ヘッダー画像を1世代前に戻しました。

自家焙煎珈琲ブリュッケ|zopfからすぐ近くのコーヒー店

千葉県松戸市(小金原)にある、我が家のお気に入りパン屋さん『zopf』。
説明するまでもない、全国レベルでも指折りの人気店です。

そんな定期的に通っている『zopf』のすぐ近くに、自家焙煎のコーヒー屋さんがオープンしたのを見つけたのが今から数年前。
いつか訪れようと思いながらも、zopf訪問と「コーヒー豆がそろそろ切れるぞ」というタイミングが重ならず・・・、しかしこのゴールデンウィーク(2021年)にようやく初訪問することができました。

 

お店の名前は『自家焙煎珈琲ブリュッケ』
日本語表記にすると普通ですが、写真の看板を見てください。「Kaffee」だったり「BrucKe」の「u」の上に見慣れない「‥」が付いていたりと、何かがおかしい。

これ、どうやらドイツ語のようでして、この時点でこだわりのある店主であることが想像できます。
こいつは入店するのにも緊張するぞ!笑

MEMO
後から公式サイトを拝見したところ、有名店「バッハコーヒー(南千住)」のグループ店として創業されたとのことで、こだわりを感じられたことにも納得です。
コーヒー豆もバッハコーヒーから仕入れておられるとの事。

 

『自家焙煎珈琲ブリュッケ』店内の雰囲気

外から中の様子がほとんど見えず、扉の先にどんな空間が広がっているのか。初訪問独特のドキドキと緊張に包まれます。(最近は慣れましたが。)

 

ただ、お店側でも入りにくさを認識されているのか、エントランス部にはこんな工夫が。
「お気軽にお入りください」と書かれているだけで、だいぶ印象が違いますよね。

実際に入店してみると「分からないことがあれば聞いてね」オーラを醸し出す人の良さそうな店主さんで、なんら問題ありません。

 

ざっと見渡しただけでも、20種類のコーヒー豆が並んでいます。
これは、個人経営の自家焙煎珈琲のお店にしては、種類が多い部類に入ります。

これだけ種類があると、初訪問ということもあって迷いに迷います。

 

このような、それぞれのコーヒー豆に関する詳細説明の書かれたものが、あるのとないのでは大違い。
大変ありがたいです。

私もコーヒー(スペシャルティコーヒーと言われるもの)に興味を持ち始めてから10数年経つので、普通の人よりはコーヒーにかなり詳しくなりましたが、それでもお店が作成されている説明資料はいつでも大いに参考になります。

 

コーヒー器具も一通り揃っているので、とりあえず豆を挽いてもらえば、すぐにでも自宅で本格的なコーヒー生活が始められます。

他にも、コーヒーの抽出方法を詳しく紹介したパンフレットが、購入したコーヒー豆に同封されていました。
ここまで親切なお店であれば、きっと聞けば何でも教えてくれるはずです。

忙しそうにされている時でなければ、色々聞いても大丈夫だと思いますよ。

 

スポンサーリンク

深煎りと中煎りを購入してみた!

今回は、自宅に浅煎りのコーヒー豆が残っていたので、深煎りと中煎りを100gずつ購入してみました。

 

深煎りが「インディアAPAA」、中煎りが「パナマSHBボケテ」。
数ある中からこちらの2種類を選んだ理由は・・・、特にはありません。

ただ深煎りの「インディアAPAA」に関していうと、これまでインド産のコーヒー豆を見る機会がなかったので、もしかすると最近のトレンドなのかな?と。

 

最近は全く深煎りの豆を買っていなかったので、こうして現物を目の当たりにすると黒光りギラギラ感に圧倒されます。
これ、絶対に香ばしさ抜群なやつ。

で、挽いてみたら想像以上に香ばしくて、なかなか苦味・重さ共にヘビー級。
これは完全に自分自身の問題なのですが、年齢の問題なのか深煎りをそのまま飲むと胃がしんどいので、久しぶりに家庭用エスプレッソマシーンを引っ張り出してこようか考え中です。

 

一方で中煎りのパナマは、ハンドドリップで淹れたものをそのまま飲んでも、私の胃は全然大丈夫。
この感じだと、浅煎りはきっと俗にいう「サードウェーブ系」と言われるような浅煎り度合いかと想像されます。

『自家焙煎珈琲ブリュッケ』さん、浅煎りから深煎りまで幅広いです。
ここまで焙煎度合いが幅広いお店って意外と少ないので、まだ自分好みなコーヒーがわからない人には頼りがいのあるパートナーになってもらえそう。

 

スポンサーリンク

総括

「zopfのすぐ近くにあるから」という、ちょっと不純な動機で訪問させて頂いたのですが、なかなかどうして良店でした!

今回は利用しませんでしたが、喫茶スペースもありますのでzopfの行列に疲れたあとで、ホッと一息つくのに最適かと。(zopfありきでごめんなさい)

お値段もかなり良心的です。
一部、とんでもないお値段のコーヒー豆も混じっていますが、希少なブルーマウンテンNo.1とハワイ・カウ・エクストラファンシーなので、これは仕方がない。

本物のブルマンとコナコーヒーを置いているお店なんて、スペシャルティコーヒー専門店でもそうそうないので、やはり『自家焙煎珈琲ブリュッケ』さんは只者ではないのかも。
いつかブルマン飲むぞ!笑

(^^)ではでは(^^)

 

スポンサーリンク

『自家焙煎珈琲ブリュッケ』営業時間・場所など

  • 店 名 :自家焙煎珈琲ブリュッケ
  • 営業時間:10:00 〜 18:30(カフェは〜17:30)
  • 定休日 :月曜日(その他不定休)
  • 住 所 :千葉県松戸市小金原2-13-8
  • TEL  :047-382-5700
  • 駐車場 :あり(5台)
  • 公式サイト:https://kaffeebrucke.com/