AirPodsに革ケース付けてみた!【傷防止・ドレスアップ】

いきなり俗っぽいタイトルですみません。こっつんこつめ(@naga516)です。

Apple純正のワイヤレスイヤホン『AirPods』を購入したのですが、これが思っていた以上に超最高!で、日々愛着マシマシな今日この頃。

AirPodsをお使いの皆さんに、ようやく追いつきました。

 

なぜ『AirPods』にケースを付けるのか?

当初は「AirPodsの純白ボディー最高!裸で使い倒す!!」と息巻いていたものの、AirPodsへの愛情が膨らんでいくにつれて

こっつんこつめ

可愛いAirPodsの純白ケースに傷を付けるのは、むしろ無粋

と、激しい心境の変化に見舞われました。

 

そこで、早速AirPods(のケース)を守るための「革ケース」を購入したので、使用感などをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

意外と少ない!?AirPods用革ケース

ざっとAmazonで「AirPods ケース」をキーワードに調べてみると、出てくるのは「シリコン製ケース」がほとんどです。

さすがはApple純正の「AirPods」だけあって、製品数も多く出回っているものの、個人的にシリコン素材があまり好きではないのでパス。
(すぐにホコリが付着するのと、感触が嫌いなんです・・・。あと、千切れやすいし。)

 

さて、シリコンケースを除外した場合、あとはどんな素材のケースがあるのかと言うと「革ケース」しか残りません。
私のようにシリコンが嫌だという人の選択肢は、必然的に「革」のみに絞られる訳です。

しかし「革ケース」に絞った途端、出てくる製品数はグッと減るのが悩ましいところ。

そんな数少ない「革ケース」から選んだのが、こちらの製品です。

 

価格は2,000円未満(2018年7月時点)と手を出しやすいく、またデザインもシンプルなので、傷防止を主目的とするのであれば価格とデザインのバランスが取れた良い製品だと思います。

 

スポンサーリンク

『革ケース』使用感などレビュー

実物紹介と良い点など

さっそく、『AirPods』(ケース)に購入した革ケースを装着してみました。

ご覧の通り、『AirPods』全体をすっぽり覆う形になるので、傷防止の観点で見た場合にこの革ケースは完璧です。

ちなみに、私は「ブラウン(茶)」色を購入しましたが、全3色のラインナップなので色はお好みでどうぞ。この写真だと明るいブラウンに見えますが、実物はもっと暗いブラウンです。

 

AirPods革ケース「ICARER」カラー展開

・ブラウン(茶)

・ブラック(黒)

・レッド(赤)

本記事に貼ったAmazonリンクから飛べば、3色どれでも出来るようになっています。
また、カラーによる値段の違いはありません。(2018年7月時点)

 

裏面には、「ICARER」のロゴが入っています。ロゴはなくてもいいと思いますが、あまり目立たないので使っていて気にはならないですね。

 

底部には、充電用のlighteningケーブルを直接挿せるように「穴」が空いています。

ここの穴が空いていないと、充電のたびにいちいちケースを取り外さなければならないので、これは重要なポイント。

 

革ケースの厚さは、実測で2mm弱(1.8〜1.9mm程度)でした。

『AirPods』は収納ケースも含めたコンパクトさが大きな売りでもあるのですが、この革ケースはかなり薄く出来ているので、『AirPods』のコンパクトさをスポイルしてしまうこともありません。

 

気になる点は?蓋の浮き・所有感はイマイチ

気になる点としては、Amazonのレビューにも書かれているのですが、蓋を開閉した時にどうしても『AirPods』本体と革カバーが離れてしまう(少し浮いてしまう)ところでしょう。

ただ、この点を改善するとなると、蓋部分の構造にかなり手を加える必要がありそうです。その分、価格が跳ね上がると思われるので、個人的には価格との折り合いを考えれば許容範囲と考えています。

実際、初めのうちは違和感があったのですが、使い続けているうちに慣れました。

あと、革ケースには本革が貼られていますが、革の質はイマイチです。プラスチックのボディの上に、薄い革を貼っただけのものなので、高級感はありません。

 

もし、「革ケース=高級感」という点を重視したいのであれば、値段は上がりますが次の製品が良いと思います。Amazonで見た限りではありますが、革の質や全体的な造りの良さでは、明らかにワンランク上です。

実は私もどちらにしようか悩んだのですが、予算との兼ね合いで次の製品は見送りました。

 

スポンサーリンク

まとめ

AirPods用保護ケースの中ではレアな、「革ケース」をご紹介しました。

AirPodsはAppleらしい「ツルツル純白」のプラスチック製なので、本当は裸で使いたいところですけどね。本当に悩ましい。

『AirPods』に傷を付けたくないけど、シリコン製は嫌だ!という人には、本記事でご紹介した革カバーはおすすめです。
お値段が手頃なところも好評価です。

(^^)ではでは(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください