Apple Watch用液晶保護フィルムを買ったら、ヘンな意味でお買い得だった!

皆さん、おはこんばんちは。コツメ(@naga516)です。

私、今使っている『iPhone6』には液晶保護フィルムを貼らず、ケースも装着せずの「フルヌード」状態で使用しています。

厳密に言うと、最初のうちは液晶保護ガラスを貼っていたのですが途中で剥がしてしまい、ケースは最近ボロさが目立ってきたので外しちゃいました。初めから「フルヌード」って訳ではありません。

やっぱり、愛しのiPhoneちゃんが傷ついたりするのイヤですしね。

ちなみにiPhone6そのものは、2年経過するギリギリ直前にアップルストアで新品に交換してもらったので、今も快調です。

iPhone6のバッテリーがヘタってきたので、本体まるごと無償交換して貰った!

 

で、最近購入した『Apple Watch3(セルラー・NIKEモデル)』なんですけどね。

買ったばかりの数日は「多少のキズなんて俺は気にしねぇ。フルヌードで行くぜ!」とかなりイケイケだったんです。
けど、 1週間ほど使ってみた時点でもう想像していた以上にApple Watchを気に入ってしまいまして「液晶画面にキズが付いたらイヤだなぁ・・・」と、私の心の中に大きな変化が現れていました。

やっぱり、愛しのApple Watchちゃんが傷ついたりするのイヤだなぁって(笑)。

結局、また剥がすことになりそうな予感を胸に秘めながらも、Apple Watch用液晶保護フィルムをAmazonでポチることになった訳ですが・・・。

この今回購入した製品が、まぁ笑わせてくれました。色々と。

肝心の液晶保護フィルムそのものは、可もなく不可もなく期待通りの品物だったのですが、それ以外の点でお買い得感があったので「皆さんにもご紹介せねば!」と強烈な使命感に突き動かされた次第です。

 

液晶保護フィルム3枚入りで999円の激安商品です!

商品名が長すぎて書きたくないので、いきなりですが商品リンクを貼っておきます。

たぶん、これ以外の商品だと全然面白くありません。なので、面白くなくても気にしない人や、この記事を読んでお腹いっぱいになっちゃった人に関しては、他の商品を選んでも構わないと思います。

まず初めに、上のリンクからAmazonの商品紹介をじっくり読んで頂きたいのですが、よくある中華系商品と同じように日本語が微妙にヘンです。

頑張って日本語化してくれているところは評価できますが、こういうのってネイティブな日本語使える人に頼めないんでしょうかね。
せめて添削だけでもしてもらえばいいのに。

 

スポンサーリンク

パッケージがヤバい

これ、パッケージがかなりイかれています。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7487

何も考えずに見れば、普通のパッケージのように見えるかも知れません。

しかし、この商品はあくまでApple Watch用液晶保護フィルムです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7490

  • バラ色
  • シンプル
  • デザイン
  • (そして、蝶が舞っている絵)

 

これらのフレーズが商品のどのような点に対してのものなのか、さっぱり掴みとれません。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7493

「誰もが幸せを求め続けている」

Apple Watch用液晶保護フィルムですよね、これ。

間違ってヘンな新興宗教のリーフレットでも購入してしまったのかと不安になってきます。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7488

サイドを見ると結構な厚みがあることがわかります。

さらに2枚のシールで厳重に保護されています。とてもApple Watch用液晶保護フィルムが中に入っているとは思えません。

間違ってNintendoSwitchのソフトでも買ってしまったのでしょうか。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7489

パッカ〜ン!と開けたら、中からわちゃわちゃと色んなものが出てきました。

液晶保護フィルムらしき物も含まれていたので、間違ってはいなかったようです。

しかし、小さなApple Watchの液晶保護フィルムのはずが、なぜこんなに大袈裟なことになってしまったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

何これ?謎の紙片が同封されています。

パッケージだけじゃなかった。

液晶保護フィルムとは全く関係なさそうな紙片が入っているので、取り扱いには十分注意してください。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 748c

これなんですけどね。

この紙片、両面印刷になっていまして、これは表面です。

表面はまだマシ。日本語がヘンだけど、まだ許容範囲内に収まっていると思います。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 748d

裏面がこれです。

お客様へ

人が大人になるということはそれだけ、多くの選択をしてきたということだ。

何かを選ぶということはその分、違う何かを失うことで、大人になって何かを掴んだ喜びはここまでやったという思いとここまでしかやれなかったという思いを同時に思い知ることでもある。でも、その掴んだ何かがたとえ小さくても確実にここにあるのだとしたら、掴んだ自分に誇りを持とう、勇気を出して何かを選んだ過去の自分をほめてやろう。よく頑張って生きてきた、そう言ってやろう。そしてこれからを夢見よう。

世界を嘆くのではなく、世界を信じるんだ。私だって、その世界の一員なのだから。

人生とは自分の未来に恋をすること、一人でするのがつまらなければ、誰かと一緒に恋をしよう。友であれ、恋人であれ、夫婦であれ、家族であれ。隣に気の合う誰かがいてくれさえすれば、人生はさらにファンキーになるはずだ。

 

私の人生、別にファンキーじゃなくてもいいんだけど(笑)。

「お客様へ」に続く一文として、こんなにメチャクチャな文章、初めてお目に掛かりました。

 

スポンサーリンク

Apple Watch用液晶保護フィルムを貼ってみよう!

ここから先は、真面目にApple Watch用液晶保護フィルムを貼るところをお見せします。

説明書が入っているので、この通りに作業すれば問題ないのでしょうが、日本語が所々ヘンなので戸惑います。

私は3枚のフィルムのうち2枚をダメにしました(笑)。

以下の説明を読んで頂ければ、恐らくダメにするのは1枚だけで済むはずですので、皆さん気を引き締めて読解することに集中してください(1枚はダメにする前提なので、その点あらかじめご承知置きを)。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 748b

中心となる内容物がこちら。

フィルムが3枚入っているので、それに付随するアイテムも3セット用意されています。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 749e

よく見ると、この袋の中にはさらに複数のアイテムが入っているようなので開けてみます。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 749f

なんか色々と入っていたのですが、実際に使ったのは左下の『アルコールシート』だけでした。

他のアイテムは何に使うのか最後まで良くわかりませんでしたが、無くても問題なし。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 74a1

最初に、『アルコールシート』でApple Watch表面の汚れを落とします。

私はアルコールでビッチョビチョにしてみましたが、Apple Watchはビッチョビチョになっても特に問題なさそうです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 74a6

次に、液晶保護フィルムの「1」と書いてあるシールをつまんでフィルムを剥がします。

剥がした「1」のフィルム(白っぽいやつ)は要らないので捨てちゃってください。

そうすると「2」と書いてあるシールの方が残るわけですが、これの裏面がベトベトしていましてApple Watchとの接着面になります。

そのベトベトしている面に対して、付属のスポンジ(水を含んでいます)で撫でるようにしながらスポンジの水分を塗っていきます。
これもビッチョビチョに濡らして大丈夫です。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 74a8

ビッチョビチョに濡らしたら、Apple Watchの液晶画面に貼り付けます。

濡れているので、Apple Watchの上でフィルムが滑ってしまうのですが、それで問題ありません。

 

ここで「2」と書いてあるシールをつまんでフィルムを剥がします。

と簡単に言いましたが、これがかなりの難易度で要注意!

この時点でApple Watchに乗っているフィルムは、「液晶保護フィルム本体」と「2と書いてあるシールの付いたフィルム」の2層になっているのですが、このフィルムがとても2層になっているように見えないんです。

爪で無理やりフィルムの断面をペリペリやると、2枚にバラけるので「おぉ、そんな構造になっていたのか!」と理解できるのですが、おそらく多くの人が戸惑うと思います。

オススメなのは、取り敢えずチャレンジしてみて上手くいかなかったら、ダメになった液晶保護フィルムを分解して良〜く構造を理解することです。

構造さえ理解できれば2回目は上手くいくと思います。(私は結局、断面を爪でペリペリやって液晶保護フィルム本体と「2」と書いてあるシールのついたフィルムを分離しました。)

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 74aa

その後、付属のヘラみたいな奴で、Apple Watchと液晶保護フィルムの間に入っている水分を丁寧に外へ押し出すと、だんだんと液晶保護フィルムがApple Watchに密着していきます。

数分放置したら、Apple Watchのエッジ部分にも液晶保護フィルムがくっつくように、指で少しずつ液晶保護フィルムをエッジに圧着していきます。

すぐにくっつく予感がしない場合は、また数分置いてから試しましょう。

しつこく圧着を試みているうちに、ちゃんと貼り付きます。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 74ac

しばらく放置すると、だいぶ馴染んできました。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 74ae

エッジ部分に目をやると、継ぎ目がうっすらと見えます。まぁこんなものでしょう。

使用感としては、やっぱりフィルムを貼ってしまうとツルツル感がなくなってしまいますね。樹脂特有の引っ掛かりと言ったらお分り頂けるでしょうか。

液晶画面の保護を取るか、ツルツル感を取るか、トレードオフの関係なので止むを得ないでしょう。

 

スポンサーリンク

総括

Apple Watchの液晶画面にキズがつくのを避ける目的としては、良い商品だと思います。

特に3枚入っている点が嬉しいですね。

今回の私もしっかり2回失敗して3回目でようやく貼れましたから、きっと同じように失敗を重ねる人がいると思います。3枚あれば、さすがに最後の1枚くらいは成功するでしょう。

ただ、やっぱり液晶保護フィルムを貼るとツルツル感が損なわれてしまうので、これをどう思うかですね。

 

それでも液晶保護フィルムを貼ってみたいのであれば、この商品は超オススメです。

この液晶保護フィルムをApple Watchに貼れば、皆さんの人生はさらにファンキーになるはずだ!

 

(^ ^)ではでは(^ ^)

注意
「コツメカワウソ.com」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
『Apple Watch3(セルラーモデル)』を購入したので、「開封の儀」を執り行います! 『Apple Watch用スタンド』レビュー!安いものでいいから買っておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください