セブンイレブン「宇治抹茶のロールケーキ」を実食。クリームが柔いね。

thumb_IMG_5111_1024

スポンサーリンク

コンビニで目に止まったものを買って、食べて、感想を述べるお気楽シリーズ。

今日は、セブンイレブンの新商品「宇治抹茶のロールケーキ」を食べてみたので紹介します。

まず最初に触れなければならないのは、私が「抹茶」系のお菓子を見つけたらとりあえず買わずにはおられない「抹茶味」好きであること。
そのため「抹茶」を謳う食べ物にに対しては、採点が少々辛口評価になってしまう点、ご容赦いただきたい。

さて、今回新発売となった「宇治抹茶のロールケーキ」ですが、パッケージはご覧の通り「これでもかっ!」というくらい抹茶をイメージしたカラーを纏っていて、中心部にデカデカと商品の写真が配置されているという王道パターン。
赤い「新発売」のシールが目に眩しい。

お値段は、税込でちょうど200円となっています。

thumb_IMG_5108_1024

 

食べる前に、原材料などに軽く目を通してみましょう。
通常の洋菓子に使われているような原材料名が並んでいます。
ところで「宇治抹茶の風味豊かな味わい」と記載があるけど、本当に「宇治の抹茶」が使われているのでしょうか?原材料名には、確かに「抹茶」の記載はありますが、どこ産なのかまでは記載の義務はないみたいね。

thumb_IMG_5109_1024

製造者の住所は、我が町印西市のお隣である「八千代市」となっています。
セブンイレブンの洋菓子は、だいたいこちらの製造者が作られていますが、どのくらいの地域をカバーしているのでしょうか?
今度、都内など千葉県以外のセブンイレブンで調査をしてみないと。

 

袋を開ければ、すぐに本体が登場します。抹茶色が綺麗ですね
ところでロールケーキって、こんなにクリーム部分の比率が多かったでしたっけ?
私はクリーム好きなので、それほど不満は感じませんが、もうちっとスポンジ部分が多くてもいいんじゃね?

thumb_IMG_5110_1024

 

いざ実食!
そうですね、クリーム部分はまあまあ抹茶の味がして美味しいです。
ただし、クリームはやたらと柔い。これが普通なのかも知れませんが、もっと固めの方が私は好みかな。
スポンジ部分にも抹茶が練りこまれていると思うけど、クリームの抹茶味が勝って良く分かりません。

thumb_IMG_5111_1024

 

「抹茶」味と言われると、濃いというか苦味を期待してしまうのですが、こちらの商品は抹茶味はそれなりに効いているものの苦味という点では物足りなかったです。

ただ、濃くしたらしたで、ロールケーキとしての味のバランスは崩れてしまう気がしますので、このくらいの味付けがちょうどいいのかも。

さて、お値段200円のこの「宇治抹茶のロールケーキ」。
原則として、商品類は気に入ったものしか紹介しないつもり(ただ気づいたら批判していることもあるので、結局のところは風まかせです)でして、この「宇治抹茶のロールケーキ」もまあまあ良かったので紹介しました。

但し、今の時期だと「ハーゲンダッツ 抹茶クランブル」もコンビニで売られているので、どちらを選ぶかといえば「抹茶クランブル」ですかね〜。悩むところだけど。

どちらも「苦味」という点では、もう一押し欲しいですが。

私の感想としては、そんな感じ。あとは興味ある人は自分の舌で判断してちょ!

以上

・過去記事:ハーゲンダッツの期間限定「抹茶クランブル」がモビルスーツ「ザク」を意識している件。

 

ー2016年3月9日追記ー

ネットで他の人のレビューをみたら、「抹茶味が濃くて良い!」って感想が多いです。
これ以上の濃さ(苦味)を求める私が、やはり通常ではないのだということを痛感しました。

私の舌は、甘さと苦さのバランスがやや崩れているのかも。気をつけなきゃ。

 

スポンサーリンク