Xperia Z4 Tablet(10型タブレット)に最適「タケオキクチのショルダーバッグ」

takeo-125101-co

スポンサーリンク

タブレットを買ったら外に持ち出したくなりますね。
特にわたしが持っている「Xperia Z4 Tablet」は、専用キーボード「BKB50」を装着するとちょっとしたノートPC風になるので、俗に言う「スタバでドヤる」みたいなことをやってみたくなる訳です。

〜Xperia Z4 Tabletに、キーボードBKB50を装着した状態(イメージ写真)〜
thumb_IMG_3970_1024実際2015年6月に購入したので、今時点で半年以上経ちますが、外出時にはほぼ100%このXperia Z4 Tablet+BKB50という状態で持ち歩いています。
まぁ、ほとんどは持って行っただけで使わずに帰ってくるのですが、持ち歩くことに意義があるw。

そんな訳でこだわりのタブレットを購入して、常に持ち歩きたいとなると、当然タブレットを収納するためのバッグ(鞄)が気になってくるわけです。
人によってタブレット用のバッグを選ぶ基準は様々でしょうが、わたしは次の点にこだわって探しました。

  • ショルダーバッグであること
  • なるべく小さい(Xperia Z4 Tabletと同等のサイズ)こと
  • けど、財布とか他の小物も必要最小限入ること
  • あまり安っぽくないこと

ざっとこんな感じですが、休日に持ち歩くことを考えると「ビジネスバック」では堅苦しいですし、あまりに「タブレット用バッグだね、これ!」と分かり易すぎるいかにもPCコーナーに置いてあるようなのもイヤ。
わがままだけど、普通のバッグのようで実はタブレット(10型タブ)入れるのにちょうど良いものが欲しい。で上品な感じ。

そんな中、探し続けて見つけたのがこのタケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)のショルダーバッグです。(125101 Shoulder Bag)

写真は、お店のウェブサイトに掲載されているものの方が綺麗ですが、一応自分で実際に使っているものを撮ってみたので掲載します。
※色が3種類ありますが、わたしのは「カーキ」色になります。

iPhone6と並べると、このくらいの大きさです。
表面はコットンスウェードをベースにPVC加工が施されています。ちょっとした雨なら濡れても問題ありません。色落ちすることもありません。
蓋(フラップ)は、マグネットで留まる仕組みになっていますが、それほど強いマグネットではないので精密機械に影響を与える心配はないでしょう。

thumb_NAG_4917_1024

裏側です。
上部がオープンポケットになっていますので、ちょっとしたペーパーなど薄いものをサッと入れておくのに重宝します。thumb_NAG_4918_1024

背面のオープンポケット

thumb_NAG_4924_1024

フラップを開けると、裏地はこのような色合い。落ち着きがあります。

thumb_NAG_4919_1024

フラップを開くと、ファスナーで仕切れられたポケットが一つあります。
わたしはほとんど使っていません。
このバッグはマチ(幅)が8cmなので、あまり厚手のものをごちゃごちゃと入れるのには不向きかな。バッグをパンパンにすることが多い人にはマッチしないかも知れません。

thumb_NAG_4920_1024

分かりにくいかもしれませんが、フラップを開いて中を覗いた状態です。
フラップを開くとすぐに内部にアクセスできるので、使い勝手が良いです。
また、ちょっとした小物入れが2つあります。写真ではイヤフォンとミンティアが入っていますが、もっと大きめのスマートフォンなどでも大丈夫です。

thumb_NAG_4922_1024

分かりにくいですが、メイドインジャパン(MADE IN JAPAN)の文字が。

thumb_NAG_4925_1024

Xperia Z4 Tabletとの大きさ比較。

thumb_NAG_4930_1024

収納すると、こんな感じで高さがジャストサイズです。幅は少し余裕があります。

thumb_NAG_4932_1024 thumb_NAG_4933_1024

わたしはXperia Z4 TabletにキーボードBKB50を着けただけの状態で使用していますが、収納ケースに入れていると少しサイズオーバーしてしまうかも。

色は3色展開となっています。
ブラックは一番落ち着いた風合いです。ただ、少し遊びココロには欠けるかも知れません。そのぶんフォーマルな場所でも使えちゃいそうな雰囲気があります。

ベージュもこの素材によくあっています。

そしてわたしの購入したカーキは、ブラックよりもカジュアルな感じで、けど無難というか何にでも合わせやすい色ですね。

さて、このバッグには外から見える場所に「タケオキクチ」のロゴなどが一切入っていません。アピールしたい人には物足りないかも知れませんが、パッと見で安物ではないことは分かると思います。露骨にブランドを主張しなくても良い品であることは一目瞭然です。

最後に、一応商品リンクを貼っておきますが、この商品はまず「値引き販売」はされません。
ですので、もし実物をお店で見て気に入ったら、その場で買うのが良いでしょう。
百貨店でも同じ値段ですので、わたしは実際に「大丸東京店」で実物を3色比較させてもらい、その上でカーキを購入しました。
大きな百貨店だと店頭に並べてある現物ではなく、在庫から出してきてくれるのも嬉しい点です。

マジでXperia Z4 Tablet もしくは同サイズのタブレットを使っていて、これ専用のバッグを探している方にはこのタケオキクチのショルダーバッグはオススメです。

 

スポンサーリンク