【フレンチプレス/レビュー】おすすめコーヒー抽出器具「誰でもおいしいコーヒーを自宅で!」

こんにちは!コーヒー大好き、こっつんこつめ(@naga516)です。

私、仕事が休みの週末には、必ず自宅でコーヒーを淹れて飲んでいるのですが、だいたいいつも(90%くらいかな)フレンチプレスを使って抽出しています。

こっつんこつめ

「自分でコーヒー淹れる=ペーパードリップ」だけだと思っていませんか?

自宅で出来るコーヒーの抽出方法って、ペーパードリップ以外にもあるんです。

という訳で、本記事では私おすすめの抽出方法『フレンチプレス』の良いところを中心にご紹介します。

特にコーヒー初心者の人には、ペーパードリップよりフレンチプレスの方が安定して美味しいコーヒーを淹れられるので、最初はフレンチプレスから始めてみることを強くおすすめします。

 

フレンチプレスは誰でも美味しいコーヒーを淹れられる!

なぜフレンチプレスがおすすめなのか。その理由を述べますと、ざっくり3つあります。

フレンチプレスを使うメリット

・抽出方法がとっても簡単!

・誰でもいつでも安定したコーヒーを抽出できる!

・コーヒーの旨味成分を逃さない!

具体的な抽出方法は後述しますが、フレンチプレスは非常にシンプルな構造をしているので、初めて使う人でも最初から美味しいコーヒーを淹れられます。

また構造がシンプルゆえに、誰が使っても同じ味のコーヒーを抽出できるんです。
(当然、使うコーヒー豆が違えば味も変わります・・・。)

 

スポンサーリンク

ペーパードリップじゃ駄目なの?

駄目じゃありません。
ペーパードリップで淹れたコーヒーは、フレンチプレスと比べるとすっきりした味わいに仕上がります。

これはこれで美味しいです。

但し、上で書いたフレンチプレスの3つのメリットが、ペーパードリップにはありません。敢えて意地悪な書き方をすると、ペーパードリップにはこんな特徴(デメリット)があります。

  • 美味しく淹れるには、経験と腕前が必要
  • いい加減に淹れると失敗する
  • 旨味成分を含むコーヒーオイルをペーパーが吸着してしまう

ある程度の経験を積んだ人やプロならば、ペーパードリップでも安定して美味しいコーヒーを淹れられます。

しかし初心者だと上手に淹れられずに「せっかく高いコーヒー豆を買ったのに、あまり美味しくないな・・・」と、自分の淹れ方が下手なだけなのに、コーヒー豆に問題があると勘違いしてしまう恐れがあります。

フレンチプレスならコーヒー豆がもつ本来の美味しさを、誰でも失敗せずに引き出すことが出来るんです。
これでも、まだフレンチプレスを使わない理由あります?

 

スポンサーリンク

おすすめコーヒー抽出器具「フレンチプレス」とは?

こういうヤツです。どんな人でも1度くらいは見た事あるんじゃないでしょうか。

紅茶を淹れる時に使われることもあるのですが、元々はコーヒー用として考案された抽出器具です。

注意
ご参考までに、実はこのフレンチプレス、紅茶を淹れるのには不向きな構造をしています。

紅茶を淹れる時には、茶葉が対流しやすい構造の専用ポットを使った方が美味しい紅茶を淹れられます。

パッと見では取っ付きにくそうだと感じるかも知れませんが、構造も使い方もシンプルなので誰でも簡単に使えます。

 

こちらは、上の写真にもあるボダムのフレンチプレスです。お値段もだいたいAmazonで3,000円前後ですので、手を出しやすいのではないでしょうか。

私も長年愛用しているのですが、時々うっかりガラス部分を割ってしまうことがあるので、定期的に同じものを買い直しています。

 

同じボダム社から、デザイン違いのフレンチプレスがいくつか販売されていますが、機能は同じなので見た目の好みで選べば良いでしょう。

もちろん、ボダム社以外でもフレンチプレスを作っていますが、そのシンプルな構造ゆえにどれを選んでも抽出されるコーヒーの味にほとんど違いはありません。

ドリッパーの形状や材質によって、抽出方法が異なりやコーヒーの味に変化のあるペーパードリップとは、この点が大きく違います。

 

スポンサーリンク

フレンチプレスでのコーヒー抽出方法

こっつんこつめ

「フレンチプレスは簡単!誰でも大丈夫!」と散々煽りましたが、一応決まった手順があります。

特殊なテクニックとかは一切必要ないので、ただ手順さえ守ってもらえれば結構です!

品質の良いコーヒー豆(粉)を用意しましょう!

いくら淹れ方が良くても、コーヒー豆(粉)が駄目だと美味しいコーヒーは淹れられないので、品質の良いコーヒー豆(粉)を手に入れてください。

ネットでググれば、評判の良いコーヒー専門店情報はいくつも出てきます。足を運べる範囲内にお店がなければ、通販で取り寄せるものアリです。

 

使用するコーヒー豆の量は、350mlのフレンチプレスでだいたい16〜18g、500mlだと25g前後といったところ。

何回か淹れているうちに自分の好みが分かってくると思うので、好みに応じて量を調整しても構いません。

 

フレンチプレスにコーヒー粉を投入!

コーヒー粉をフレンチプレスに投入します。挽いた分だけ全部投入しちゃってください。

私は350mlのフレンチプレスを使っていて、コーヒー豆は18gにしています。

実はこの写真、コーヒー粉がフレンチプレスから外れています笑。

 

フレンチプレスでコーヒーを淹れる場合、コーヒー豆の挽き具合は「粗挽き」がちょうどいいです。

 

お湯(熱湯)を注ぎます!

フレンチプレスの場合、沸騰した直後のお湯を注いでしまって問題ありません。

抽出時間は4分がベスト!と言われていますので、お湯を注ぎ始めると同時にタイマーを4分にセットしましょう。

 

最初は、だいたい半分くらいまでお湯を注いで、30秒〜1分程度待ちます。

 

新鮮なコーヒー豆を使用すれば、こんな感じで表面が炭酸ガスで盛り上がるはず。

もし全然盛り上がってこない場合は、コーヒー豆が古くなっているのかも知れません。

 

30秒〜1分が経過したら、上までお湯を注ぎ足します。この写真だとやや入れ過ぎた感がありますね。(溢れるので注意。)

 

上までお湯を注いだら、蓋をして4分経過するまで待ちます。この時点では、まだプランジャー(先端に丸いのが付いている棒)は押し下げないようにしてください。

 

最後にプランジャーを押し下げたら完成!

タイマーが4分経過したことを知らせてくれたら、プランジャーをゆっくりと押せなくなるところまで押し下げます。

 

下までしっかり押し下げると、コーヒー粉が底部に押し込まれるような形になって、これでフレンチプレスでのコーヒー抽出は終了です!

 

フレンチプレスに入れたままだとコーヒーが濃く出すぎてしまうので移し替えた方が良い、という意見もありますが、私は面倒なので移し替えずに最後までフレンチプレスから注いでいます。

 

スポンサーリンク

フレンチプレスなら、誰でも美味しいコーヒーを淹れられる!

簡単なんですよ、フレンチプレスでコーヒーを淹れるのって。

品質の良いコーヒー豆(粉)を入手して、ちょっとした手順さえ守ってやれば、初心者でも必ず美味しいコーヒーを淹れることが出来ます。

コーヒーの旨味や特徴をしっかりと引き出してくれるので、味の比較をしやすいのもフレンチプレスの良いところです。

 

いくつものメーカーから様々なフレンチプレスが販売されていますが、どれでも機能面では大差ないと思いますので、予算や好みで選んじゃってください。

迷ったら、私が愛用しているボダム社の製品を選んで頂ければ、まず間違いはありません。

これから家飲みコーヒーを始めたいという人には、是非ともフレンチプレスから入ってみて欲しいです。
どうしてもペーパードリップをやりたいのであれば、フレンチプレスとの併用はどうでしょう?飲み比べもコーヒーを楽しむ方法の一つですので。

(^^)ではでは(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください