かき氷屋さんのレビュー記事はこちら

【旬菜ととや/印西】刺身(料理)酒が旨い!住宅街の落ち着いた和食・居酒屋

会社の飲み会は避けてるけど、プライベートな飲み会は大好きなこっつんこつめです。

地元・印西のお仲間たちと、私の超地元「高花」の和食・居酒屋【旬菜ととや】へ行って参りました!

 

毎日のようにお店の前を通っているのに、今回が初訪問。(私、お酒が弱いので・・・。)

ご近所の噂で「美味しいけど、お値段やや高め」と聞いていたので、割り勘し易いように千円札を15枚くらい用意して臨んだのですが、そこまでではありませんでした(笑)。

こっつんこつめ

具体的には、千円札4枚でお釣りがくる程度でした。

意外とお財布に優しい。

 

料理はどれも美味しいですし(特に刺身は良質でした!)、お酒もなかなか。

中心部からは離れた場所にも関わらず、ピーク時には満席になる人気は伊達じゃありませんね。旬菜ととやさん。

印西(特に高花の皆さん)の人は、一度訪れてみることをおすすめします!

 

「旬菜ととや」場所・営業時間など

注意
最寄駅は「千葉ニュータウン中央駅」ですが、歩くと30分以上かかります。

バスだと、千葉レインボーバスの「高花団地入口」がほぼ目の前です。

「船穂中学校前」もしくは「船尾車庫」もまあまあ近いので大丈夫。

  • 店名:旬菜ととや
  • 営業時間:17:00 〜 23:00(L.O.22:30)
  • 定休日:水曜日 及び 第3火曜日
  • 住所:千葉県印西市高花5-10-11
  • TEL:0476-46-1152
  • クレカ:利用不可(現金のみ)
  • タバコ:完全禁煙
  • インスタグラム:https://www.instagram.com/totoya_118/?hl=ja

上記の定休日以外でも、時々お店の明かりが消えていることがあるので、ご注意ください。

 

スポンサーリンク

「旬菜ととや」の雰囲気

以前は寿司屋だった建物をそのまま引き継いでいるので、外観は完全に和テイスト。

見た目からも、大衆居酒屋とは一線を画したお店であることが想像できます。

 

こういうのありますし。

あれ?「旬菜ととや」が正式な店名なのかと思っていましたが、”魚”の文字が割り込んでる。

 

こっちは”旬菜”だけ記載あり。何が正解なのか、要確認ですね。これは。

 

まだ、それほど酔っていなかった時間帯(19時くらいまで)はお客さんがたくさんだったので、「あとで撮らせてもらえばいいか」と余裕をかましていたのがマズかった。

あとで確認したら、店内写真がほとんど撮れていない。

こっつんこつめ

改めて、お伺いさせて頂きます!笑

カウンター、小上がり、テーブル席と、1人からグループまで対応できるレイアウトですね。

我々は6人で小上がりを占領させて頂きましたが、8人でもゆったり出来そうな広さでした。

 

これくらいの距離なので、窮屈な感じは皆無でした。

 

これは英断!旬菜ととやは、2019年4月以降は全席禁煙になっています。

愛煙家の人には悪いけど、タバコの煙は料理・お酒を楽しむのには邪魔でしかないので、この判断は正しいと思います。

店主の、料理・お酒に対する自信とこだわりを感じます。

 

スポンサーリンク

「旬菜ととや」メニュー

初訪問 且つ 店主の方に話を聞くタイミングもなかったので、詳しくはわかりかねますが、お刺身など海鮮系は仕入れによって日々メニューが替わるようです。

恐らく、決まった定番品もあると思いますが、どれが定番品なのかは初訪問なので不明。

 

こんな感じで、手書きメニューが用意されています。

あとでインスタグラムを見させて頂いたところ、この日に北海道産のウニが入荷したばかりで、それなら2,100円でも注文すべきだったか〜。

 

1枚目で終わりかと思いきや、めくると2枚目が登場!

こっちにも魅力的な料理が溢れていますね。

 

「パクチーのかき揚」だと!?

パクチー苦手な人もいたので(印西とぴっくさんとか)自粛しましたが、これはパクチー好きには堪らんでしょう。

 

生ビール(ジョッキ)からソフトドリンクまで。

そういや、このメニュー表にソフトドリンクのお値段が書かれていないけど、別なところにあるのかな?

(誰かご存知でしたら教えて)

 

何種類も地酒を飲ませて頂きましたが、選定を完全人任せにしていたので、何を飲んだのか存じ上げません!

こっつんこつめ

こういう時、お酒が弱いと残念なんですよね。

すぐに酔ってしまうので、味の違いが分からなくなっちゃう。

 

今回は(たぶん)焼酎飲んでないのですが、こちらも色々選べます。

 

あと、こんなのもありました。

印西界隈では今、レモンサワーが非常にアツイので、否応無しに盛り上がります。

(旬菜ととやさんのレモンサワーは、上品な感じだと思われますが。)

 

スポンサーリンク

お刺身新鮮!どれも美味しい!!

それでは、実際に頂いたお料理を写真でご紹介します。

(お酒が入っていたので、撮り忘れも多少あったかと。。。もったいない。)

前項で触れましたが、メニューは日々替わるものもありますので、お値段含めてご参考ということで宜しくお願いします。

 

選べるお通し

まず最初に「お通し」から。

お盆に数種類の「お通し」が載せられていて、好きなのを1つ選ぶスタイルです。

 

いい大人達が、最初の「お通し」選びから盛り上がります。

私は、迷った末にこちらを。

ただの、しらすと大根おろしかと思いきや、ザクザク新食感!旨い!

 

向かいに座っていた「印西とぴっくさん」の明太子。

印西とぴっくさんの記事リンクを最後に載せておきますので、「旬菜ととや」が気になった方は、ぜひそちらも合わせてお読み頂ければ。

 

ととやサラダ(大)1,500円

(大)の名に偽りなし!

 

エビなどの具材も豊富。

最初に出てきたサラダを見ただけで、旬菜ととやさんの本気度が伝わってきました。

 

自家製ドレッシングもアンチョビを使ったもので、しっかり魚介系で攻めてくるところもまた、芯が通っていていい感じ。

 

取り分けて、美味しく食べさせて頂きました。

 

お刺身の盛り合わせ

メニューに「盛り合わせ」はなかったのですが、6人なのでお願いして作って頂きました。

(なので、お値段は良くわかりません。)

つたない記憶からメニュー表とつなぎ合わせてみた限りでは、「サーモン」「平スズキ」「シマアジ」「いくら」「本鮪カマトロ」「ハタ」「ホタテ」「本鮪頭肉」だったような・・・。

 

お刺身は、どれも新鮮でモノも良かったです!

こっつんこつめ

初めての場合は、絶対に刺身は食べてみて欲しい。

 

本日のカマ焼(ハタ)600円

これ、私は食べ損ねたかも。(別に恨んではおりません)

 

食べた記憶がないけど、これ絶対に美味しいやつ。

 

ブルーチーズコンコン焼650円

コンコン焼って、こんな上品な食べ物でしたっけ?

ブルーチーズ好きにとっては、最高のおつまみです。これ。

で、クワトロフォルマッジョ(ピザ)のように、和食でありながらもしっかり蜂蜜付きなところが超GOOD!

 

アンチョビバターのポテトフライ 700円

何だかんだで注文せずにはいられない、ポテト系。

ここでもアンチョビが登場で、ひと工夫されているところが旬菜ととやさんの素晴らしいところ。

 

取り敢えず、ポテトが場にあると不思議と落ち着く不思議。

 

その他

最後に出てきた果物がなんだったのか、全然聞いてなかったです。

 

地酒は、器もいろいろ。

こういう雰囲気の和食屋さんには、やっぱり日本酒が似合いますね。

 

スポンサーリンク

総括:雰囲気・味・メニュー、どれもハイレベル「旬菜ととや」

お酒好きな人には、きっと堪らないお店です。旬菜ととやさん。

もちろん私のようにお酒が弱くても、お料理が美味しいので大丈夫。

カウンターに座れば、1人でも落ち着いて料理とお酒を楽しめるので、特に近所だとついつい通いたくなってしまうに違いない。

 

噂で聞いていたよりはお値段も普通で、食べ過ぎ・飲み過ぎなければ懐も痛まないでしょう。

 

きっと、我が家のメンバーは、この記事を読んだら「連れてけ!」と言い出すはずなので、次回はファミリーで訪問させて頂こうかな。

(たぶんファミリーでも受け入れてもらえることを期待!)

(^^)ではでは(^^)