【グレゴリー/アサルト3WAY レビュー】ノマド・通学に使えるタフ&高機能バッグ

「MacBook Pro」の持ち運びに良さげなバッグが欲しくて、しばらく探していたのですが、ようやく自分好みなノマドにも使えそうなバッグを見つけました。

 

そ・れ・が!
GREGORY(グレゴリー)の3wayバッグ『アサルト3WAY』です。

 

このバッグは機能面に優れているのはもちろんのこと、とにかくカッコイイ!
変にビジネス寄りでもなく且つカジュアル過ぎもしない、その絶妙なデザインを見て下さい。

見た目が良くて、ノートPCなどの荷物もスッキリ収められるバッグなので、ノマドワーカーや大学生には最適ではないでしょうか。

かれこれ半年以上使ってきましたので、これまでの使用実例を踏まえながら『グレゴリー/アサルト3WAY』をレビューしていきます。

 

こっつんこつめ

3ウェイバッグといえば「グレゴリー」でしょ!

(20年以上前)大学生時代に使っていたグレゴリーの3ウェイバッグが懐かしい。

 

GREGORY(グレゴリー)
¥22,385 (2018/09/19 08:20:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

グレゴリー/アサルト3WAYの概要

グレゴリーは、アウトドア用のバックパック専門メーカーとして、1977年に設立されました。

創始者のウェイン・グレゴリーは、今のグレゴリー設立以前からバックパックやアウトドア・ギアを作り続けてきた生粋のこだわり職人。

やっぱりね、人並み外れまくったレベルでモノづくりに没頭してきた人が生み出すモノって、魅力が半端ないんですよね。

ウェイン(・グレゴリー)は、バックパックビジネスにおいてフィッティングが何にも勝り重要な物と確信していました。

グレゴリー社の革新的なアイデア、人間工学に基づいたデザイン、最高品質へのこだわり・・・。その情熱は冷める事なく、今日に至るまで最新のパック開発に反映されています。

快適な背負い心地、フィット感、耐久性、機能性を常に追求し、進化を与え続け、それを背負う皆を驚かせ続けています。

〜公式サイトより一部引用〜

 

今ではバックパックのみならず、ビジネスバックにまで進出しているグレゴリー。

本記事でご紹介する『アサルト3WAY』は、かつてグレゴリーが米軍特殊部隊用に開発、設計を請け負った”スピアモジュラパックシステム”をベースとした、「スピア」シリーズにカテゴライズされています。

軍用の規格を満たしている=耐久性能に優れているのは間違いのないところでしょう。

 

メインコンパートメントとPC用コンパートメントには、「止水ジップ」が採用されているので、雨の日に剥き出しで自転車やバイクに乗っても浸水しません。

これなら、ノートPCを持ち運ぶのにも安心です。

 

スポンサーリンク

あらゆるシーンに対応する3WAYスタイル

3WAYというくらいですから、『グレゴリー/アサルト3WAY』は”3通りの使い方”に対応しています。

  • バックパック
  • ショルダー
  • ブリーフケース

ただ、3WAYを名乗るバッグは数あれど、3通りの使い方どれでも万能にこなす3ウェイバッグというのは、意外と希少だったりします。

最近はバックパックスタイルで使用するビジネスマンが増えたので、以前ほどではありませんが、ビジネス向けの3WAYだとリュックストラップが貧弱な3WAYバッグを結構目にします。

『グレゴリー/ アサルト3WAY』は、リュックストラップが強固に作られており、またクッション性にも優れているので、「バックパック」スタイルでの使用に全く問題ありません。

 

突然ですが、これ、モデルは私です!

この時は旅行中だったので、中にパソコン(MacBook Pro13inch)やカメラの他、一泊二日のお出掛けセットをぶち込んでいますが、型崩れはほとんど見られません。

 

持ち手は無骨な作りをしていますが、頑丈さには文句のつけようがありません。

持ち手が「革」で作られている製品も多いですが、耐久性能の面で言えば明らかにナイロンの方が上です。

(革の方が高級感はありますけどね。)

 

こちらは、付属のショルダーストラップです。ショルダータイプで使用する際には、このストラップを本体に接続します。

こちらのショルダーストラップですが、肩に当たる部分のクッション性が高く、さすがはフィット感を重視しているグレゴリー。一切の妥協はありません。

私の場合、普段はバックパックスタイルで使っているので、ショルダーストラップはを取り外して家に保管しています。

ただ、クッション性が高い本格派の割にはコンパクトなので、普段使わなくてもバッグの中に放り込んでおくと何かの時、役に立つかも知れません。

GREGORY(グレゴリー)
¥22,385 (2018/09/19 08:20:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

スクエア型が、通学・ノマドワーカーに最適

バッグには実に様々な形状のものがありますが、ノートPCや書籍・ノート類を収納するのに最適なのは、やはりスクエア型だと思います。

今やノマドワーカー(私のようなブロガー含む)には必須のノートPCも、スクエア形状ならピッタリと収まるので、バッグの中で泳いでしまうこともありません。

書籍やノート類も大抵はスクエア形状をしてますから、スクエア型の3WAYバッグとの相性もピッタリです。

 

ちょっと唐突でしたが、左が『グレゴリー/アサルト3WAY』で、右は普段このバッグに収納している中身です。

 

「MacBook Pro (13inch)」もPCコンパートメント部にスッキリ収まります。

「バッグの中身」の中身については、せっかくなので詳細を別記事でご紹介します(今後、執筆予定)。

 

『グレゴリー/アサルト3WAY』のデザインでとにかく目を惹くのは、この「MOLLE(モール)」と呼ばれる帯のようなものが縫い付けられている部分でしょう。

このデザインでなければ、一見すると普通のビジネスバッグのように見えてしまうところを、「MOLLE」のおかげでカジュアル感が出て、とてもいい感じです。

 

ただ、服装なども自由度の高い職場(会社)なら問題ないでしょうが、基本スーツの職場だとカジュアル過ぎる雰囲気になってしまうかも知れません。
(なので、敢えて「ノマド・大学生に最適」と、「ビジネス」の文字は省いています。)

 

先ほどと同じ場所からこんにちは。

全身を収めるとこんな感じです(身長は174cmくらい)。この時はかなりモノを詰め込んだので、パンパンに近い状態ですね。

なお余談ですが、土足厳禁且つスリッパのないホテル内で撮影させてもらったので、靴は履いておりません。
床暖房でポカポカなんです。

 

スポンサーリンク

小物入れも豊富で収納力あり!

先ほど、ノートPC用のコンパートメントをご紹介しましたが、『グレゴリー/アサルト3WAY』は3つのコンパートメントに分かれています。

  • メインコンパートメント(ジップ付きメッシュポケット×2、マルチスリーブ)
  • PCコンパートメント
  • フロントジップポケット(オーガナイザー付き)

 

ほぼフルオープン可能なメインコンパートメント

ご覧の通り、メインコンパートメントはほぼフルオープンにすることが出来ます。

私は、あまりフルオープンさせることはないのですが、中身を俯瞰したいときには便利ですね。

 

これくらいの荷物を入れても、まだまだ余裕があります。

  • X100F(デジカメ)ポーチ入り
  • メガネケース
  • 財布
  • 小銭入れ
  • MacBook Pro アダプター
  • モバイルバッテリー

 

小物の収納に長けたオーガナイザー

外側の収納はマチがほとんどないのですが、その代わりにオーガナイザーとしての機能が充実しています。

ペンやスマホ用収納の他、細々した小物を入れておけるジップ付きポケットなどなど、使い勝手がいいです。

 

せっかく収納が充実しているのに、私はいつも無造作にケーブル類を放り込んでいます。

こんなアバウトな使い方でも、全然オッケーです。

 

クッション性のあるPCコンパートメント

PCやタブレットを収納出来るコンパートメントです。

クッション性もそこそこあるので、専用ケースを使わずに剥き出しで放り込んでも大丈夫そうな作りをしています。

 

私は、念のために専用ケースに入れて持ち運ぶことがほとんどです。

GREGORY(グレゴリー)
¥22,385 (2018/09/19 08:20:26時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

4色展開。ブラックなら「バリスティックナイロン」で強度UP!

『グレゴリー/アサルト3WAY』は、現時点(2018/9)で4色展開されています。

  • HDナイロン(ブラック):1680Dバリスティックナイロン
  • コヨーテブラウン:500D コーデュラナイロン
  • デジタルカモ:1000Dナイロン
  • 3デイカモ:500D コーデュラナイロン

この中で、「デジタルカモ」は公式サイトのリストから外れてしまったので、生産終了かも知れません。

しかし、同じ製品なのにカラーによって素材が微妙に違うところが面白いですよね。

中でも、私の持っているブラックタイプ(HDナイロン)は、「1680 Denier Ballistic Nylon(バリスティックナイロン)」という極めて強度の高い素材が使われています。

色は好みで選べば良いかと思いますが、耐久性能にとことんこだわるのであればバリスティックナイロンを使用している「HDナイロン(ブラック)」カラーが良いのではないでしょうか。

もれなく私とお揃いになれる特典付きです!

 

『グレゴリー/アサルト3WAY』総括

『グレゴリー/アサルト3WAY』は、止水ジップや強固なナイロンの使用で耐久性に優れているのはもちろんの事、PCコンパートメントやオーガナイザー類も充実しています。

これって、私のような休日限定ノマドワーカーはもちろん大学生や高校生の通学用にも最適ではないでしょうか。
雨にめっぽう強いので、中身が濡れる心配もないですよ。

 

「MOLLE(モール)」システムの採用により、見た目的にビジネスマンが仕事で使うにはちょっと厳しいかも知れませんが、フリーランスの人や私のような休日限定なら、このカジュアル感が逆にビジネスっぽさが抜けていて普段使いしやすいです。

繰り返しになりますが、やっぱりグレゴリーは良いですよ!

(^^)ではでは(^^)

こっつんこつめ

3WAYのスクエア形状は、ノートPCにもマッチするから好き。

タフな場面はグレゴリー使うとして、それとは別に革製のオシャレなやつも欲しいかも・・・。

 

MEMO

グレゴリー製品は、実際の店舗よりもAmazonの方が安くなることがあるので、お値段は要チェックです!

(グレゴリー製品は、実店舗で値下げ販売される事はほとんどありません。Amazonは色々やっています。)

GREGORY(グレゴリー)
¥22,385 (2018/09/19 08:20:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください