Mac用キーボードカバー『moshi Clearguard』レビュー。バタフライキーボード故障対策に。

 

こんにちは、こっつん(@naga516)です。

私、MacBook Pro(late2016)を愛用しているのですが、最近になって「バタフライキーボードが壊れると、修理費用が数万円かかるみたいよ」という噂を耳にしました。

マジですか?

問題のバタフライキーボードなんですが、かなりデリケートな代物らしく、実は私のMacも一時期「K」キーの反応が悪くなってしまい、心配した時期がありました。
(幸いにも1週間くらいで復活したので、修理には出しませんでしたが。)

 

このバタフライキーボード が故障する原因ですが、主に2つのケースがあるようです。

 

  1. キーの隙間に入り込んだ埃やゴミにより、センサーの反応が悪くなる
  2. トップケースに問題があり、キーが反応しない、押し込んだまま戻らなくなる

 

私のMacBook Proで発生した現象だと、上記1の埃・ゴミの混入が疑われます。

それにしても、ちょっとキーボードに埃・ゴミが入り込んだくらいで、5万円(くらいらしい)の修理代金が掛かることを許容できます?私はムリ笑。

という訳で、急遽キーボードカバー『moshi Clearguard』を購入して装着したのでレビューします。

高いだけあって、普通のキーボードカバーと比べて薄いし、ベタつかないし、ズレにくいという良いところの多い製品です。
バタフライキーボードの故障が心配なら、これで決まりでしょう!

 

キーボードカバー嫌いでも、許容できる薄型カバー

私、本当はこの手のカバーが好きじゃないんです。出来れば裸で使いたい。

けど、そうは言ってもバタフライキーボードに埃・ゴミを入り込ませる訳にはいかないので、薄型と評判の高い『moshi Clearguard』を試してみることに。

お値段は、Amazonで「3,024円」。

キーボードカバーにしては高く感じますが、キーボードは直接指が触れる機会の多い、重要な入力デバイス。こんなところで妥協するのは正しい判断とは言えません。

 

パッケージも薄型。折り畳まれていないので、折り目・シワの心配なし

UNADJUSTEDNONRAW thumb 9c5f

キーボードカバーなので、パッケージも薄く広いタイプです。

Amazonらしく、これが段ボール箱に入って届きました。これ、何とかならないんですかね。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 9c60

私のMacBook Proは「JIS配列」なので、JIS(日本語キーボード)用を購入。

US(英語キーボード)用も用意されているので、自分のMacと同じものを選ぶようにしましょう。間違えるとキーボードカバーがフィットしません。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 9c62

パッケージから取り出すと、硬い台紙に固定された状態でキーボードカバーが入っていました。

これなら、手元に届いた時点で変な折り目やシワが付いていてゲンナリ、なんてことはなさそうです。

 

極薄の約0.1mm

UNADJUSTEDNONRAW thumb 9c63

台紙からキーボードカバーを外しました。

上下それぞれ1箇所ずつ見えているブルーのラインは、キーボードに固定するための粘着テープです。

粘着テープで、キーボードカバーの宿命とも言える「ズレ」を抑える仕組みですね。これは良い機能。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 9c64

どうですか、この薄さ。約0.1mmの極薄です。

キーボードカバーなんて、出来れば装着したくないアクセサリーの際たるものですから、この薄さはありがたい。

 

粘着テープでズレ防止(但し100%ズレない訳ではない)

UNADJUSTEDNONRAW thumb 9c67

さっそく、MacBook Proのバタフライキーボードに装着してみました。

先ほどの青い粘着テープは、装着する前に剥がしておきます。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 9c65

こういう不思議なパーツがあるのですが、

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 9c66

切り離せるようになっているので、この角の部分を使って粘着テープ部分を上から圧迫し、キーボードに密着させることでズレを防ぐ仕組みです。

それでも、キーの打ち方によってはやっぱりズレますけどね笑。仕方ないです。

 

キーボードカバーの中では透明度あり。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 9c68

『moshi Clearguard』はキーボードカバーの中では、薄くて透明度が高い部類に入りますが、それでも本来のキーの黒色はぼやけた感じになってしまいます。

個人的には、これがギリギリ許容範囲内って感じでしょうか。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 9cf0

キーボード全体が曇ったような感じにはなってしまいますが、それでもキーボードのバックライトや、Touch Barの表示は、普通に視認出来るので問題ありません。

けど、Touch Barまで覆う必要ありますかね?

Touch Bar部分は埃・ゴミが入り込む隙間はないので、カバー不要だと思うのですが。

 

スポンサーリンク

総括

バタフライキーボードを搭載した「MacBook」「MacBook Pro」シリーズにキーボードカバーを装着するのなら、今回ご紹介した『moshi Clearguard』はベストチョイスだと思います。

特に私のような「出来ればキーボードカバーなんて、触感が悪くなるから付けたくない!」という人には、『moshi Clearguard』の薄さは魅力です。

普通のシリコン製品のような「ベタベタした感触」はほとんどなく、サラサラしているところも大変GOOD!

 

また想定外でしたが、キーボードカバーでバタフライキーボード全体を覆ってしまったことにより、バタフライキーボード特有の「パチパチ」とうるさい打刻時の音がやや軽減されますので、「バタフライキーボードの音がうるさくて嫌」という人にもオススメです。

いずれにせよ、バタフライキーボードの故障が心配なら『moshi clearguard』の装着を考えましょう。
バタフライキーボード の修理代、バカにならないどころかしばらく立ち直れないくらい高額ですよ。

(^ ^)ではでは(^ ^)

Touch Barの有無で製品が異なりますので、ご注意ください。
ここに挙げたのはJIS配列(日本語キーボード用)ですが、US配列用もあります。

注意
「コツメカワウソ.com」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください