【スノーピークカフェ】キャンプで淹れるコーヒーが味わえる!snowpeakづくしのアウトドアスタイルカフェ!

スノーピークカフェ」は、2019年4月にオープンした日本最大級のアウトドアショップ「Alpen Outdoors Flagship Store 柏店」に登場した、スノーピーク初のカフェです。

スノーピーク(snowpeak)と言えば、アウトドア好きなら知らない人はいない、日本が誇るアウトドアブランド。

こっつんこつめ

そんなスノーピークが作ったカフェ、、、気にならない訳がない!

ということで早速行ってきたのですが、何から何まで我々がスノーピークに持つイメージをそのまま体現したような、「ザ・スノーピーク!」って感じのカフェなんです。

コーヒーの抽出に使う器具は、もちろんスノーピーク!アウトドア好きなら、行って損なし。っていうか行くべき。

スノーピークカフェ

 

モバイルハウスが店舗に!アウトドア感が溢れ出るお店!

まず「スノーピークらしいなぁ」と誰もが感じるであろうポイントは、この店舗。

スノーピークカフェ

あの有名な建築家”隈研吾さん”とスノーピークが共同開発したモバイルハウス「住箱ーJYUBAKOー」を、そのまま店舗として使っているんです。

 

 

背景が道路なのが惜しいけど、それを差し引いてもなお雰囲気は抜群。

これ、上高地あたりに設置したら、どんだけカッコ良くなるんだろう?

 

スノーピークカフェ

この「敢えてベニヤ」なところも良いですよね〜。

これはこれでスノーピークっぽいし、そもそもこれモバイルハウス(=移動可能)ですから、頑丈なベニヤを使うのは理にかなっています。

 

スノーピークカフェ

訪問時は天気が良くなかったからなのか、土曜日の昼間なのにガラガラでした。

ここに書いてある通り、ハンドドリップで丁寧にコーヒーを抽出するので、行列ができていたらそれなりの待ち時間を覚悟する必要ありです。

 

スノーピークカフェ

スノーピークなのに!土曜日の昼間なのに!!

お客さんがまばらだったのは、たまたまなのか運が良かったからなのか。また近々行くと思うので続報をあげたいと思います。

 

スノーピークカフェ

突然ですが、モバイルハウス(トレーラー)であることを示す、床下部のタイヤ部分。

けど、こんなのが牽引されて走っているところを目撃したら、絶対にガン見しちゃいますよね。ガン見どころか追っかけたくなるかも。

このモバイルハウス、キャンプ場に設置して泊まれるところがあったら良いのにな、と思って調べたら、本当にありました!高いけど。

↓スノーピークフィールドスイートを見てみる↓

 

スポンサーリンク

店内はまるで「snowpeak」の見本市

外見だけで驚いてちゃ心がとても持ちません。

店内は、外観以上にスノーピークワールド全開です。

 

スノーピークカフェ

なんか良くわからないけど、スノーピークっぽいインテリア。天然木材じゃないのに、すっごくスタイリッシュ。

 

スノーピークカフェ

小物入れも、全部スノーピーク。(ちょっと写真ぶれててすいません。)

シェラカップとマグカップを、こんな風に活用するとは。。。超スノーピーク。

 

スノーピークカフェ

どれもこれもスノーピーク。

私はスノーピーク信者ではないのですが、それでもこうやってスノピ尽くしを見せられると、ちょっとスノーピークを集めたくなる気持ちが理解できなくもない。

 

スノーピークカフェ

かっちょいいお兄さんが、ハンドドリップでコーヒーを1杯ずつ淹れてくれます。

 

スノーピークカフェ

このドリッパー、知ってる。スノーピークの結構お高いやつ。ケトルもスノーピーク。コーヒーサーバーだけは、スノピではなさそうですね。

もし、スノーピークのドリッパーやケトルの購入を検討しているのなら、ぜひスノーピークカフェでの実演を見られることをおすすめします。

(多分、購入検討中って言えば、お兄さんが色々と教えてくれるはず。とても気さくだったから。)

 

スノーピークカフェ

チェアが2脚置かれていたので、コーヒー抽出中はここに腰掛けて待つことも出来ます。

チェアはいうまでもなくスノーピーク。

 

スノーピークカフェ

スノーピークカフェから、「アルペンアウトドアーズフラッグシップストア柏店」のエントランスを眺めた図です。

この写真では見えていませんが、エントランスをくぐってすぐ左手には、スノーピークストアが広がっています。

なので、スノーピークカフェでドリッパーとか見て気に入ったら、徒歩1分以内で即購入可能となっております。

 

スポンサーリンク

「スノーピークカフェ」のメニュー

なんか変なのが写り込んでいますが・・・、こちらがメニュー表です。

スノーピークカフェのメニュー

スノーピーク製品と言えば、造りは良いけどその分だけお値段も良いイメージがありますが、スノーピークカフェのコーヒーはめちゃ良心的な価格設定。これなら誰でも気軽に購入出来ますね。

できれば、ちょっとしたサイドメニューも欲しいところですが、今後に期待しましょう。

スノーピークカフェのメニュー

・ハンドドリップアウトドアホットコーヒー:300円

・数量限定アイスコーヒー:300円

アイスコーヒーは、コールドブリュー(水出し)とおっしゃっていたので、多分注文したらすぐに出てくると思います。

ただ初来店の場合は、店内の雰囲気も味わって欲しいので、ハンドドリップのホットコーヒーか、いっそのこと両方注文することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

スノーピーク製品で淹れるアウトドアスタイルのコーヒー!

店内はスペース的に留まる場所はないので、淹れてもらったら屋外かアルペン店内の飲食オッケーな場所へ。

 

スノーピークカフェ

スノーピークカフェの屋外カウンターで、ゆったりコーヒータイム。

サイズは大きくありません。コンビニのコーヒーだったらSサイズ相当でしょうか。
(あまりコンビニコーヒを飲まないので適当に言ってみただけです。)

 

スノーピークカフェ

飲み終わったあとの容器は捨ててしまいましたが、スノーピーク好きなら持ち帰るのもアリでしょう。

お味の方は、メニューに書かれていた通りでスッキリとした味わいのコーヒーでした。中煎りの豆を、ややスピード速めで淹れたような感じかな。

 

スノーピークカフェ

アルペンの店内入ってすぐのところにある、このスペース。ここでコーヒー飲んでも良いらしいです。

嘘みたいだけど、ネットに書いてあったので間違いないと思います。(その場では、まさかここで飲んで良いとは気付きませんでした。)

 

スポンサーリンク

「スノーピークカフェ」のおすすめポイント

もちろんコーヒーの味も悪くないのですが、「スノーピークカフェ」の魅力はこれでしょう!

  1. 目の前で、スノーピーク製品を使ってのハンドドリップが見られる
  2. スノーピークの世界観を体感できる
  3. モバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」の店舗が超COOL!

スノーピークカフェ

 

総括:「キャンプでコーヒー」に憧れている人はぜひ来店を!

キャンプに憧れる人の多くは、「自然の中で、自分で淹れたコーヒー飲んだら最高だろうなぁ」って思っていますよね?
疑問形で書きましたけど、これはもう間違いない。

断言しますが、自然の中で淹れたコーヒーの味は最高です!

 

スノーピークカフェ

スノーピークカフェでは、実際にスノーピークが販売しているコーヒー器具を使っているので、これからキャンプでコーヒーを始めたい人にとっては、最高のデモンストレーションを目の前で見られますし、質問だってし放題。

もちろん、私のように散々キャンプでコーヒー淹れている人でも、「おぉ、スノーピーク」って感じで雰囲気だけでも十分楽しめます。
(やってる人なら、これだけで通じますよね?)

行くしかないでしょ、これは!

(^^)ではでは(^^)

お店の営業時間・地図など

店名スノーピークカフェ(柏)
営業時間11:00 〜 16:00
定休日水曜日
住所千葉県柏市風早1-6-1
駐車場あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください