知的障害者サッカー教室(千葉県)に参加させて頂いています。

thumb_IMG_4652_1024

スポンサーリンク

ほどほどにサッカー観戦を楽しむコツメです。
スカパー!の「欧州サッカーセット」に加入しているので、ブンデスリーガとかプレミアリーグあたりの日本人選手が所属しているチームの試合は、けっこう観てます。

しかし、どういう訳かスペインのリーガエスパニョーラは「WOWOW」が放映権を持っているのですが、「欧州サッカーセット」に「WOWOW」が含まれていないため、残念なことに見られません。
「欧州サッカーセット」を謳っていながら、欧州リーグのリーガエスパニョーラが観られないことに関しては、スカパー!へ強く抗議したいところですが、まぁスカパー!へは申し上げたいことは別の機会に書きたいと思います。

さて本題です。うちの子供が小学校に入って以来「千葉県知的障害者サッカー連盟」さんの主催する、知的障害者向けの「サッカー教室」、「サッカースクール」へ定期的に参加させて頂いています。

「知的障害者」というワードが入っている通り、知的障害者がその対象になるのですが、今の世の中、だいぶ知的障害者への福祉が充実してきてはいるものの、やはり健常者とまったく同じという訳にはいかないのが現状です。
特にスポーツを楽しむ機会というのは、どうしても限られてしまいます。

そんな状況下で、知的障害者向けにサッカー教室を定期的に開催して下さる組織があるというのは大変ありがたいことです。
時期的な偏りはありますが、サッカー教室とサッカースクールでアベレージ月1回以上は開催されています。

また「知的障害者」とはいうものの、実はうちの子は障害者手帳を持っていません。ごく大雑把に言ってしまうと「軽度の発達障害」といった感じで、小学校では「特別支援学級」に入れさせて頂いているのですが、例えば教科書は特別なものではなく一般クラスと同じものを使用しています。
そんなレベルなので、今のところ障害者手帳は交付されていないんです。

ただ、これは知的障害とは関係ないのかも知れませんが、うちの子は体の動きが「ドンくさい」ので、一般の子供達とスポーツをやってもなかなかついていけないんですよね。(小学校のマラソン大会では毎年学年中ビリですし、運動会の徒競走でもビリなので、毎回の目標が「ビリから2番目」ですw。)
必然的に、地域のサッカーチームに入るなんて選択肢はありません。

なので、少人数でサッカーを楽しくやらせてもらえるこのような場を、積極的に利用させていただいています。

実際に参加されている子供達を見てみると、皆がうちの子のようにスポーツが苦手という感じではなく、とっても体の動きも軽やかでサッカーが上手な子もいます。
ただ、見ているとそういう子は平均より「やや自由人」なところがある場合が多いです。
要は、平均よりスポーツが苦手であったり、自由奔放であったりして一般のサッカーチームに所属させるには不安があるような子が集まってきているという印象です。

参加資格をきちんと確認したことはありませんが、「知的障害者」とはいうものの「障害者手帳が交付されている」など公的に知的障害者として認定されていなくても、うちの子のように「特別支援学級に所属している」くらいの子であれば参加できるようです。

この「千葉県知的障害者サッカー連盟」さんが開催している子供向けのサッカー教室ですが、次の2つのものがあります。

  • サッカー教室:県内の高校サッカー部が協力してくれていて、子供1人に高校生1人がついて、マンツーマンでサッカーを教えてくれます。もちろん、全体で同じメニュー(準備運動代わりの鬼ごっこや、パス回し、狙ったパイロンにボールを当てる練習、ミニサッカー試合などなど)をやるのですが、常に高校生がペアになってくれます。
    子供も「お兄さんとサッカーができる」ことをとても楽しみにしているようです。
    毎回、違う高校サッカー部が協力してくれるところも、また面白いです。
  • サッカースクール:上記のサッカー教室に参加すると、このサッカースクールにも誘われるのですが、サッカー教室よりも少人数での開催になります。
    こちらは高校生のサポートはなく、千葉県知的障害者サッカー連盟の指導者の方が数名で指導してくれます。
    メニューとしては、サッカー教室とそれほど大差はありませんが、やっぱりサッカーが上手な子の参加率が高いです。
    それでも、運動が苦手なうちの子でも問題なく参加できています。

いずれも、1回あたり90分間です。
時間帯はまちまちですが、これはグラウンドが取れた時間帯に合わせての開催になるためです。
参加費は、サッカー教室が1回200円、サッカースクールが100円です(2016年1月時点)。
年会費とか入会金などは一切ありません。最初は、続けられるかどうかわからないという不安がありますので、費用面でも助かりますね。

もちろん、スパルタ指導のようなものは一切ありません。
参加する子は皆「何らかの障害を持っている」ので、「うちの子が参加すると他の子に迷惑をかけてしまうのでは?」といった心配もあまりしなくて済みます。

もっともっと、このような活動が広く普及し、また続いていって欲しいと切に願います。

thumb_IMG_4653_1024

千葉県サッカー協会HP内の、「普及・その他」 にサッカー教室の年間スケジュールや参加申込書などが掲載されています。

・千葉県サッカー協会HPー普及・その他:http://chiba-fa.gr.jp/19other/

 

 

 

スポンサーリンク