いい店だ「天ぷらめし 天之助」(柏)。オープンキッチンの庶民派天ぷら屋。

スポンサーリンク

お財布に優しい天ぷら屋を見つけました。パチパチ。

一般的な天ぷら屋に行くと、おまかせコースで¥7,000(税別)とかザラだけど、悲しいかな吾輩の懐事情から言わせてもらうと、そんな天ぷらは高すぎる。

美味しいのは分かっているんだけどさ、「寿司」「天ぷら」といえば外国人の方ですら知っている日本食の代表格だしね。もっと安く食べられないかしら。
「寿司」は廻る寿司のおかげで、庶民も外で食べられるようになったけど、天ぷらに関しては「てんや」くらいしか庶民派の天ぷら屋を俺は知らない。

回転寿司屋と同レベルまでとは言わないけど、もうちょっと気軽に天ぷらを食べられる天ぷら専門店が増えればいいのにね。
って思ってたら、「てんや」以外のリーズナブルな天ぷら屋を見つけちゃった。

「天ぷらめし 天之助」。
[map]千葉県柏市大井800-2[/map]

外観と、天ぷら揚げるノウハウを持っているという点から「丸亀製麺」の系列かと思ったけど、後で調べてみたら全然違いました。
柏市を地盤にしている「フーサワグループ」というところの経営らしいです。
今のところ(2016年2月時点)「天ぷらめし 天之助」は、ここ1店舗しかありません。

メニューは単品もあるけど、定食が充実してる。thumb_IMG_4966_1024信じられるかい?税込なんだぜ、これ。
¥1,000いかない天ぷらの定食の数々。
自分は、店名を冠されている「天之助定食」を食べてみたけど、それなりの天ぷらの数がついてきて¥830。結構お値段頑張ってるんじゃないかな、これ。

そして。オープンキッチンなので揚げているところとか、全てのオペレーションが客側からも一目瞭然。
天ぷらも揚げたてのものを、2〜3回に分けて出してくる。
さすがに、器はコースでウン千円みたいなところと比べるまでもないが、揚げたばかりのものを目の前に盛ってくれるなんて、「てんや」でもこんなパフォーマンスはやってない。

thumb_IMG_4969_1024
thumb_IMG_4970_1024

thumb_IMG_4971_1024

日曜日の昼に行ったらかなりの繁盛ぶりだったので、どうしても単品でちまちま注文したいという場合は空いているタイミングの方が良さそう。

ちなみに食券制なので、単品を思いつくがままに頼んでいくというやり方には無理がある。いちいち席を立って券売機で単品の券を買って、また食べたいものが出てきたら席を立って・・・って、疲れるわw!
素直に定食選んだ方がいいね、ここはそういう店だと思います。
強いて言えば、定食にプラスして単品を幾つか追加って感じでどうぞ。

 

今回は、柏に買い物に行った(駄記事で恥ずかしいけど、柏に行った理由はこちら「我が家はイカ狂い!スプラトゥーンに人生捧げ過ぎている子供達。」)その帰りにたまたま見つけました。

柏だから、かなり飲食店は充実しているのだけど、なぜかこの日は行く店をはっきり決められなくて、仕方なしに「家に向かう途中でどこかに」って感じで車を千葉ニュータウン方面に走らせていたんだけど。
そしたら、我が奥さまがが「天ぷら左折って看板出てた」と目ざとくここの看板を見つけたんで、「天ぷら?高いんじゃないの??けどお腹空いてるしダメ元で行ってみるか!」と国道16号からちょっと脇道に入ってすぐのところに、この「天之助」ですよ。

このお値段で、揚げたての天ぷらが食べられるなら、文句ないよね。
家で揚げるの大変じゃん、油飛びちっちゃって。私は料理しないから、遠巻きに眺めるだけなんだけどさ。

さすがに、このお店のためだけに柏まで行くのは大変なので、千葉ニュータウンにも進出してくれないかなぁ?
柏ばかりでなく、近隣市区町村まで勢力拡大するのが経営者のロマンってやつだと思いますよ。(上から目線ですみません。)
なんなら誓願書を出しますんで、ぜひ前向きなご検討をよろしくお願いします。

・過去記事:千葉県に天下一品を誘致したい!誓願書(メール)に返事がきた!!

以上

スポンサーリンク