【天下一品】祭りだワッショイ!

【”小江戸”佐原の街並み2020】X100F・X100Vの2台持ちで、また佐原へ

佐原の街並みをブラブラしながら撮った写真を紹介するだけの企画、数えたら今回で4回目です。
私、どんだけ佐原が好きなんでしょう。

 


歴史を感じる場所の少ない千葉県において、小江戸と称される佐原の街並みはとても貴重な存在です。

今回は、FUJIFILMのデジタルカメラ「X100V」と「X100F(ワイドコンバージョンレンズ装着)」の2台持ちで街中を歩いてきました。

感情を揺さぶるような写真を撮るのは私には無理なので、記録写真主体になりますが、佐原の良さが少しでも伝われば。。。

 

小野川の景色

 

スポンサーリンク

とよはし・伊能忠敬旧邸の周辺

とよはしは、欄干から30分おきに水が流れるので、普通はそこを写真に撮るのですが、過去にもたくさん撮っているので今回は無し。

 


伊能忠敬旧邸

 

 

スポンサーリンク

忠敬橋の周辺

 

「珈琲玉澤」さんについては、こちらの記事もどうぞ。

 

スポンサーリンク

小野川周辺の街並み(忠敬橋より利根川方面)

 

「芋ペチーノ」おすすめです。

 

贅沢するなら「うなぎ割烹山田」さんはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

県道55号線沿い


真っ黒なお蕎麦で有名な「小堀屋」。

 


「いなえ」さんは、町家を改装した雰囲気あるお店です。

 

香取神宮

佐原の中心部から、車なら5分くらいで行けますので、参拝もお忘れなく。

 

 


参拝の後は、「和茶房うの」さんで草だんご。
(私はこの時、暑さで死にそうだったのでかき氷を食べましたが。)

 

総括

千葉県に住んでいても、佐原に行ったことがない・かれこれ何十年も行っていない、という人、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

私の住む印西市・千葉ニュータウンからだと、利根川沿いを走る国道356号線を使えば、有料道路を使わずに片道1時間くらいで佐原に着きます。

意外と近いです。
柏方面からでも90分くらいで行けると思いますので、気になった人はぜひ一度訪れてみてください。

良いところですよ。

(^^)ではでは(^^)

 

今回の写真は「X100V」「X100F」で撮りました。

今回掲載した写真は、すべてFUJIFILMのデジタルカメラ「X100V」「X100F(ワイドコンバージョンレンズを装着)」で撮影したものです。

普通の人からすると ”ちょっとお高め” なカメラかも知れませんが、一眼レフ・ミラーレス一眼と比べるとサイズもコンパクトであまり目立たないので、街撮りをしたりお店でブツ撮りするのに重宝しています。

カメラについても、近々書きたいなぁ、と計画中です。