【リストランテ カステッロ】安定の美味しさで人気の一軒家イタリアン!【ランチ編】

リストランテ カステッロは、1998年に千葉県佐倉市でオープンして以来瞬く間に人気となり、20年以上経った今でも客足の絶えない、千葉県内屈指の人気を誇るリストランテ

当時はまだ珍しかった自家菜園で有機栽培している野菜を日々のメニューに取り入れるなど、オープン当初から食材に強いこだわりを持ったお店です。

TV出演歴やレシピ本も出したこともある「山田直喜氏がオーナーシェフを勤めるお店」としても有名ですね。

それでは、さっそくご紹介していきましょう!

 

郊外に佇む本格イタリアン

カステッロは、千葉県佐倉市の郊外に佇む”小さなお城”を彷彿とさせるような一軒家リストランテ(イタリアン)です。

最寄駅は、京成本線の臼井駅。お店まで距離にして約1.0km、徒歩だと15分くらいかかります。けっこう距離がありますよね。

また、お店へと近づくにつれて人気(ひとけ)が無くなり歩道さえも無くなってしまうので、タクシーを利用するか、最初から車で行くことをおすすめします。

 

リストランテカステッロ

周囲にほぼ何もないところに突如としてお店が現れますが、高台にあるので隣接する道路からだと全貌はよく分かりません。

敷地内に入ると、綺麗に整えられた庭園が我々を出迎えてくれます。

訪れたのは真冬の1月ですが、寒々しさは全然なくて、たくさんの花が植えられていました。

 

リストランテカステッロ

”隠れ家風”ではなく、本当に隠れ家になるような場所にあるお店です。
ちょっと大げさかも知れませんが、リゾート地にある高級レストランやホテルのような雰囲気です。

都心のお店だと、この雰囲気だけはどんなに頑張っても出せないのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

店内の雰囲気は?

カステッロは外観だけでなく、店内も欧風リゾートのような感じです。

 

リストランテカステッロ

店内に踏み入れると、まず目に飛び込んでくるのがグラスやエスプレッソマシーンなどが並ぶカウンター。

けど、昔からいつも予約台帳が置かれていたりして、カウンター席として使われている様子はなし。このややユルイ雰囲気を併せ持つところが、カステッロの面白いところ。

 

リストランテカステッロ

今回通されたのは、Palazzoと名付けられた入り口からもっとも奥まったところにある、大きめの一角。

私は、1998年の開店当初〜4・5年くらいの頃まで頻繁に通っていたのですが、その頃は座席が全然少なくて予約を取るのも大変でした。

その後増築を重ねて、今や100席を超えるキャパを誇るお店に。

 

リストランテカステッロ

ランチタイムは陽の光が差し込んで、店内も程よい明るさです。

ディナータイムになると、各テーブルにキャンドルが灯されてムーディーな雰囲気に一変します。ただ、暗いと写真が撮りにくくなるので、今回はランチに訪れてみました。

 

リストランテカステッロ

窓の外には、花の植えられた鉢植えが並んでいて、気持ちがいいですね。真冬の1月とは思えません。

テーブルやチェアも含めた内装の雰囲気は、程良く高級感とカジュアルさが混じり合っていて、郊外のリストランテらしい絶妙なところを突いているように感じます。

「ドレスコードは貴方ご自身です。」というコンセプトも、この雰囲気に合っていて好きです。

何気ない一日の締めくくりを明日への活力に。

特別な一日を賀ぐ宴、それもまたカステッロの魅力の一つですが
何気ない一日の締めくくりを楽しく彩り、明日への活力へとつなげていただくこと、
それもまた、私たちがここにある一つの大切な役割だと自負するところです。

どうかお気軽に普段着の心でお越しください。
カステッロのドレスコード、それはあなたご自身です。

〜公式HPより引用〜

 

リストランテカステッロ

そうは言っても、さすがに皆さん小綺麗な格好で来られています。
ジャージ・スウェット、作業着などで訪れるのはマズイでしょうね。

 

スポンサーリンク

ランチメニュー by カステッロ

ランチタイムは、「3種類のコースメニュー」と「パスタランチ」、計4種類のコースが用意されています。

  • パスタコース:1,980円
  • Pranzo A:3,200円
  • Pranzo B:4,200円
  • Pranzo C:6,500円

※全て税別価格です。

ランチタイムも事前予約が可能ですが、パスタランチ(パスタコース)は予約することができませんので、ご注意ください。

 

リストランテカステッロ

また個人的な感想になりますが、「パスタランチ」だと量的にやや物足りなさを感じてしまいますので、特に遠方から来られるのであれば、予約可能な「コースメニュー」をおすすめします。

メニューの詳細が公式サイトに掲載されていますので、事前に見ておくといいでしょうね。

(メニューは変更される場合がありますので、予めご承知おきください。)

参考 LUNCHリストランテ カステッロ

 

スポンサーリンク

コースメニュー「Pranzo A」のご紹介!

今回は、コースメニューの中ではもっともライトな「Pranzo A(3,200円)」を選びました。

先に言っておきますが、昼食代で3,200円は決して安くはありませんが、この内容でこのお値段はかなり満足度が高いです!

それでは、写真中心でご紹介していきますね。

 

前菜:シェフ特製 12種類の前菜盛り合わせ

リストランテカステッロ

大きなスクウェア状のお皿に整然と並んだ「12種類の前菜盛り合わせ」です。

12種類ともなると、数種類ずつ分けて出される方がいい、と感じる人もいるかと思います。
ですが私は、このようなチマチマしたのが大好きなので、これは全然アリです。

ただ、12種類の説明はあったのですが、聞いただけだとダメですね。すぐに忘れてしまいました。できればどこかに書いておいて欲しいところです。

 

リストランテカステッロ

このマグロ、見た目以上に脂が乗っていて、とてもイタリアンとは思えない(寿司屋と変わらん)お味でした。

 

リストランテカステッロ

海老。頭までパリッとしているので、残らず食べ尽くせます。

 

リストランテカステッロ

ホタテもタコのカルパッチョも、新鮮さがあって美味。

12種類もあると、1つや2つハズレがあっても仕方ないと思うのですが、カステッロの前菜は12種類すべてに隙なし!

 

リゾット料理:生海苔のリゾット

リストランテカステッロ

やけにゴージャスな色合いのお皿に盛られて登場です。生海苔のリゾット。

「生海苔ってどうなの?」と思われるかも知れませんが、食べれば納得!リゾットに生海苔、とってもイケます。
少なくとも日本人の味覚には合ってますよね。

 

リストランテカステッロ

リゾットの名に偽りなしの、絶妙な炊き加減です。少しだけ残っている芯の食感もGOOD!

 

フォカッチャ

メニューには掲載されていませんが、メインパスタの前にフォカッチャが運ばれてきました。

 

リストランテカステッロ

ふかふかもっちりしていて文句ありません。思わず半分くらい、そのまま食べちゃいました。

 

パスタ

パスタは次の5種類の中から1皿を選びます。

  1. 茄子とトマト、モッツァレラチーズのシチリア風スパゲッティ
  2. ブロッコリーとハマグリのスパゲッティ カリカリにしたパン粉がけ
  3. アンチョビとカラスミのスパゲッティ
  4. サーモンとアボカド、ゴルゴンゾーラチーズのペンネ(+300円)
  5. 天使海老のラグーソース スパゲッティ(+600円)

 

この中から、私は「サーモンとアボカド、ゴルゴンゾーラチーズのペンネ」を、奥さんは「ブロッコリーとハマグリのスパゲッティ カリカリにしたパン粉がけ」をチョイス!

 

リストランテカステッロ

大好きなんですよね〜、ブルーチーズ系の癖のある旨味が。正直言うとペンネは好きってほどではないのですが、ブルーチーズ系のソースにはペンネが合います。

 

リストランテカステッロ

見栄えも悪くない。茹で加減もちょうど良くて大変満足です。

 

リストランテカステッロ

改めてご紹介します。
「ブロッコリーとハマグリのスパゲッティ カリカリにしたパン粉がけ」です。

家庭で作るスパゲッティにブロッコリーをゴロゴロと、形そのままに入れることあるじゃないですか?

てっきりそういうのが出てくるのかと思いきや、麺に練りこまれているのに加えて、ペースト状にしたものが絡めてありました。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb be0c

見た目も鮮やかでいいですよね。

 

メイン料理

パスタと同様に、メイン料理もリストから1皿を選びます。

  1. 勝浦産 金目鯛のカルパッチョ仕立て
  2. 北海道産 サクラマスの炭火焼き
  3. 和牛頬肉の赤ワイン煮 マッシュポテト添え
  4. 山形県産 さくらんぼ鶏の炭火焼き
  5. 若鶏のトマト煮込み カチャトラ風
  6. 厚岸産 牡蠣のフリット トリュフ風味のタルタルソース
  7. スペイン産 イベリコ豚のオスティア風(+800円)
  8. 茨城県産 常陸和牛ロースのタリアータ(+2,200円)

 

この中から、私は「和牛頬肉の赤ワイン煮 マッシュポテト添え」を、奥様は「勝浦産 金目鯛のカルパッチョ仕立て」を選択しました。

良い意味で、かなり悩みましたね。これは。

 

リストランテカステッロ

大きさはそれほどでもない感じの和牛頬肉。

選んだ理由は「肉が食べたくなったから」です!

 

リストランテカステッロ

切ったところも撮っておけば良かった・・・。肉料理も美味しいです。カステッロ、さすがです。

 

リストランテカステッロ

金目鯛のカルパッチョ。一見すると少なく見えますが、添えてある野菜の下にも金目鯛が隠れていました。

意外と量多いです。

 

リストランテカステッロ

一切れ分けてもらいました。たまには生魚を醤油以外で食べるのも悪くありません。

 

ドルチェ:5種類の小さなデザート盛り合わせ

リストランテカステッロ

ちまちましていて可愛らしい、ドルチェ盛り合わせ。

一言で表すと、どれも美味しい。

 

リストランテカステッロ

味はもちろん、ドルチェは見た目が大事。色合いもバランス良くて、気分を盛り上げてくれます。

 

リストランテカステッロ

いい感じ。

 

リストランテカステッロ

食後のお飲み物は、コーヒー・紅茶・エスプレッソから選べます。

プラス300円で、アイスコーヒー・アイスティー・カプチーノへのグレードアップも可能です。

 

スポンサーリンク

カステッロのおすすめポイント

改めて「リストランテ カステッロ」のおすすめポイントをまとめると、こんな感じです。

  • ほどほどに高級でほどほどにカジュアル。緊張しないリストランテ
  • 都内ならお値段2倍はするであろう本格イタリアンを、ゆったりとした郊外の一軒家で楽しめる
  • もちろん記念日には喜ばれること間違いなし!守備範囲が広いです。

カステッロの口コミ

  • 食べログ:3.59点(レビュー143件)
  • Google:4.3点(レビュー226件)
  • トリップアドバイザー:4.0(レビュー42件)

概ね高評価ですね!

 

総括:今のカステッロは盤石のクオリティ。近くの人はぜひ!

ある時期から以前ほどの満足が得られなくなった気がして、しばらく足が遠のいていたのですが、やっぱりリストランテ カステッロは美味しい!

もしかすると、しばらくの間増築を繰り返して拡大路線をひた走っていたので、不安定な時期があったのかも知れません。今は、そんな流れからも一息ついて、安定したのではないでしょうか。

このお値段でこのクオリティは、ちょっと千葉県内だと別格なんじゃないかな。もし、カステッロ以上のお店が千葉県にあるのなら、ぜひ教えて欲しいです。

 

リストランテカステッロ

「接客がちょっと・・・」という意見も散見されますが、私は接客に問題を感じたことはありません。

これは私の憶測ですが、お客さんの求めるハードルが無意識のうちに高くなり過ぎてしまっているんじゃないかな。

郊外のお店でドレスコードもないですし、お値段も抑えてれている良心的なお店、カステッロ。そこで高級店レベルの接客を期待するのは酷かな、と。

私は、今くらいのユルさでいてくれた方が、心地良く感じますね。

(誤解のないように言っておきますが、接客悪くないですよ。そこらのお店より全然上です。)

 

土日は混んでいるので、有給休暇を取った平日にでも、フラッと夫婦やカップルで訪れてみるのもいいと思いますよ!

(^^)ではでは(^^)

 

リストランテ カステッロ/営業時間・場所など

店名リストランテ カステッロ
営業時間ランチ 11:30 〜 15:30(L.O.14:30)
ディナー 17:30 〜 22:30(L.O.21:00)
定休日水曜日
住所千葉県佐倉市臼井1567-2
TEL043-489-8951
予約可能(ランチパスタ除く)
電話受付時間 10:00 〜 22:30
クレカ利用可
タバコ完全禁煙
駐車場あり
公式HPhttps://ristorante-castello.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください