【レビュー】USB-C対応ハブ『TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CM2』。MacBook/MacBook Pro(2016)用多機能ハブです。

スポンサーリンク

MacBook 及び MacBook Pro(2016)をお使いの皆さん、こんにちは。コツメです。

私は、『MacBook Pro(2016)の13inch』を使っているのですが、この度、どうしても「HDMI」出力をやらねばならぬ事情が出てきました。

そこで、USB-Cポートに対応するハブについて色々と調べてみたところ、TUNEWEARの『ALMIGHTY DOCK CM2』がなかなか良さそうだったので、思い切って購入して(ポチって)みました。お値段は2017年3月時点で5,980円(ヨドバシ)。

買う前にネットからの情報収集を試みたのですが、全くと言っていいくらい実際に購入・使用してのレビューが見当たらなかったので、購入を検討している皆さんのためにユーザー代表としてレビュー記事を掲載させて頂きます。

 

スポンサーリンク

HDMI端子は4Kディスプレイ出力に対応。「DAZN」も観られます。

まず、私が『ALMIGHTY DOCK CM2』を購入した目的である「HDMI」出力についてですが、結論から先に言うと今のところ全く問題ありません。順調そのものです。

但し、私の場合は4Kディスプレイではなく、ハイビジョン対応テレビ(1K?)への出力で使用していますので、その点は予めご承知置きください。

ちなみに何を「HDMI」で出力したかったのかを言いますと、今話題の「DAZN」です。一応説明しますと、「DAZN」はスポーツ専門のインターネット動画配信サービスです。そのため残念ながら、テレビチューナー等では「DAZN」を観ることが出来ません。

現時点での我が家の環境だと、MacBook Pro(のウェブブラウザ)で観るのが最も画面も大きくて綺麗なのですが、所詮は13インチ。しかもスポーツ専門ですからね。やっぱり大きなTV画面で観たいじゃないですか。

で、私は「APPLE TV」(古いやつ)を持っているので、最初は「Air Play」を駆使してTV画面にMacBook Proの画面を出力してみたのですが、残念ながら映像が「カクカク」してしまい非常に観にくい。

そこで、「これはもう、MacBook ProとTVをHDMLケーブルで直接繋げるしかない!」と思いまして、『ALMIGHTY DOCK CM2』を購入した次第です。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6502

『ALMIGHTY DOCK CM2』の先端部分に「HDMI」ポートが1基、備えられています。「HDMI」ケーブルを挿した感触は、緩くもキツくもなく丁度良い感じです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 651b

動画ではないので「カクカク」していないことを証明することは出来ませんが、こればかりは私を信用して下さい(笑)。ご覧の通り、MacBook Proと同じ映像がTV側に出力されています。

ただお断りしておくと、「DAZN」自体が通常のTV局やスカパー!などと比べると画質が低くて滑らかではないので、「カクカクしない」と言ってもあくまで「ウェブブラウザと同じレベルで、TV画面にも出力できる」というものです。

 

搭載ポートは、USB-A×2基、HDMI×1基、USB-C(PD専用)×1基。

さて、『ALMIGHTY DOCK CM2』はもちろん「HDMI」ポートだけではなく、通常だと最も使用頻度が高いであろう「USB-A」ポートも2基備えています。使い方は人それぞれでしょうが、相当ヘンな使い方をしない限りはUSB-Aが2基あれば必要十分かと思います。

私はApple純正のUSB-C – USB-A変換アダプターを2つも持っているので、正直なところ、これ以上USB-Aポートは必要ないのですが、USB-Cポート1基のみしか搭載されていないMacBookユーザーでしたら、このUSB-Aポートが2基あるというのは心強いことでしょう。

ただ、USB-Aポート2基へ同時にiPhoneとデジカメを接続してみたところ、「キュイキュイーン」みたいな怪しい音が『ALMIGHTY DOCK CM2』から発せられると共に、接続が不安定になることが一度だけですが発生しました。その後は再現されなくなりましたので今のところ問題ないのですが、念のためご報告しておきます。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6519

ごちゃごちゃしていますが、iPhone6を『ALMIGHTY DOCK CM2』に接続したところです。

この写真では全然証明できていませんが、ちゃんとiPhone6が接続されてMacBook Pro側から給電もされています。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 651a

ちなみにMacBook Proに接続すると、青いLEDランプが点灯します。先述の不安定になった時には、このLEDランプが消えてしまいました。後にも先にもその1回だけでしたので気にしていませんが。。。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6504

USB-Aポートが2つ並んでいます。

少し離れてUSB-Cポートが1つあります。尚、こちらのUSB-CポートはPower Delivery(PD)機能を搭載しているので、ここに電源と接続するとMacBook ProやMacBookを充電することが可能です。

私のMacBook ProはUSB-Cポートが4基あるので、わざわざこのUSB-Cポートを使う必要がないのですが、試しに繋いでみたところ問題なく充電できました。これもUSB-Cが1基のMacBookだと重宝するでしょうね。

強いて言えば、『ALMIGHTY DOCK CM2』には「SDカードストット」がありませんので、そこだけはご注意を!

 

色は「シルバー」と「スペースグレイ」の2色展開。

カラーバリエーションとしては「シルバー」と「スペースグレイ」の2色展開です。私の持っているMacBook Proが「スペースグレイ」なので、当然ですが『ALMIGHTY DOCK CM2』も「スペースグレイ」を購入しました。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6503

すでに散々『ALMIGHTY DOCK CM2』の画像を出しておりますが、改めてご紹介しますとこのように「TUNEWEAR」のロゴと製品名が刻印されています。

質感も非常に良いと思います。公式ウェブサイトで確認したところ「アルミニウムユニボディ筐体」が採用されているとのことで、熱伝導率も非常に高くなっています。冷却性もバッチリです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6507

どちらが表・裏なのかわかりませんが、とりあえずひっくり返してみたところです。

ややゴチャゴチャ感があるので、恐らくこちらが裏面なのでしょう。中国製との記載があります。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6506

MacBook Pro/MacBookに接続する方のUSB-C部分です。この部分もしっかりとした作りをしています。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6515

接続すると、このような感じになります。ケーブルはそこそこの長さがあるのですが、グニャグニャではないので強引に曲げるのは躊躇われます。曲がりますけどね。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6516

接続部分は写っていませんが、このようにMacBook Pro本体のところまで曲げてくることも可能です。

で肝心の色合いなのですが、ご覧頂いている通りほとんど違いがありません。よーく見ると『ALMIGHTY DOCK CM2』の方が色が濃いように見えますが、誤差レベルです。見た目にこだわる人でも、この色なら気にならないはずですよ。

 

その他スペック

だいたいのところはご紹介できたつもりですが、その他の細かいスペックについても記載しておきます。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 64fa

ご参考までに、パッケージを載せておきます。

私はヨドバシアキバで探したのですが、全然見つけることが出来ませんでした。店員さんに場所を聞いてもなお探し出すことが出来ず、時間の都合もあり結局ヨドバシの通販で買うという、実に無駄なことをしてしまいました。店頭で探す場合は、このパッケージを参考にしてください。ちなみに小さいです、これ。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 64fe

サイズと重量に注目してください。

非常にコンパクトなので、紛失しないように気をつけましょう!重さも44.5gですから、持ち運ぶ際にも全然気にならないレベルかと思います。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 64ff

接続可能な機器についての記載がありますが、まぁ常識的な内容ですね。USB-AやHDMIに接続する機器が対応しているという理解で宜しいかと思いますが、なんせこの手のものは上手く行かないケースも多々ありますので、そこは覚悟を決めてから購入することをオススメします。

 

ま・と・め

冒頭にも書かせて頂いた通り、私は「HDMI」接続ができれば良かったのでApple純正の「USB-C Digital AV Multiportアダプタ」とどちらにすべきか、最後まで迷いました。安定性の観点からみれば、Apple純正の方が間違いがないですからね。

では、なぜ『ALMIGHTY DOCK CM2』を選んだのかと言いますと、単純に「こっちの方がネタになりそうだったから」(笑)。

というのは半分冗談で、やっぱり『ALMIGHTY DOCK CM2』みたいなハブを求めている人って、かなりいると思うんですよね。ただ『ALMIGHTY DOCK CM2』にせよ類似の製品にせよ、それなりのお値段なのでなかなか手を出しづらいところがありますから、ブロガー的には人柱になるのもいいんじゃないかなという判断です。

 

最後に耳寄り情報を。

この記事を書くにあたり、改めてインターネットで情報収集をしているうちに「この製品はどうやらOEM製品らしい」ことに気付きました。複数の業者から商品名を変えて売られているのですが、見た目が全く同じです。

例えばAmazonを見ただけでも、これだけ同じものと思われるものが出てきました。(価格は2017年3月20日時点のものです)

  • アクト・ツー HYPER++ USB Type-C ハブ4K HDMIスペースグレー:6,912円
  • USB-Cハブ Satechi スリム アルミニウム マルチポート アダプター :6,999円
  • EgoIggo GN22B Type-C Hub 12-Inch MacBook用 PD効能付き:5,999円
  • ZNAGO mini™ USB 3.1 Type-C マルチアダプター(シルバー):4,980円

 

ざっと見ただけなので、違っていたらゴメンナサイ。上記製品は、実際に私が購入して確認した訳ではありません。責任は取れませんので、ご自身で良く調べてからのご購入をお願いします。

それにしても、お値段もマチマチなので悩みますね、これ。販売元が海外のものもあるので、そのあたりも判断材料にした方が良いと思います。

ちなみに『ALMIGHTY DOCK CM2』はAmazonでも5,980円で販売されています。日本の輸入商社フォーカルポイント(株)が代理店です。

それでは、この記事が「MacBook Pro 2016」「MacBook」ユーザーである皆さんのお役に立てば幸いです。

(^ ^)ではでは(^ ^)

「コツメカワウソ.com」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

http://www.focal.co.jp

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

ABOUTサイト運営者のご紹介

小爪 獺(こつめ かわうそ)

千葉県出身千葉県在住。家族構成は妻と子2人(娘+息子)。都内に通う普通の会社員です。

2015年12月に気の迷いで当ブログを開設。
基本スタイルは「雑記ブログ」ですので、今の自分が興味を持っていることを無選別に発信していきますが、似たようなライフスタイルを持つ方のお役に立てれば幸いです。

詳しいプロフィールを見る