【天下一品】祭りだワッショイ!

【花小鳥 -COFFEE STAND-】北柏ふるさと公園内にある開放的なカフェでミカフェートコーヒー!

コーヒーハンター川島良彰氏が主宰(という表現があっているのか分かりませんが)の「ミカフェートコーヒー」を取扱っているカフェが柏にあることを知り、行ってきました雨の中。

 

北柏ふるさと公園にある『花小鳥 -COFFEE STAND-』。

”花”と”小鳥”という言葉を組み合わせただけなのに、なぜかオリジナリティ溢れるこの店名に、ネーミングセンスの良さを感じます。

 

そして、この建物。
プレハブですが、ガラス面が大きく取られているので開放的。デザインもモダンで、公園の雰囲気に意外と合っています。

やっぱり公園にあるカフェっていいですね〜。

あいにく雨脚が強くて公園散策はできませんでしたが、夫婦でランチメニューを頂いてきたので、そのあたりを中心にご紹介します。

 

花小鳥 -COFFEE STAND-の場所・営業時間など

北柏ふるさと公園内にあります。

車の場合は、公園の有料駐車場(1時間まで無料、以降昼間は1時間100円)が利用できます。

 

「花小鳥 -COFFEE STAND-」は駐車場の目の前なので、場所はすぐにわかると思います。

カフェ利用のみであれば、長くても2時間あれば十分でしょうから、掛かっても100円です。

電車の場合は、常磐線の北柏駅が最寄りで徒歩10分程度。

  • 店名:花小鳥 -COFFEE STAND-
  • 営業時間:11:00 〜 日没(時期や天候により異なる)
  • 定休日:なし(不定休)
  • 住所:千葉県柏市呼塚新田204-23
  • TEL:04-7196-6301
  • 公式HP:http://vincitore-italian.com/hanakotori/

 

訪問した2020年7月上旬の日曜日は、11:00〜17:00の営業でした。

 

スポンサーリンク

花小鳥 -COFFEE STAND-の雰囲気

モダンなプレハブ造りが特徴的で、公園の景観にもマッチしている「花小鳥 -COFFEE STAND-」。

 

残念ながら雨で利用できませんでしたが、店内より広いウッドデッキのテラスはペット同伴可。

ホント、晴れの日はテラスで過ごすのが気持ち良さそうです。

 

箱型のシンプルなフォルムと内装が、今風なカフェらしくていい感じ。

 

テーブルやチェア類も、モダンスタイルで統一されています。

クラシックな喫茶店も悪くないけど、個人的にはこういうシンプルなカフェの方が好きかも。

 

全体的にシンプル基調な中に、このフラワーリースに彩られた「花小鳥」のボードが一際映えていました。

 

デトックスウォーターもご自由にどうぞ。

 

スポンサーリンク

花小鳥 -COFFEE STAND-のメニュー

ちゃんとしたメニュー表を撮らせてもらっていないのですが、店先に置いてメニュー表がこちら。

 

雨に濡れたメニュー表です。

これまで様々なお店のメニュー表を撮らせてもらいましたが、今回新境地を開いた気がします笑。

決して大きな店舗ではありませんが、メニューはそこそこの充実度。
全部文字起こしするのは大変なので、食事のプレートメニューをご紹介します。

プレートメニュー(すべて税別1,200円)

・キーマカレープレート

・グリルチキンプレート

・ホットサンドプレート

・サラダプレート

・からあげプレート

・パスタプレート

・チリドッグプレート

・お魚プレート

プラス200円で、以下のドリンクを選べます。

Drink Set Menu

・ブレンドCoffee(Hot)

・リキッドアイスコーヒー

・アイスカフェオレ

・Tea(Hot/Ice)

・ウーロン茶

・オレンジジュース

コーヒーメニューには、すべてミカフェートコーヒーの豆が使われているとの事ですので、プラス200円はとんでもなくお得です!

他のメニューは、公式HPよりご確認ください。

vincitore-italian.com
野菜たっぷりのプレートを楽しめる料理 - 【花小鳥】北柏ふるさと公園内のカフェ
http://vincitore-italian.com/hanakotori/menu/
プレートメニューは十五穀米やフレッシュ野菜、スープがセットになっており、種類も豊富。人気のパンケーキ ティラミスはインスタ映えはもちろん、フワフワな食感のティラミスクリームとパンケーキのコラボを話題のミカフェートコーヒーで堪能してみてください。ウッ...

 

スポンサーリンク

花小鳥のプレートメニューは、期待通りのお洒落カフェごはん

お洒落なカフェごはんと言えば、一般的には女子が好きなものとして分類されがちですが、そういうのが嫌いじゃないおじさんがいることもお忘れなく。

(定食も嫌いじゃないけどね。)

 

うちの奥さんはコーヒーが飲めないので、こういうところでは大抵アイスティー(時々ホットティー)。

 

これは、私の飲みかけデトックスウォーター。

うちにあるセリア(100円ショップ)のグラスに似てる気がする。

 

私が選んだのは、「グリルチキンプレート」

なんだかんだ言いながら、結局は肉を欲してしまいました。

 

少食なので、実はこのくらいの量がちょうど良かったりします。

 

お米は十五穀米です。

自宅で十五穀米を食べることはないので、外で出てくると少しテンション上がります。

 

これ、確か「白味噌のポタージュ」とお店の人がおっしゃっていました。

こんな味のポタージュは、これまで口にした記憶がありません。今回のメニューの中で一番印象に残りました。

 

これは必食。

 

うちの奥さんは「パスタプレート」をチョイス。

 

ベーコンといんげんのジェノベーゼ。

ジェノベーゼは色鮮やかで、見ているだけで食欲がそそられますね。
少し食べさせてもらいましたが、味付けもちょうど良くて好みの味でした。

 

サラダは共通。(盛付け方には違いあり。)

黄色くスライスされたものが、私には何だか分かりませんでした。

最近急激に目にするようになったコリンキーかな?とも思いましたが、もっと大根寄りな瑞々しさを感じました。
なんだろ、これ?

 

お目当ての「ミカフェートコーヒー」です。

何を思ったのか「食事と一緒に持ってきて欲しい」と言ってしまったので、オーダー通り食事と一緒に運ばれてきました。

テープルの上にプレートごはんとコーヒーが混在する状態がこれ。

 

コーヒーを淹れるところを見逃したので、ハンドドリップなのか機械なのかは不明ですが、この感じだとどうでしょう。

 

カウンターには、「micafeto」のロゴ入りハンドドリップ用スタンドがありました。

欲しいな、これ。自宅だと1杯しか淹れないし自分はフレンチプレス派ですが、これ欲しい。

 

欲しい。

 

お酒(ビール)もあります。

これ、暑い日に公園散策したあとで入ったら、思わず飲みたくなりますよね。

メニュー表には、他にもプレミアムモルツ(小瓶)とグラスワイン(赤・白)、ハイボールも記載がありましたので、お洒落カフェなのに昼間から飲めちゃうみたいです。

 

スポンサーリンク

ミカフェートコーヒー(豆)の購入も可!

コーヒーに興味がない人には「だから何?」って感じでしょうけど、触れない訳にはいかないのでサラッとご紹介。

 

リキッドアイスコーヒー800円と、コーヒー豆(グアテマラ・サン ミゲル農園)1,650円が購入できます。

色々な種類の中から選びたければ、ミカフェートコーヒー直営のお店に行かなければ、ですが、グアテマラ・サンミゲル農園のコーヒー豆がここで買えるだけでも十分ありがたいです。

 

160gで1,650円は、本格的なコーヒー専門店と比べても、やや高めの値段設定です。

そうしょっちゅうは買えませんが、たまには高級路線を攻めてみるのも悪くありません。

(まだ飲んでないので、後日に別記事でご紹介させて頂くつもりです。)

 

総括:1人でも夫婦でも家族でも。再訪したくなる公園カフェ。

居心地の良いカフェです、『花小鳥 -COFFEE STAND-』

晴れた日にはテラスも利用できて(テラスは)座席数も多いので、フラッと1人で訪れてのんびり過ごすなんて使い方も良さそうです。

駐車場もありますし、また来ようっと。

(^^)ではでは(^^)