【天下一品】祭りだワッショイ!

【EC-XT L】大きいが正義とは限らない。X-T3のアイカップを紛失したので買い直した。

愛用しているミラーレス一眼『X-T3』のアイカップを紛失しました。

どうせ家の中で落としたのだろうと、しばらく出てくるのを待っていたのですが、まるで現れる気配なし。

冷静に考えてみると、『X-T3』を使うのほとんど外だから、外で落としたに決まってる。

 

アイカップなんて無くても何とかなるのだけど、本来美形な『X-T3』がどうにもカッコ悪い。

これは諦めて買い直そうと、Amazonをチェックしたら『X-T3』購入時についてきたMサイズの他に、SサイズやLサイズもあることが判明。

千円ちょっとで買えるものだから冒険してもいいだろうと、「Lサイズ」を購入してみたのですが、使ってみたら今までの「Mサイズ」で良かった気がする。そんな話。

 

アイカップは、X-Tシリーズ・GFXシリーズ・X-Hシリーズ共通

FUJIFILMの公式サイトを見たところ、アイカップは『X-T3』専用のものはなくて、歴代のX-Tシリーズ、更にはX-H1、中判のGFXシリーズとも互換性があるとの事。

アイカップにも互換性を持たせるあたりに、FUJIFILMの良心を感じます。

 

そして、Lサイズのアイカップ『EC-XT L』について

本体同梱のものより大きく遮光し、ファインダーの視認性を向上させます。

と書かれていました。

 

千円ちょっとのアイカップを今までのMサイズからLサイズに変更するだけで「ファインダーの視認性が向上する」なんて、こんなお得な話、そうはない。

失くさなければアイカップを買い換えようなんて微塵も思っていなかったから、むしろ失くして良かったのかも、とすら思います。

 

スポンサーリンク

アイカップのパッケージには『X-T1』の文字が。(互換性には問題なし)

互換性の高いFUJIFILMのアイカップですが、届いた商品のパッケージには大きな文字で『X-T1』と書かれていました。

私の愛機『X-T3』はもちろん、X-Tシリーズ最新の『X-T4』や『X-H1』、『GFX100』『GFX 50S』とも互換性があるのに、パッケージの記載は『X-T1』の1機種のみ。

遠慮するにも程があるでしょ、と言いたくなる奥ゆかしさ。

 

スポンサーリンク

『EC-XT L】レビュー

正直言って、これまでアイカップを強く意識したことがなかったので、テーブルに置いた状態では「さすがLサイズって、Mサイズよりも一回り大きいね」なんて思うはずもなく全然わからん。

そもそもカメラに興味がなければ「で、アイカップって何?」って感じですよね。

よくここまで離脱せずに読んで下さいました。

 

アイカップ(EC-XT L)を、愛機『X-T3』に装着してみました。

想像していたよりも、存在感あるかも。

 

やっぱり大き過ぎる気がする。(見た目的に)

決して悪いとは思わないのだけど、『X-T3』とのバランスという観点でみるとアイカップが目立ち過ぎ。

 

真横から見た感じだと、そんなに出っ張っているようには見えないんですけどね。

けど、もうちょっと薄くてもいい気がします。

 

そして肝心なところ、公式サイトに記載のあった「本体同梱のものより大きく遮光し、ファインダーの視認性を向上させます。」という部分ですが、ファインダーを覗いてみても正直あまり違いがわかりませんでした。

同時に比較すれば違いが分かるのかも知れませんが、単体で試した限りでは「今までのと同じじゃないの?」という感想。

単純に私がカメラ素人だから違いがわからないだけでしょう?という、本人にとっては絶対に認めたくないご指摘に対しては、甘んじて受け入れ、、、ません。

そういう訳でアイカップに強いこだわりがないのであれば、X-Tシリーズのミラーレス一眼なら標準の『Mサイズ』にしておいた方が良いんじゃないかな、というお話でした。

 

なんだこの記事。

(^^)ではでは(^^)