「印度じゃないよ、印西市」レトルトカレーを食べてみた!案外旨いぞ!!

2018年に作成・公開された印西市のPRムービー「印度じゃないよ、印西市」

1年前のことではありますが、ご覧になった方も多かったのではないでしょうか?

もし「まだ観てないよ」という方がいらっしゃいましたら、ここにリンクを貼っておきますので、とりあえず観てみて下さい。

正直なところ、個人的には「税金使ってまで市がPRムービーなんて作る必要ある?」という考えなんですけどね。

ただ完成したPRムービーは、自治体のものにしては振り切れた内容で、“第8回観光映像大賞(観光庁長官賞)”のファイナリストに選出されたようなので、成功だったんじゃないでしょうか。

 

さて、それから1年後となる2019年、印西市がまた動きました!

PRムービーの続編(とオフィシャルには言われていないようですが)として、「印度じゃないよ、印西市」レトルトカレーを作ってしまいました‼︎

いいですね。好きです、こういうノリ。(どっちやねん)

2019年10月5日に開催された「いんざいふるさとまつり」にて、1000個限定で販売されたので、さっそく購入し実食しました。

さてさて、「“印度じゃないよ、印西市”レトルトカレー」がどんなものなのか、さっそく見ていきましょう!

 

「印度じゃないよ、印西市」レトルトカレー、1個300円

まずは気になるお値段から。1個300円(税込)です。

高いですか?

けど、無印良品のキーマカレーが319円(税込)ですし、スーパーマーケットに並んでいるレトルトカレーを見ても、300円は決して高価格帯の部類には入りません。

1000個限定販売にしては、相当頑張ったお値段になっているのではないでしょうか。たぶん赤字覚悟かと。

 

スポンサーリンク

2019年10月5日「いんざいふるさとまつり会場」での限定販売

実は、この記事を書いている時点で、すでに販売終了となってしまいました。

ただ、これはあくまで個人的推測になりますが、再販あると思います!

恐らく、最初は1000個限定としたのは、売上状況や評判から今後の展開を考えよう、ということでしょう。

で、気になる売行きですが、まずは目標とされていたであろう「1000個完売」は無事達成されました。

再販への大きな手応えを感じますね。

 

告知されていた通り、「いんざいふるさとまつりの印西市ブース」の目玉商品として販売されていました。

呼び込みも熱心でしたし、印西市の熱い意気込みを感じずにはいられません。

この企画実現のために、きっと多くの壁を乗り越えて、ここまで持ってきたのでしょう。
市ですからね、大変だったんじゃないかな。

 

季節外れの暑さに負けて早々に退散させてもらいましたが、2019年のいんざいふるさとまつり、盛り上がっていました。

 

スポンサーリンク

「印度じゃないよ、印西市レトルトカレー」現物チェック

1000個限定で1人2個までということで、購入数を1個にすべきか、それとも2個行っとくかで迷いましたが、行列ができている訳でもなかったので、2個購入させて頂きました。

 

パッケージはこんな感じで、一目でインドレストランを連想させられます、このデザイン。

絶妙なおふざけ感じゃないですか。「印西市」の看板がしっかり目立っていて、否応無しに印西市をアピールしてきます。

 

背表紙(でいいのか?)部分も一切手抜きなし!

「MAKE INZAI ORIGINAL(メイク インザイ オリジナル)」プロジェクトサイトによると、パッケージデザインは印西市出身のCMディレクターである香取徹氏が手掛けたとの事。

やはり印西出身者で固めると、熱量も上がりますね!

 

忘れていましたが、カレーの種類としては「チキンキーマカレー」です。

国産鷄を使用、化学調味料は無添加と、体への気遣いもされた商品です。文句ありませんね。

 

ごく一般的なレトルトカレーパックに入っていますので、湯煎しましょう。

 

お待たせしました!

ご飯と共に「印度じゃないよ、印西市キーマカレー」を盛り付けたところです。

トロミのある洋風カレーではありません。かなり汁っ気のあるインド風カレーに仕上がっています。

 

キーマカレーということで、具材はこんな感じです。

香りを確認すると、想像以上にスパイシー!

「ネタ商品かも」と少しは覚悟していましたが、この香りは単なるネタ商品で出せるものではない。

 

食べます。

一口目は「ん、ちょっと甘い?」と感じましたが、食べ進めるに従って口内に広がるスパイス感。

確かに甘さもあるけど、スパイスが効いているので決して甘口カレーではありません。

 

先程ご紹介したプロジェクトサイトには「辛さも甘口から中辛の間くらいで、お子様や刺激の強いものが苦手な方も安心して食べられる」と書かれていますが、これお子様には辛すぎるかも。

もっと甘口寄りかと思っていましたが、これなら大人でも物足りなさはなさそうです。

(辛口好きはさておき。。。)

 

ここまでスパイス効かせるのなら、お子様を含めた万人向けにするのは諦めて、もっと辛くしても良かったのでは?と思わなくもないけど、

けどけど、これはこれでベストな辛さだと思います。

印西市のカレーとして売り出す訳ですから、辛さ調整にも相当悩んだんじゃないかな、これ。

 

スポンサーリンク

総括:美味しいから再販イケるんじゃないですか!

美味しかったです、「印度じゃないよ、印西市」レトルトカレー。想像していたよりも美味しかった。

レトルトカレーなら日持ちするのでお店に置きやすいですし、箱のパッケージは目立つので、印西市をアピールするのにもってこいの商品ではないでしょうか。

お土産や贈答用を想定して作られたんじゃないかと思いますが、自分で買って食べても良いくらい美味しいので、印西市民の方は再販されたら一度食べてみてください。

あ、インドカレーが嫌いな人は受け付けないかも知れませんし、味の好みは人それぞれなので、その点は予めご了承を。

(^^)ではでは(^^)