私が「ウサギを飼うこと」をオススメしない、これだけの理由。

スポンサーリンク

動物好きの皆さん、こんにちは!コツメ@naga516です。

私、ご覧いただいているこのブログ名に「コツメカワウソ」と名付け、更には「小爪 獺(コツメカワウソ)」と名乗るだけあって、生き物が大〜好きです。

ただ、いくら自己主張したところで、言ってるだけでは信憑性がないでしょから、とりあえず現在一緒に暮らしている生き物 及び 残念ながら過去にお別れした生き物(たくさんいるので抜粋)をご紹介します。

 

  • 犬(トイプードル) 1頭 NOW
  • ウサギ       3匹 NOW
  • 熱帯魚(淡水魚)水槽1本 NOW
  • 猫         1頭 かなり前
  • シマリス      2匹 10年以上前
  • 海水魚     水槽1本 5年以上前
  • カブトムシ、クワガタムシ 数匹 毎年

 

「あれっ?コツメカワウソがいないじゃん!」というツッコミをありがとうございます(笑)。

すみません、「コツメカワウソ」を名乗っていながら、本物のコツメカワウソとは暮らしていません。昔からカワウソが好きなのは本当なのですが、ちょっと「コツメカワウソ」は一般人が受け入れるにはハードルが高すぎです。

コツメカワウソに関しては、今のところ毎日Twitterで流れてくる「かわうそちぃたん@love_otter_loveを観て癒されています。

 

さてさて本題です。

現在、我が家にはウサギが3匹います。はっきり言ってとっても可愛いです。
犬猫に比べれば小さいですし、ほとんど鳴き声を発することもないです。

食性も完全な『草食』なので、チモシーという草か、そのチモシーで出来たペレットが主食です。
草性のご飯は、ニオイがきつくないところが嬉しいですね。

あれっ?なんか良いことずくめになってきちゃいましたね(笑)。
いやいや、良いことばかりじゃありません。

 

ウサギって小さいしおとなしく見えるので、なんとなく飼いやすそうなイメージを持たれがちなんですが、実際はかなり面倒な生き物なんですよ。

「犬や猫を飼うのは大変だけど、ウサギなら大丈夫そう。(それに安いし・・・)」なんて思っていませんか?

はっきり言って、犬や猫のほうが一緒に暮らすの圧倒的に楽です!

「生半可な気持ちで、ウサギを飼うのは止めておいたほうがいいですよ!」って、今回は言わせてもらいたくて、このブログ記事を書いています。

これを読んで、それでも「ウサギと一緒に暮らしてみたい!」という意思がグラつかなければ、是非こちら側の世界にお越しください。

きっと素晴らしいウサギとの生活を送ることができるでしょう!

 

スポンサーリンク

私のウサギ飼育歴など

前置きが長くですみませんが、一応、ウサギとの同居歴をご紹介しておきます。

今、我が家で暮らしているウサギは、全部で3匹です。

ちなみにウサギは「羽」で数えられる場合もあるのですが、「3羽」と表現すると、どういう訳か「食料的なイメージ」が湧いてきてしまいますので、一般的にウサギ愛好家は「匹」で数えます。

で、最初に同居を開始したウサギが現在9才なので、飼育歴も9年ということになります。あと2匹いるのですが、いずれも5才です。

 

  • ネザーランドドワーフ(混血と思われる):9才 ♀くるみ
  • ホーランドロップ(純血種)      :5才 ♂おうじろう
  • ネザーランドドワーフ(純血種)    :5才 ♂そら

 

こんな構成です。

なぜ1匹では飽きたらずに、同じような時期に2匹も迎え入れてしまったのかは、自分でも良く分かりません。

そんな訳で、我が家のリビングルームには、ウサギのお家として大きめのケージが3つ、そしてトイプードル用のケージが1つ置かれています。

恐らく、ここまでリビングルームにケージが置かれている家なんて、滅多にないと思います。自分で言うのも何ですが、どんだけウサギ好きなんだよっ!

こんなウサギ狂いな私が、なぜウサギとの生活をオススメしないのか?

次章から一つずつ説明させていただきます。

 

なぜ「ウサギを飼うこと」をオススメしないのか?

 

ウサギの毛は厄介です!部屋中に毛が舞って大変!!

ウサギとの生活をオススメしない、最も大きな理由がこちらの「毛問題」です。

恐らく「ウサギを飼いたいなぁ」と思っている皆さんの場合、ウサギ専門店やペットショップへ見に行くことになるかと思います。

しかし、お店で「毛問題」に気付く人はほとんどいないと思われます。そりゃ商売でウサギを扱っているお店であれば、たいていはケージを綺麗にしてますからね。

 

で、ウサギの毛なんですけどね。それはもう厄介ですよっ!

人間の髪の毛なんかとは質が全然違います。とにかく細くて柔らかくて軽い。

そのため、部屋の中でウサギの毛がどうなるのかというと、綿ぼこりのような塊になって部屋中を浮遊するわけなんです。(さすがにすぐ床に落ちますが、ちょっとした風ですぐに舞い上がります)

 

そんで、ウサギを飼っていたら当然抱っこしたくなりますよね?
ウサギが嫌がらない程度なら、抱っこしても良いと思います。

但し、抱き終わった後に自分の服を見て愕然とすることでしょう。

そうなんです、服がウサギの毛だらけになります。もう『コロコロ』なしでは生活が成り立ちません。

それでも、こまめに掃除して、また毎日欠かさずグルーミング(毛づくろい)してあげることが出来れば毛問題はクリアできると思いますが、その手間と言ったら・・・。かなりの負担です。

換毛期になると、それはそれは恐ろしい量の毛が生え替わりますから。

いくらブラッシングしてやっても抜け毛がなくならないので「これ、そのまま続けたら禿げちゃうんじゃないか?」と心配になるほどです。

ただ、品種や個体によって差がありまして、例えば短毛種のネザーランドドワーフなら、まあ何とか耐えられるレベルかと思います。それでもかなり抜け毛がありますけどね。

ちなみに、我が家にもいる『トイプードル』はほとんど抜け毛がないので、毛問題は皆無です。

その分トリミングの費用が掛かってしまいますが、部屋中にウサギの毛が舞うことを思えば全然どうってことありませ

 

ウサギは体がデリケート。すぐ病気・怪我をします!

ウサギって弱い生き物なんですよ。

しょっちゅう体調を崩します。私の経験上、犬や猫と比べると比較にならないくらい弱いです。

「よくわからない皮膚病になる」、「急に何も食べなくなる」、「糞がやたら小さくなる」、「骨折する等々」、調子崩しのオンパレードです。

 

ただ、これにも個体差が結構あって、我が家の場合だと5才のネザーランドドワーフだけは怪我・病気が全くない丈夫な子なんですが、他の2匹はしょっちゅう問題を起こしています。

そんな弱いウサギですが、どこの動物病院でも診てもらえるわけではないのが困ったところ。

最近は、犬猫以外の動物を診てくれる病院が増えつつありますが、犬猫と同じだけの知識や経験を持った獣医さんは滅多にいません。

そのため日頃から「ウサギに詳しい動物病院」をキープしておくことが重要です。

 

また、ウサギは何か問題があっても、それを表に出すことはまずありません。

犬・猫なら鳴き声などでサインを出してくるので「あれ?どこか痛いの?」と気付きやすいのですが、ウサギの場合は日頃からの観察が大事です。

「あれ?いつもと何か違うな。」とこちらが積極的に気付いてあげないといけません。

ウサギという動物は、自然界ではもっぱら捕食されてしまう側なので、『弱みを見せる=襲われやすくなる』ということから、決して弱みは見せないんです。

 

あんまり頭が良くない

犬・猫と比べて、明らかに頭は良くないです。

これも個体差はあるのですが、なんとか自分の名前くらいは憶えてくれます。ただ、名前を呼ばれたら飼い主のところへ飛んでいく、なんて芸当ができるウサギは稀な存在です。

 

ウサギは比較的温和な動物なので、人の手に噛み付くといった暴挙に出ることはほとんどありませんが、犬・猫のように「人間から見てわかりやすい反応」を示してくれることは少ないです。

まぁ、そういう動物なんだと思って諦めるしかありません。

 

トイレを我慢できない

これがあるから、部屋での放牧には躊躇してしまうんです。

一応、ウサギは同じ場所で排泄をする習慣はあります。なので、ウサギ用トイレを置いておけば「かなりの確率で」そこにするようになります。

しかし、困るのは「ある日突然、トイレの場所を勝手に変えてしまう」ことがある点。

今のトイレのどこが気に入らないのか、いくら考えてみてもさっぱりわかりません。別の場所を勝手にトイレ認定してしまうのでいい迷惑です。

 

また、「おしっこ」はある程度決まった場所にすることができますが、糞(うんこ)の方はそれも難しいです。

糞も同じ場所にすることの方が多いのですが、結構平気でポロポロ落としまくります。

それはもう『したい放題』といった感じで、部屋に放牧した場合なんて、あちこち糞だらけになってしまいます。幸いにも、ウサギの糞はほとんど臭わずコロコロしていて拾い上げやすいので、掃除さえすればなんとかなりますが。

面倒ですよ、糞拾い(笑)。

 

ウサギは抱っこが苦手!

これも個体差があるのですが、ウサギ=抱っこできる、と考えているとガッカリするかも知れません。

うちの場合、5才のネザーランドドワーフだけはおとなしく抱っこさせてくれますが、他の2匹は抱っこが嫌いです。

一般的に「ホーランドロップ」はおとなしくて抱っこしやすい、なんて専門書に書かれていたりしますが、うちの「ホーランドロップ」は抱っこすると暴れます(笑)。

抱っこができるかどうかは、非常に個体差が大きい領域です。

ちなみに抱っこがイヤで暴れることがよくあるのですが、ウサギの後ろ足で蹴られると爪で怪我をさせられる場合があるので、注意する必要があります。

これまでに、どれだけ流血させられたことか・・・。抱っこはダメ元と思っていた方がいいです。

 

3.まとめ

他にも、細かいことを言うとキリがないくらい、ウサギには一緒に暮らすのにはダメダメなところが多いです。

そして悲しいことに、これまで挙げてきたウサギのマイナスポイントですが、我が家のトイプードルに当てはめてみると、これらの問題をすべてクリアしてしまいます(笑)。

どう考えてもウサギよりもトイプードルの方が一緒に暮らしやすいので、基本的に私のような生き物マニアでもない限りは、ウサギよりも犬・猫の方がオススメです。

 

「じゃあ、なんでアンタは3匹ものウサギと暮らしているのさ?」と聞かれると困ってしまうのですが、一言で表すと、「ウサギの可愛らしさは反則です!」

「もうこれ以上のウサギは、絶対にうちに連れてこない」と決めたはずなのに、気付いたら増えている。

そんな恐ろしい魔力がウサギには備わっています。

 

私がこれだけ「ウサギと一緒に暮らすことはオススメしない!」と言っているにもかかわらず、どうしてもウサギへの興味を捨てきれないという頑固なあなた、そこまで決意が固いなら「まずは1匹だけ」連れてきたらいいかも知れません。

そしてウサギを購入する場合は、できればペットショップよりも『ウサギ専門店』で購入した方がいいです。

専門店なら初めてウサギを迎え入れる人にも、丁寧に飼育方法を教えてくれます。

また、飼い始めてからでも問題があれば相談に乗ってくれたりもします。
これがペットショップだと、ウサギに関する深い知識を持っている人がいることは稀ですので、値段は高くてもウサギ専門店のお世話になる方が安心です。

まぁ、繰り返しになりますが、ウサギはやめといた方がいいですけどね。

3匹も一緒に暮らしているだなんて狂っているとしか思えません(笑)。

(^ ^)ではでは(^ ^)

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

ABOUTサイト運営者のご紹介

小爪 獺(こつめ かわうそ)

千葉県出身千葉県在住。家族構成は妻と子2人(娘+息子)。都内に通う普通の会社員です。

2015年12月に気の迷いで当ブログを開設。

基本スタイルは「雑記ブログ」ですので、今の自分が興味を持っていることを無選別に発信していきますが、似たようなライフスタイルを持つ方のお役に立てれば幸いです。

詳しいプロフィールを見る