電車通勤歴20年の私が出会った最高のビジネスバッグ(カバン)『PORTER CLOVE(3WAY)』。1年間使い倒しレビュー!

皆さん、こんにちは。今日も楽しく電車通勤してます、コツメです!

今から約1年前(2016年9月)にビジネスバッグを新調したんですけどね。約1年間使ってみた結果、「こいつはダントツで過去最高!」と言いふらさずにはいられない程に気に入ってしまいました!

 

皆さんもビジネスバッグ選びには、毎回悩んでませんか?

私も毎回「今度こそは、長く使える理想的なヤツを探すぞ!」と意気込んで探すのですが、結局ある程度のところで妥協してしまい、結果として1〜2年くらいで新しいのが欲しくなるという悪循環・・・。

そんな私が遂に手に入れた、理想的なビジネスバッグ。それがポーターの『PORTER CLOVE 3WAY BRIEF CASE』っていう商品ですっ!

今回は、この『PORTER CLOVE 3WAY BRIEF CASE』と、私物であるバッグの中身の一部を、写真を交えながら皆さんにご紹介しようと思います。けど、ビジネスバッグとその中身って、かなーり身近な持ち物なので正直「身バレ」しないか心配です(笑)。

それでも「ここまで気に入ったモノがあるのなら紹介する」それがブロガーとしての使命!だと思いますので、もう身バレ覚悟でいってみます!!

 

自分の希望がすべて詰まったビジネスバッグだった!

ところで、皆さんにとっての「自分の希望がすべて詰まったビジネスバッグ」って、どんな感じになりますか?

私は電車通勤(片道1時間30分以上!)ですが、徒歩や自転車、クルマと通勤手段も人によって様々。もちろん職業やライフスタイルによって、バッグに入れるものだって千差万別でしょう。

いくら私が「『PORTER CLOVE 3WAY BRIEF CASE』は最高のビジネスバッグだー!」と主張したところで、通勤スタイルや持ち物が違えば、評価も全然違ったものになるかも知れませんよね。

なので、まずは「私がビジネスバッグに求めるものは何か」をリストアップしてみます。

私がビジネスバッグに求めるものと皆さんの求めるもので、もし近いものがあれば、今回の記事はかなり参考になるんじゃないですかね!

 

「私がビジネスバッグに求めるもの」

  1. なるべく軽いのがいい(肩が凝るし疲れるから)
  2. 派手すぎないデザインと色
  3. あまり安っぽいのはイヤ
  4. パソコンなどモノを結構入れるので、収納は充実していて欲しい
  5. 壊れにくい、型崩れしにくい
  6. アホみたいに値段が高すぎない

 

それではリストアップした内容を、一つ一つ掘り下げてみましょう。

 

スポンサーリンク

1.『PORTER CLOVE』(ポーター クローヴ)は軽い!

私ね、電車通勤なんです。ちょうど今年で電車通勤歴20年になりました。

しかも引っ越しや転勤も何度か経験していますけど、一貫して通勤時間は片道1時間30分以上!これって、もう「電車通勤のスペシャリスト」を名乗ってもいいレベルだと思います。

さて、そんな「電車通勤のスペシャリスト」的には、ビジネスバッグで最も重要視しなければならないのが「バッグの重量」。

重いと死ぬでしょ?

座れればいいけど、通勤電車なんて座れない人の方が多いですから、立つ機会の方が多いはず。場合によっては電車内が混み過ぎてて、『網棚』にバッグを載せられないことすらあったりして。

例えば革のカバンとか高級感はあるけど、その代わり「有り得ない重さ」ですから。

やっぱり軽いのは正義です!

『PORTER CLOVE 3WAY BRIEF CASE』は、重量1480g。サイズと見た目の割には軽量です。私は、手にした瞬間「おぉ〜、これ軽いじゃんっ!」と思わず驚きの言葉を発しちゃいました。

軽量で摩擦強度に優れた『コーデュラ®︎ポリエステルリップストップ生地』が使われているので、これが軽量化に大きく貢献しているようです。

 

スポンサーリンク

2.『PORTER CLOVE』は「黒一色」。けど、そこがイイ!

私ね、最近まで「みんなが持ってるビジネスバッグって、なんか黒ばっかりじゃん。地味すぎない?」って勝手に思っていて、しばらく黒いビジネスバッグを敬遠してました。

で、どんな色のを買っていたのかと言うと、紺とかグリーンとか。形や装飾もちょっとだけ凝ってたりするヤツ。

こういう黒以外のビジネスバッグだと、確かに他の人との差別化を計りやすいのだけど、結局、服装がフツーのサラリーマン風だとバッグの方が浮いた感じになっちゃうんですよね。目立つけどコーディネートが難しい。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7086

『PORTER CLOVE』は黒だし、デザインも遠目にはフツーのビジネスバッグなんですが、どんな服装にも合わせやすい万能選手!

そして使っているうちに馴染んでくるので「お前はフツーなんかじゃない!唯一無二の素晴らしいビジネスバッグだ!」と褒めたくなっちゃいます。

 

スポンサーリンク

3.『PORTER CLOVE』はフツーだけど安っぽくない!

もしかすると『PORTER CLOVE』と初めて対面した時は、「なんかフツー」と思うかも。

けど、『PORTER CLOVE』をじっくりと観察したあとで、改めてビジネスバッグ売り場に足を運んでみると、これまでの景色が一変していることに気付くはずです。

どれもこれも同じようにしか見えていなかった『黒いビジネスバッグ」も、よーく見ると安っぽいのから高級感を醸し出しているものまで、実に様々。

で、『PORTER CLOVE』はと言うと、やっぱり細部までこだわりが詰まっていて、他の黒いビジネスバッグと比べれば高級感アリアリ!まぁ「高級感アリアリ」は大袈裟かも知れませんが、安っぽい感じは全然ないです。

Thumb DSC 2486 1024

例えば、これショルダーストラップの接続部分なんですけど、もちろん金属で『黒ニッケルメッキ加工』がされてます。

『PORTER CLOVE』は、見たところプラスチック部品が全然使われていません。これ、凄くないですか?フツーのバッグはプラ部品だらけですよ。

後述しますけど、このプラじゃなくて金属っていう点も、購買意欲を大きくそそられた点の一つです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7097

もう一つ「こだわりを感じる部分」の例を出します。

ファスナーの引手部分がかなり特殊なんですけど、この画像で気付きましたか?

フツーのファスナーの引手って、プラプラしてません?重力に逆らうことなく、地面に向かって垂れ下がってて、歩くとプーラプラ、プーラプラとだらしなく揺れてますよね。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7098

見てください!このファスナー、重力に完全に逆らって水平方向を向いていますよね!!

もう完全にプラプラしないんですよ、これ!

実は『セミオートマチックロックスライダー』という仰々しい名称が付いてまして、引手を倒すと「パチッ」って感触が手に伝わってくるんだけど、それでロックが掛かる感じ。

もうね、これに慣れちゃうと他人のファスナーが「プーラプラ、プーラプラ」しているのを見ると、ホント申し訳ないんだけど「ダッサ(笑)」って感じ。

皆さんも身近にあるファスナーを、ちょっと見てみて!たぶんダサいヤツだから。

それから、ファスナー引手に刻まれているロゴは、全て『YKK』じゃなくて『PORTER』です。

まぁ、誰もそこまで見ないと思いますけど、『YKK』よりは『PORTER』の方が少し嬉しくないですか?細部までこだわっている感じが伝わってきますよね。

 

スポンサーリンク

4.『PORTER CLOVE』は収納力抜群!

このバッグの素晴らしいところはまだまだあります!とにかく収納力がハンパない!!

個人的な見解ですけど、ビジネスバッグの定番『TUMI』と比べても引けを取らない収納性能だと思います。

まず、今ドキのビジネスバッグなら絶対外せない『パソコン収納機能』は備わっていて当然。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 708c

この背面側にある『サブルーム』がパソコン収納にピッタリ。

『MacBook Proの13inch(画像のもの)』なら、全然余裕で入ります。15インチでも問題なし。

私はMacBook Proをケースに入れてますけど、この『サブルーム』はクッション性も十分なので、パソコン剥き出しでもイケるはず。「心配なら念のためケースに入れとけば?」くらいの感じです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7091

なんか分かりにくくて申し訳ないです。

『メインルーム』は、マチも十分なので厚みのあるものでも収まります。折り畳み傘とか500mペットボトルくらいなら収納可能。

さらに伸縮性のあるポケットも複数付いているので、私はここにスマホや社員証の他、キーホルダーや万年筆まで入れちゃってます。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7092

これでも「まだまだポケットが足りない!」という人は、『バッグ IN バッグ』を使うのもアリです。

私は、こちらのコクヨの『バッグ IN バッグ』を使っていますが、元々『PORTER CLOVE』自体の収納力が高いので、『バッグ IN  バッグ』はちょっと持て余し気味。

アマゾンプライムデーに衝動買いしたお買い得商品だったので、後悔はありません。使い勝手は良い商品です。

『PORTER CLOVE』は、ワイシャツや下着なども1日分なら収納できちゃいます。

私は、このバッグ1つで1泊の出張に出かけることもあります。(ただ、お土産とか買っちゃうとさすがに入りきらないので、キャリーバッグを使うことの方が多いですけど。)

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7097

そして『PORTER CLOVE』最大の特徴が、前面にある立体的なフロントポケット。

これがまた使い勝手バツグンでして・・・。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 709a

一番大きなポケットには、『ジブン手帳』と『ペンケース』を収納しています。

これ、どっちもそこそこの厚みがあるんですけど、1つのフロントポケットに収まっちゃうんですよ!

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 709b

「これでもかっ!」てくらいに、ポケットの中まで仕切られているので、さらには新幹線のチケットなんかも入れてたりします。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 70a4

UNADJUSTEDNONRAW thumb 70a5

参考までに、iPad(9.7インチ)も楽々収納できちゃいます!

さすがに『ジブン手帳』は取り出しましたが、『ペンケース』はそのままでも全然余裕。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7094

続いて2番目のフロントポケットですが、ここも結構な収納力があります。

私は二つ折りの財布を入れていますが、長財布でも極端に大きなものでなければ入っちゃうと思います。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7095

ちなみに、こちらの本は私のブログを読みにきて下さった方々を手玉に取ろうとして(ウソ)、買った本なんですが・・・(iPhoneは大きさ比較用に置いているだけです)。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7096

2番目のポケットにも関わらず、すっぽりと収まってしまいました。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7098

3番目のフロントポケットには、控えめな『PORTER』のネームタグが!

分かります?これ刺繍なんですよ。数ある『PORTER』ブランドのバッグの中でも、ネームタグが刺繍になっているものを、私は他に知りません。

もし

ひよこたん

PORTER製品って、ネームタグの押し出し感がウザい

と感じている人がいたなら、あなたにこそ『PORTER CLOVE』をオススメします。

「よく見たらPORTERだったんだぁ」くらいの控えめなネームタグなので、『大人のPORTERニスト』(そんな呼び方があるのか知らんけど)を演出できます。

あ、でこの3番目のフロントポケットなんですが、『PORTER CLOVE』の中で唯一、使い方が難しいポケットです。大きさが中途半端なので、何を入れたらいいのか本当に悩みました。

私の出した答えは、

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7099

「取り敢えずティッシュ類をギチギチに詰め込んで、型崩れ防止対策を施す」というもの。

こんな感じで、3番目のポケットは全然活用できていません。ティッシュを詰めていたことすら、この記事を書くまで忘れていました(笑)。皆さんの創造力で、ぜひこちらのポケットを活用して欲しいものです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 708d

これも分かり難くてすみませんね。『サブルーム』のさらに背面側に、小さめのポケットが付いています。

この存在がまた便利でして、私はもっぱらパスケースの定位置として使っています。落としたら困るので、ちゃんとファスナーが付いているところもGOOD!ですし、場所的にもサッと取り出せる場所にあるので出し入れの多い定期券に最適じゃないかと!

ここをパスケース用にしようと考えた自分ってエラい!!

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 708f

もちろん『iPhone6』くらいなら余裕を持って収納できるので、スマホスペースにするのもいいかも知れないですね。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7088

ちなみに、これは真上から見たところです。

おさらいすると、左側(フロント側)から『前面ポケット(計3つ)』、『メインルーム』、『サブルーム』、『パスケースなど入れる場所』と並んでおります。

この写真は、普段の荷物をフツーに入れた状態で撮ったのですが、バッグのシルエットも悪くないです。

キャリーケースにも対応しているので、キャリーケースのハンドル部分に『PORTER CLOVE』を通せば、安定した状態でキャリーケースに載せることもできちゃいます!

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 68b7

これ、肝心のバッグがほとんど写っていませんが、間違いなく『551蓬莱の豚まん』の下にあるのは、キャリーケースの上に固定した『PORTER CLOVE』です。

新幹線などで良く見かけますよね、キャリーケースの上にビジネスバッグを乗せている(連結させている)人。『PORTER CLOVE』ならアレが出来ちゃいます!

便利ですよ、この機能。

 

5.壊れにくくて、型崩れしない

1年使ってみて、一番驚いたのが「メッチャ耐久性が高い」ところ。

 

Thumb DSC 2440 1024

これ、買った直後(未使用)に撮ったものです。

 

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7097

で、こちらが先ほど撮ったものです。

ほとんどヘタッた感ないでしょ?

『PORTER CLOVE』は、軽量で摩擦強度に優れた『コーデュラ®︎ポリエステルリップストップ生地』が使われていて、この「摩耗強度に優れている」という点が、ヘタり感を出さないキモなのかも知れません。

バッグも長く使っていると、端っこの方から削れていって繊維がフワフワっと出てきてしまったり、毛玉みたいなのが出来ちゃったりするものだけど、『PORTER CLOVE』はそうなる予感が全くしません!

あと、『PORTER CLOVE』は3WAYなんですけど、メイン用途はやっぱりショルダーなんですね。で、ショルダーバッグって中心あたりに折れ目が付いて、『くの字』に曲がってしまいがちですよね?(表現下手ですみません。)

また引き合いに出してしまって恐縮なんですが、巷で見かける『TUMI』のバッグって、メッチャ型崩れしていてません?『くの字』を超えて『U字』になりそうな勢いのものすら見かけます。

ショルダーバッグって『くの字』に折れるのが宿命なのかと思っていたのですが、『PORTER CLOVE』は軽量なので決してカッチリしている訳でもないのに、なぜか『くの字』になりません。

どういうメカニズムか分からないのだけど、凄いことだと思います。

あと、ショルダーバッグを使っていると、2〜3年くらいでショルダーストラップとバッグのつなぎ目部分がダメになっちゃったこと、ありませんか?

プラスチック部品が使われていた場合は割れてしまったり、つなぎ目部分の布(革)が切れてしまったりとか。私は過去に何度も、この部分が壊れたためにバッグを買い換えています。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 70ae

先ほども見せましたけど、『PORTER CLOVE』の接続部品は金属。金属なんです!

この部分に、プラスチック部品を使っているショルダーバッグが、世の中にどれだけ多いことか!プラはね、私の経験上から言わせてもらうと全くダメです。この部分がプラで出来ているバッグは、長く使おうと思わない方がいいです、マジで。

そして『PORTER CLOVE』は、ショルダーストラップとバッグ本体のつなぎ目部分が、メチャメチャ頑丈に作られています。

これなら、まず荷重に負けてチギれる心配はなさそう。他のバッグだと、こ高級感を出そうとしているのか、この部分に本革や合皮を使っていることがありますけど、まぁ遅かれ早かれチギレます。

ショルダーストラップとバッグのつなぎ目が、これだけ頑丈に作られている製品はなかなかないですよ。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7089

ついでに言うと、ハンドル(持ち手)部分もメチャメチャ頑丈。なに、この硬派な作りは?

ガッチガチに固められているので、「ハンドルが取れちゃった!」なんて悲劇は、おそらく『PORTER CLOVE』には無縁。

さらに言うと、『PORTER』ブランドを展開している吉田カバンさんは、アフターサービスが手厚いことでも有名です。私はまだ修理に出したことは一度もないのですが、聞くところによると修理代金がかなり良心的との事。

ノーブランドのバッグは安くて手に入れやすいかも知れないけど、壊れちゃったらメーカーで修理してもらうことなんて、ほぼ不可能ですからね。

頑丈な上に、アフターサービスまで充実している『PORTER CLOVE』に隙なし!です。

 

6.気になるお値段は・・・。

『PORTER CLOVE 3WAY  BRIEF CASE』のお値段なんですが、45,000円+消費税(3,600円)です!

お値段に対する反応も人それぞれだとは思いますが、ちょっと高いですかね?

ビジネスバッグもピンキリなので、安いのは数千円で売っていますし、高いのは10万円超えも当たり前みたいなところがありますけど、まぁ普通のサラリーマンで私のように2人も子供がいたりすると、5万円も出せない人が多いはず。

実は私も、最初は値段を知った時点で「これはちょっと高すぎてムリ!」と思いました。買えないこともないけど、5万円弱もバッグ1つに出せないよなぁ、って。

 

ですが、店頭で現物を手に取り、これまでに書いてきたような収納力や頑丈さを目の当たりにした事、適度なcoolさがあって安っぽくない事、などの長所が際立っていたことから、思い切って購入を決意しました。

長持ちしてくれれば、普通なら2〜3個のビジネスバッグを使い潰すところを、『PORTER CLOVE』1つでイケちゃいますからね!結果的に、コストパフォーマンスは高いと思います。

もし奥さんが渋ったら、この記事を読んでもらうのもアリじゃないですかね(笑)。嘘は一切書いていませんから。

 

7.定価よりも安く買う方法があります!

皆さんご存知かと思いますが、『PORTER』は基本的に値引きはありません。

どこへ行っても定価販売です。「5万円って言っても、実際は3万円台になってたりするんじゃないの?」なんて淡い期待には一切応えてくれないのが『PORTER』製品。

それでも、定価より安く買う方法はあります。

  1. オンラインショップ(通販)を利用してポイントを稼ぐ
  2. EPOS CARDを使って、マルイのセール(マルコとマルオの7日間)を利用する

 

この2つですね。

1番目の「通販を利用する」は、今さらの説明は不要でしょう。

例えば、楽天の中でも信頼できる『ギャレリアBag&Luggage』さんだと、販売価格は税込48,600円なので値引きは一切なしですが、ポイントが10%分ついてきます!

楽天をよく使う人にとっては、実質10%引きですよね。

 

2番目の「EPOS CARDを使って、マルイのセール時を利用する」ですが、支払額そのものを抑えたい人にはこっちがオススメです。実は私も、こちらの方法で定価よりも安く『PORTER CLOVE』を購入しています。

マルイでは、毎年4回(3月、5月、9月、11月)『マルコとマルオの7日間』というセールをやっているんですけど、この時に『EPOS CARD』で買い物をすると、店内全て10%OFFになるんです。凄くないですか?これ。

吉田カバンの直営店『クラチカ』が、有楽町マルイと新宿マルイメンに入っているので、ここが狙い目です。私は有楽町マルイで『PORTER CLOVE』を購入しました。

もちろん、他のPORTERなど吉田カバン製品も10%割引になるので、『PORTER CLOVE』よりもご自身に合うカバンがあれば、そちらを購入してもいいでしょう。

 

さらに『EPOS CARD』を作るときにも「ポイント5,000円分プレゼント」なんてキャンペーンをしょっちゅうやっていますので、この分もおトクになります。

これ、当日マルイの店舗で作ることも出来るのですが、『マルコとマルオの7日間』セールの時だとEPOS CARDを作るのにも、結構時間が掛かってしまいます。そりゃ10%引きになるって言われたら、みんなカード作りますよね。

で、そのカードを作るのに掛かる時間がもったいないです。私は小学生連れで行ったので、手続き中に子供が飽きちゃって困りました(笑)。

ネットで申し込めば、待ち時間もないですし1週間程度で届きます。時間帯によっては、当日のネットで申し込んで、その日のうちに店舗で受け取ることも出来ます(念のため事前確認を!)。

 

カード作るのと一緒にマルイのメール会員になっておけば、『マルコとマルオの7日間』セールの案内も届くので安心ですよ!

お申込みされる場合は、ぜひ、こちらからお願いします m(_ _)m。もちろん年会費永久無料なので、余計な出費はありません。

 

その他、紹介しておきたい部分

『PORTER CLOVE 3WAY BRIEF CASE』は、3WAYという名の通り、ショルダー、手持ち、リュックの3形態で使えるんです。

私は普段「ショルダー」で使っているのですが、手持ち、リュックもなかなかイイ。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 708a

『PORTER CLOVE 3WAY BRIEF CASE』の持ち手って、1つだけなんです。これ、私のお気に入りポイントです。

普段はショルダーで使っているので、正直持ち手の使用頻度は少ないです。なので、通常タイプの「持ち手2つ」だと邪魔なんですよね。で、だいたいの持ち手ってプラプラしてますし(笑)。

どんだけプラプラが嫌いなんだよ!って突っ込まれそうですが、プラプラしてない方が良くありませんか?『PORTER CLOVE 3WAY BRIEF CASE』の持ち手はガチッと固定されていてプラプラしません!

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 709f

UNADJUSTEDNONRAW thumb 70a0

背面に収納されているリュック用のストラップを取り出せば、あっという間にリュックタイプへ変身!

このリュック用ストラップはかなりコンパクトに作られているので、普段は「本当にこの中に収まっているの?」と存在を忘れてしまうくらい。

ただ、Amazonのレビューにも書かれていましたが、リュック用ストラップに関しては唯一『PORTER CLOVE 3WAY BRIEF CASE』の中でヤワい感じです。

私は、出張時に時間が余って観光したいときなどにリュックタイプへ変身させて使っていますが、たまに使う程度と割り切った方がいいでしょう!

耐久性が心配なリュックタイプですが、使い勝手は申し分なしです。背負い心地も悪くないですよ。

あと、先ほど「持ち手は一つ」と書きましたが、厳密にいうと「ショルダー利用時に上になる所に一つ、リュック利用時に上になるところに一つ、計二つ」です。

 

まとめ

電車通勤歴が20年にもなると、ビジネスバッグ選びの目もアップデートされていってて、今回も吟味に吟味を重ねた結果、ようやく「理想に限りなく近い」ビジネスバッグに巡り会えました。

これ嘘じゃなくて、今使っている『PORTER CLOVE 3WAY BRIEF CASE』がボロボロになっちゃった場合、次に買うビジネスバッグは、また『PORTER CLOVE 3WAY BRIEF CASE』になると思います(笑)。

なので、吉田カバンさんには、いつまでも『PORTER CLOVE 3WAY BRIEF CASE』を販売し続けて欲しいと切に願っています。

(『PORTER』製品は巷に溢れてるけど、『PORTER CLOVE』に限って言うとかなりレアなんですよね。他の人と被らないのはいいのだけど・・・。)

 

最後にもう一つ。クラチカの店員さんに聞いたらこんなことをおっしゃっていました。

店員さん

このバッグは根強い人気があるのですが、実は最近、指名買いのリピーターさんが2人もいたんです。

今まで使っていたバッグと同じものを指名買いする人が2人も現れるなんて、私も初めてのことでビックリしました。

まだ使えるんだけど、4〜5年使ってくたびれてきたところもあるし、『PORTER CLOVE 3WAY BRIEF CASE』を気に入っているから思い切って新品を買い直そう、という人が立て続けに来店されたそうです。

 

これ、誇張した営業トークじゃないと思いますよ。約1年間、使った私には理解できます。

(^ ^)ではでは(^ ^)

 

P.S. ネット界隈の情報を見ていると「PORTERなんて、大学生から若いサラリーマン向けでしょ」みたいな意見を見かけることがありますが、『PORTER』は老若男女、全世代にマッチする良いカバンです。

こういう頭でっかちな事を言う人の意見を鵜呑みにして、自分の世代に合うと言われているカバンを買うと、「なんか年寄りくさいの買っちゃったなぁ」と後から後悔しがちなので、十分注意しましょうね!

40歳台の私ですが、『PORTER』製品をバリバリ使い倒しています。

 

注意
「コツメカワウソ.com」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください