。

 

非常に気になる雑木林への入り口を発見しましたが、恐らく私有地と思われるので入るのはやめておきました。

 

総括

今回は芝桜を中心にご紹介しましたが、もう少し早い時期だと菜の花、夏場は蓮、秋になるとコスモスなど、季節によって様々な花が楽しめます。

わざわざ遠くから目指して来るような場所ではないと思いますが、近くの方は是非いちど見にきてください。

(^^)ではでは(^^)

撮影機材について

掲載した写真は、2台のカメラで撮影しました。
スマホのカメラでも全然構わないと思いますが、より簡単に綺麗な写真を撮りたい場合の参考にしてください。

但し、掲載した写真は容量圧縮のため「画像サイズ縮小」及び「圧縮」処理を行なっています。
実際の写真は、もっと高精細で綺麗です。