【AirPodsケース/京都デニム】デニムのAirPods袋がカワカッコイイ!

こんにちは!こっつんこつめ(@naga516)です。

Appleの完全ワイヤレスイヤホンAirPodsが超便利で、毎日通勤時に愛用しています。

「iPhone」や「Apple Watch」との親和性が抜群で、ペアリングも秒速で完了するなど機能面だけを見ても素晴らしいプロダクトだと思いますが、それだけじゃないんですよね。

特に「AirPods」の充電ケースは、小さくて丸くて白くてツルンとしていて、思わず全力で頬擦りしてしまいたくなるような可愛らしさ!

 

iPhoneXに添い寝するAirPods。愛おしい姿。。。

 

こっつんこつめ

AirPodsは裸で使うつもりだったけど、可愛い充電ケースに傷が付くことに耐える自信が全くない!

という訳で、良いモノを見つけたので購入しました!京都デニムの『デニムのAirPods袋

名前の通りデニム生地で出来ている普通の巾着袋なんですが、どうしようもなく良い感じなので自慢させて頂きます。

 

一目惚れ。「デニムのAirPods袋」は巾着タイプ。

これまで使ってきた革カバー

実はこれまで、この写真の革カバーを使っていたんです。

AirPods充電ケースに直接かぶせるタイプのものなので、傷付防止という観点で見れば申し分のない製品なんですが、どうしても色とか造りが自分の好みに合わなくて・・・。

それに、あの可愛い姿も全体が革カバーに覆われてしまっているので、全然見ることができません。

他に良さげなものがないかと探し続けていたのですが、案外「AirPods用ケース」って種類が少ないんですよね。

そして半ば諦めかけていた頃、ネットを眺めていて突然目に飛び込んできたのが、京都デニム発『デニムのAirPods袋』でした。

 

どうですか?このフォルムと渋めのカラー。

この『デニムのAirPods袋』は巾着袋なので、AirPods(の充電ケース)は裸のままで入れています。

出し入れするたびに、あの小さくて丸くて白くてツルンとしている可愛い姿を見られるなんて、幸せ過ぎます。

 

スポンサーリンク

『デニムのAirPods袋』をひたすら愛でる

ただの巾着袋なんですけどね。なぜか惹かれるんです。

 

小さいAirPods充電ケースにぴったりなサイズ感。絶妙。

 

裏側はいたってシンプル。

私はカバンの中にしまっていますが、紐が長いので腰とかカバンの外に引っ掛けておくこともできます。

 

袋をひっくり返してみました。その行動に理由なんてありません。

 

巾着袋なのでキュッと口の部分を閉じれば、中からAirPods充電ケースが飛び出してしまう悲惨な事故は避けられます。

この巾着袋の口から、チラッとAirPods充電ケースを覗きみるのが最高に楽しい。

 

京都好きの心を鷲掴みにする、この「京都デニム」と書かれたタグも最高。

 

改めて全人類に問いかけたい。「AirPods充電ケースって、巾着袋と相性バツグンじゃないですか?」

もっと、着物の切れ端とか丹後ちりめんとかで、AirPods充電ケース用の巾着袋を作ったらいいのに。

 

スポンサーリンク

「京都デニム」ってなんぞや?

ここまでスルーしていましたが、そもそも「京都デニム」って何なんでしょうね?

私もこの『デニムのAirPods袋』を知るまで、「京都デニム」のことは存じ上げませんでした。すみません。

京都デニムとは

京都デニムは、江戸時代から続く着物の製造メーカーでした。

着物業界が衰退するなか、デザイナー桑山の「着物の職人の技を守りたい、職人の技を継承する手助けをしたい」というの想いから始まった活動が「京都デニム」です。

京都デニムでは、京友禅染めや京小紋染め、京染めなど 伝統的な着物の染色技法をデニム生地に施します。

淡く上品な風合いの京友禅染めや、細やかな柄を均一に染め抜く京小紋染めなどは、長い年月を経て培われてきた職人たちの素晴らしい技術です。

着物からジーンズへ、カタチが変わっても本質が変わることはありません。着物を染める工程と同じように、ジーンズも職人の手仕事で1点ずつ製作します。

人々が京都という土地で培ってきた日本の伝統的な風合いや奥ゆかしさ、色や柄の魅力を再確認し、現代にあったカタチで表現しています。

〜公式サイトより引用〜

 

公式サイトを拝見させて頂いたところ、上で引用させて頂いたものよりもさらに熱い想いの詰まった、「デザイナーであり創業者であり代表取締役である桑山豊章氏」のメッセージが掲載されていました。

こういう熱いスピリットが溢れる企業、好きです。

京都デニムのことが気になり始めた人は、要チェック!

参考 Home/デザイナー桑山豊章京都デニム

 

オンラインストアを覗いてみると、本記事でご紹介した『デニムのAirPods袋』のような小物類の他、メンズ・レディースジーンズを中心に、変わったところでは椅子やスマートウォッチなど、デニムを取り入れた様々な製品が販売されています。

モノがモノだけに、お値段高めのものが目立ちますが、ちょっと自分も「京都デニム」のジーンズ1本欲しいです・・・。

 

スポンサーリンク

『デニムのAirPods袋』は限定受注生産!即ポチで!!

10万円超えのジーンズも普通に販売されている「京都デニム」さんですが、本記事でご紹介した『デニムのAirPods袋』は1,500円(税抜き・送料別)と、比較的入手し易いお値段です。

但し、「限定受注生産」となっておりますので、タイミングによっては入手に時間がかかってしまうかも知れません。

気に入ったのであれば、即ポチでどうぞ!

 

尚、Amazon・楽天などでの取り扱いはありませんので、「公式オンラインストア」もしくは「京都デニム直営店(京都市内)」よりご購入ください。

私は、公式オンラインストアから申し込んで、5日後に手元へ届きました。

 

スポンサーリンク

『デニムのAirPods袋』という選択、アリだと思います

正直にいうと、購入を決断してポチったものの

こっつんこつめ

巾着袋だと、いちいち袋の中からAirPods充電ケースを取り出さないといけないから、これって面倒臭いんじゃないかな?

という点がずーっと心に引っ掛かっていました。

 

しかし、いざ使い始めてみると、確かに巾着袋から取り出すというワンアクションが増えてしまったので、手間がかかるようになったのは間違いないのですが、意外なくらいあっさりと慣れました。

むしろ、AirPodsを取り出したり収納したりするたびに、可愛い可愛いAirPods充電ケースの姿と手触りを愛でることができる喜びしかありません。

色々なAirPods用のカバー・収納ケース類を見てきましたが、今のところ『デニムのAirPods袋』がNo.1だと思います。

(^^)ではでは(^^)

AirPodsに革ケース付けてみた!【傷防止・ドレスアップ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください