PS4コントローラー散乱問題に終止符!「DUALSHOCK®️4充電スタンド」はマジで買い!

スポンサーリンク

今回は、PS4(プレイステーション4)があるご家庭すべてに向けて、声を大にして言いたい!

コツメ
「DUALSHOCK®️4充電スタンド」を持っていない?これマジで便利ですよ!

なぜ、こんなことを言うのか。さっそく説明しますが、同じような悩みを皆さんもお持ちではないでしょうか?

 

先代のPS3からコントローラー(DUALSHOCK)がワイヤレスになったので、本体とつなぐケーブルがなくなった分だけ自由度が高くなりました。それはそれで非常に嬉しいのですが、問題は子供ですわ・・・。

何であいつらは、いくら「遊んだ後は、コントローラーを元の場所に戻せ!」と叱っても、言うことを聞かないのでしょうか?アホなの??なぜ、今日もまたコントローラーが床に転がっている???

一事が万事こんな感じなので、何とか「こちら側からコントローラーを放置しないような仕掛けを作って、子供に提示しなければ!」と考えていたのですが、その解決策として「DUALSHOCK®️4充電スタンド」を購入して使い始めたところ、効果てきめんでコントローラーが放置される回数もめっきり減りました。

PS4の純正アクセサリーにしては価格も抑え目と、買わない理由がほとんど見当たらない逸品です。

 

スポンサーリンク

定位置を示すだけで「片付けよう!」という意識が働きます。

「DUALSHOCK®️4充電スタンド」に「片付け気分を盛り上げる」ような特殊機能が備わっている訳ではありません。声を発して脅したりもしません。ただの充電機能を兼ねたスタンド(置き台)です。

しかし、「遊び終わったら、この充電スタンドにコントローラーを置くんだ」と意識付けをするのに、これ以上ふさわしいアクセサリーは他にありません。

そもそも我が家の場合、今までの状況がいけなかった。なんせコントローラーの置き場所を「原則としてTV台の上のどこか適当な場所」と非常に曖昧な形にしていたので、どうしても片付けようという意識が雑になりがちであり、また「TV台の上のどこか」に置いたとしても見栄えが良くなくて、TV台の上が雑然とした雰囲気に・・・。

結果、「片付けようが、そこら辺に放置しようが同じようなもんじゃん!」という誤った意識が子供の中で定着していたとしても、何ら不思議ではありません。

それが専用の「DUALSHOCK®️充電スタンド」を設置することでコントローラーの置き場所が明確になり、「遊び終わったら充電スタンドにに戻さないと」という意識が強く働くようになるんです。嗚呼、なぜ「DUALSHOCK®️4充電スタンド」をPS4本体と同梱してくれないのか。こんな重要なアクセサリーなのに。。。

 

PS4本体の前面USBポートを使わないで済むのでスッキリします。

現状、「DUALSHOCK®️4充電スタンド」及びこれに類似した商品を持っていない場合、コントローラーを充電する際にはPS4前面(正確には前面を向いているPS4の側面)にあるUSBポートとコントローラーをケーブルで接続する必要があります。

なぜかPS4には前面にしかUSBポートがない(新しく発売された「PS4Pro」には背面にUSBがあります)ので、そのUSBポートにケーブル(有線)を差してコントローラーに繋いで充電するしかないのですが、これがまた非常にゴチャゴチャして見栄えが悪いんです。

それがですよ、この「DUALSHOCK®️4充電スタンド」は家庭用コンセントと接続して充電するスタイルなので、PS4前面のUSBポートに繋ぐ必要がありません。私の場合は充電スタンドの側に置いてあるOAタップに繋いでいるので、見た目がとてもスッキリしました。

また、これまではPS4本体から電源の供給を受けていた(充電していた)ため、「スタンバイモードにしておかないと充電されない」など細かい制約を気にしなければなりませんでした。「DUALSHOCK®️4充電スタンド」を使うと、そんな面倒な制約を受けることもなくなります。

 

コンパクトだけど安定感のあるスタンドです。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 62ca

このようなパッケージ(箱)に入っています。

スタンドといっても余計な機能は一切ないですし、必要以上に大きく作られていないのでパッケージもかなりコンパクト。パッケージの写真のように、コントローラー2台まで同時に充電する(片付ける)ことが出来ます。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 62a6

これが、実際に我が家で使い始めた「DUALSHOCK®️4充電スタンド」の本体です。やたら埃が付いているのはご愛嬌ってことで。実はうさぎのケージが近くにあって、うさぎの毛に攻撃されていますw。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 62a4

この「DUALSHOCK®️4充電スタンド」の丸で囲った出っ張りの部分を、

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 62a5

コントローラー側の、この丸で囲った部分に差し込むという仕組みになっています。

この構造ですから、どうしてもコントローラーを「刺す」必要があるのですが、なんせ刺す穴がこんな大きさ(小さい)ですので少々慣れが必要です。

この「DUALSHOCK®️4充電スタンド」が持つ唯一の欠点はそこです。ただ、そうはいっても3〜4回も試せば慣れます。この唯一の欠点だけを持って購入見送りとするのは早計ですよ。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 62a3

2台同時に置くと、こんな見た目になります。

奥側は置きにくい・持ち上げにくいなんてこともありません。「DUALSHOCK®️4充電スタンド」は底面に滑り止めがついていて、またそこそこ重量もあるのでコントローラーを2台置いてもドッシリとした安定感があります。

そしてPS4の電源を切っていた場合でも、直接コンセントに繋いでいるので問題なく充電されることは前述の通りです。

 

ま・と・め

どうしてもゲーム機周りってゴチャゴチャしてしまうのですが「DUALSHOCK®️4充電スタンド」を使えば、取り敢えずコントローラーの置き場所が固定化されるので、コントローラーの散乱は防ぐことが出来ます。

これでお値段は定価で2,678円(税込)です。

ちなみに家電量販店やAmazonだと、もう少し安く売られています。

コントローラーの散乱に頭を悩ませているご家庭には必須のアイテムかと思いますので、宜しければ一度確認してみてください。この記事に共感して頂けたのであれば、買って損はありませんよ!

(^ ^)ではでは(^ ^)

「コツメカワウソ.com」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

ABOUTサイト運営者のご紹介

小爪 獺(こつめ かわうそ)

千葉県出身千葉県在住。家族構成は妻と子2人(娘+息子)。都内に通う普通の会社員です。

2015年12月に気の迷いで当ブログを開設。

基本スタイルは「雑記ブログ」ですので、今の自分が興味を持っていることを無選別に発信していきますが、似たようなライフスタイルを持つ方のお役に立てれば幸いです。

詳しいプロフィールを見る