お取り寄せマニアも絶賛!見波亭『南総ロール』他詰め合わせセット

こんにちは、こっつんこつめ(@naga516)です。

千葉県金谷に「見波亭」さんという有名な洋菓子店がありまして、私、そこの『南総ロール』が大好きなんです。

で、こないだ記事を寄稿して下さった「かわうそ女史さん」へ、謝礼替わりに『南総ロール』他詰め合わせセットを贈呈させて頂いたところ、今度はそちらの食レポを寄稿して頂くことに成功しました笑。

かわうそ女史さんは知る人ぞ知る「お取り寄せマニア」なので、どんなレポが上がってくるのか読むまでドキドキでしたが、結果としては狙った通りに驚いてもらいつつ、美味しく食べてもらえたようでホッとしております。

それでは「お取り寄せマニア」によるレポをどうぞ!

 

かわうそ女史さん

4649
まじで、うまうま!ありがとうございました!

何度か登場しておりますが、皆様、はじめまして。かわうそ女史と申します。

何度も申し上げておりますが、生息地は紀伊半島。これまた何度か申し上げておりますが、ここの主の古くからの友人です。

青臭いことを申し上げますが、友達っていいものですね……なぜ、このようなことを申し上げるかと言いますと、持つべきものはブログをしている友だな、と思ったからです。

 

サプライズは突然に

ある日我が家にクール宅急便が届きました。

んんんー?んんー?んー!

私の気持ちを「ん」一文字で表すとこのような感じです。
何が起きたかといいますと、ここの主から、たくさーんのスイーツ詰め合わせが届いたのです。

 

見波亭

 

 

じゃじゃーん!こんな豪華な三点セットが!ブログに記事投稿したご褒美らしいです!よっ!太っ腹!

私、コレステロールが気になるお年頃ではありますが、スイーツ大好き!おやつ大好き!

弾むようなセンテンスに、私の心の躍動を読み取っていただければ幸いです。

嬉しくて、つい、何も考えずに食卓の上に載せて、パシャパシャしたので、背景がイマイチです、すみません。

さて、中に入っていたチラシ拝読。見波亭という千葉の手作りスイーツ工房だって!むふーっ!鼻息が荒くなりますね!

でた!モンドセレクション10年連続金賞!モンドセレクションのモンドで、中村主水を思い出す私は、そう、昭和の人。

 

さて、頂いたスイーツは、

  1. バウムスティック
  2. 南総ロール
  3. フロマージュのチーズケーキ

の3つ。

全部まとめて、本当においしかった!で終わらせると、こちらの主に強烈なダメ出しを頂戴しそうなので、もう少しがんばって書いてみます。

 

スポンサーリンク

バウムスティックの巻

キャンディっぽい包みのこちら、バウムスティックというもの。
何て言いますか、キャンディっぽい、くるくる包み。「私って、案外女子力高い」と錯覚を覚えた、ラブリーさがありますね。

中の包みがかわいいから、こんなスケルトンの箱なのね……なるほど……(かってに推測)

ん?パッケージのシール、かわいい!牛、搾乳されてる(笑)

では……実食!

バウムクーヘンにクリームチーズを挟んでいます。

しっとりしたバウムクーヘンに、あっさりめのクリームチーズ。このコンビネーション、パクパクいけますやん!

まさに、バームクーヘン界の水谷豊と反町隆史や~

と、調子にのってしまいましたが、スティック状なので、ナイフでカットして、お皿出して、なんて、堅苦しさもなし、なところがいい意味で敷居が低い!

今回は完全に解凍した状態で頂いたので、バームクーヘンの部分がフワフワでした。解凍時間を短くして、少しシャリシャリした状態でも食べてみたいと思います。

注意
こつめ注:何故かバウムスティックの写真が送られて来なかったので、文章のみでのご紹介となっております。
想像力を鍛えるのに宜しいかと存じます。

 

スポンサーリンク

フロマージュチーズケーキの巻

黄色いボックスが印象的なこちら。んー、塊のチーズをモチーフにしたパッケージなんですね。
ちょっぴりクラフトっぽい箱で、親しみのある可愛さ。

こういうものって、パッケージもすごく重要だと思います。白箱だったら、こんなにワクワクしませんもの。

さて、こつめさんにならって、開封の儀を行いましょう!

 

見波亭

けっこう厚みのある箱ですね。ふむふむ。貼ってるシールも、この商品のオリジナルですね、すごーい!ブランド戦略がしっかりしてるんですね。

 

見波亭

いざ、開封。きゅんきゅんきますね!薄い紙にケーキをくるんでますが、チーズっぽい演出。真ん中のシールも、期待を裏切らないですね。
この紙、なんていう紙なんでしょう。「お菓子包む薄い紙」でぐぐってきたら、薄葉紙とでてきました。これ、ビニールだったら、ちょっと興ざめ。ここまで、時間をかけて書かないです。

紙でいい。紙がいい。み○を

では、ここで、グラビアコーナーです。

 

見波亭

ご覧ください。汚れなき、そのビジュアル。清純なカラー。余談ですが、仕事のすごく大事な場面で、エコをエロと言い間違えて、赤っ恥をかいたことがあります。

と、ふざけるのは、そこそこにして、ケーキ本体のナチュラルなカラーを見ていると、やっぱり、このパッケージはこの黄色なんだろうな、と思います。赤でもなく、緑でもなく、オレンジ寄りの黄色。

 

見波亭

箱は二重底です。

コツメさんがしのばせた小判!と思いきや、保冷剤でした。
うまく作ってますよね。予算の問題とかいろいろあって、一概にそうだとは言い切れませんが、凝ったパッケージに駄作なし、です。作り手の心意気というかなんというか。しっかりしたコンセプトのもとで作られてるんだなーと思ってしまいます。

 

見波亭

では、入刀いたします。一切れをお皿に、と。

 

見波亭

いざ、実食。

ふわっとした食感で、クリーミー。土台はバームクーヘンだって!上にもバームクーヘンを粉にしたものをのせてるんだって!

なんていうか……端から端までとにかく優しい。
これは、まさに、チーズケーキ界のフグ田マスオや~(アニメ 優しいキャラでググったら、マスオさんがでてきたので)

こんな感じでしょうか?奇をてらった味ではありません。でも、何度も食べたくなるような、そんな味です。

いつもコツメさんのブログの食レポをみてて、なんとも分かったような分からないような書き方するな、と思っていたのですが、理解しました。

食レポ、すんごい難しい。しかし、私の食レポはあと一回続きます。

 

おまけ


愛用の湯飲み

 

スポンサーリンク

『南総ロールいちご』の巻

ついにメインディッシュに到着しました。

おそらく、というか、絶対にこのブログの主が私に紹介したかったのは、こちら!南総ロールです。

 

見波亭

じゃじゃーん!
こちらが、南総ロールのパッケージです。

いちご色した格子柄。余談ですが私の洋服箪笥の中は、ギンガムチェックが多いです。2020にインスパイアされた訳ではありません。

 

見波亭

ロゴもかわゆいですね。フォントがよいです。渦巻きの部分は、まぁまぁ想定内。
ロゴ下の英文と、横のフランス語のコピーはご愛敬といったところでしょうか?

こういうものって、パッケージが大切だとと思います。購入→開封→食べる、という行為の中で、パッケージに触れてドキドキワクワクしてる時間、意外に長いです。

どんなイケメンでも裸だと見てられないし、着てるものがイマイチだったら、魅力減ですよね。イケメンが好きなファッションしてたらヌォーとテンションアップが著しいものです。大げさですが、それと同じ感覚です、私にとって……はい……

では、中身を拝見、開封の儀へ。

 

見波亭

長さは、30センチぐらいあります。長ーい!直径は、頑張れば恵方巻的な頬張り方ができそうです。

 

見波亭
断面を見ていると……ふむふむ
バームクーヘンの生地に、イチゴのクリームね。事前の情報で、イチゴのバタークリームであることは知っています。

もともと、「え?バタークリーム?」と少し気構えていたことも事実です。

では、いざ、実食!

 

見波亭

これ、すごくね?バタークリームでしょ?バタークリームて、こんなにふわっとして、さらっとして、おいしかったっけ?

あっさりして、パクパクいける!なんじゃ、こりゃー。

子どものころ食べたバタークリームは、脂っこくて胸焼けするものの代表格。すっきり爽やかな思い出がありません。

そんな疑心暗鬼の中、いただいた南総ロールは、私のバタークリームへの概念を覆すには十分すぎるほどのインパクトです。いやー、これはおいしいわ。

ちなみに、バームクーヘンとクリームの境界に、イチゴのジャムぬってるやんー。細やかな心遣いが、にくいね、このっ!

正直に申し上げましょう。これは、リピしてもいいかも、と思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、3つ頂いたなかで、僭越ながらお気に入りのランキングをつけてみました。

 

  1. 南総ローソン(こつめ注:原文のままです。多分わざと書いたと思うので。)
    ・クリームがおいしい!
  2. フロマージュチーズケーキ
    ・パッケージが好き
  3. バウムスティック
    ・あっさり頂ける

こんな感じとなっています。
紀伊半島に住む私が房総半島に行く機会があれば、ぜひ、お店にいってみたいものです。

長い間、お付き合いいただき、ありがとうございました。

それでは、炊飯器!
まちがえた、じゃあ!

 

こっつんこつめより

かわうそ女史さん、ありがとうございました。

以前、ごっつい一眼レフを仕事用でバリバリ使っていたはずなので、写真にもうちょっと力を入れてもらえると嬉しいですねー。

 

『見波亭』アクセス・概要など

 

項目内容
店名見波亭
営業時間9:30 〜 18:00
定休日なし(年中無休)
住所千葉県富津市金谷2288 ザ・フィッシュ内
TEL0439-69-8373
URLhttp://www.minamitei.jp

 

 

 

実は、過去記事もあります。

バウムクーヘンで出来たロールケーキ「南総ロール苺味」が超絶美味しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください