【山車ユネスコ登録記念】「佐原」と「香取神宮」への初詣。千葉には珍しい古い町並み。

スポンサーリンク

「佐原」大好き、コツメです。

2016年12月1日未明に、日本に33ある「山・鉾・屋台行事」がユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まりました。

この33の祭りの一つが「佐原の大祭」という訳で、今後は「佐原の大祭」人気が一層高まりそうです。関係者の皆さん、おめでとうございます!

 

スポンサーリンク

「佐原」ってどこ?

ところで「佐原ってどこ?」という方のために、取り急ぎ場所だけ説明しますと、千葉県の北東部に位置するところで、利根川に面しています。

以前は「佐原市」という市名でしたが、平成の市町村合併で「香取市」になりました。これにより佐原という名前の存在感がやや薄まっていましたが、「佐原の大祭」ユネスコ登録でまた少し「佐原」の名が盛り返すかも知れませんね。

※香取市の場所:https://www.google.co.jp/maps/place/千葉県香取市/@35.8556013,140.3981926,11z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x6022f99235ae35d3:0x50211bfba63438

さて、この佐原という場所ですが、千葉県には珍しく古い町並みがあり、また「水郷地帯」と呼ばれる場所なので水路が張り巡らされていて、ちょっとした観光地になっています。

とはいえ、東京からもかなりの距離があるので、残念ながら観光地として賑わっているとは言い難く、閑散としています。

ただ、見方を変えれば観光地にしては人が少ないので、じっくり散策したり写真を撮ったりすることができるので、わたしはその雰囲気を気に入っておりしばしば訪れてしまう、そんな場所です。

そんな佐原ですが、古い町並みのほかにというか、むしろこっちの方が有名なんですが「香取神宮」というやはり千葉県には珍しく古くからの神宮がある場所でもあります。

我がコツメ一家では、1月も中旬を過ぎてもなお「初詣」をしていなかったので、今年は「香取神宮」へ初詣に訪れることにしました。

今回は、そんな佐原・香取神宮プチ旅行のお話です。

 

我が家から佐原への道のり

プチ旅行と書きましたが、わたしの住む千葉ニュータウン近辺からだと、国道356合線という利根川沿いをひたすら通る道を利用すると、片道1時間ちょいで佐原に行くことができます。

川沿いの道というのは基本的に信号が少ないので、この356号線も流れていれば利根川を横断する橋のある場所以外ではほとんど信号がないので、とにかく快適です。

時間帯など時と場合によっては渋滞することもありますが、そんなことは稀です。距離がある割に時間がかからない点も佐原という土地を身近に感じさせてくれる要素の一つです。

では、さっそく佐原の古い町並みを紹介しましょう。

 

「佐原の町並み」ご紹介

小野川という川沿いに古い町並みが形成されていますが、特に「伊能忠敬記念館」前あたりが中心スポットとなります。カーナビがあれば「伊能忠敬記念館」で検索すればまず出てくるでしょう。

川沿いの道は一方通行が多く、また道が細い、そして多くないとはいえ観光客の方が歩いていますので注意してください。

数年前までは、「伊能忠敬記念館」の駐車場はお金を取られなかった(ただし、記念館に入館することが条件)のですが、管理人などいなくて無料駐車場状態でした。

今回訪れたところ、1回500円をきっちり徴収されるようになっていましたので、町並み散策をされる場合はこちらに車を停めると利便性が良いです。

ただ、探しませんでしたが、停める長さによってはコインパーキングの方が安上がりになるかも知れません。

伊能忠敬記念館 周辺

まず、伊能忠敬記念館前にあります「樋橋(じゃあじゃあ橋)」が絵になる観光スポットで、橋から水が川に流れ落ちています。

今は、あくまで観光用に橋から水を落としているので30分おきに数分間しか水が落ちませんが、訪れたら是非見てください。撮影場所としても、いろいろなところで使用されています。

thumb_IMG_4672_1024 thumb_IMG_4660_1024 thumb_IMG_4659_1024

この、樋橋(じゃあじゃあ橋)のすぐそばに、「珈琲 遅歩庵いのう」というお店があるのですが、以前に「東京バンドワゴン」というドラマの撮影に使われたとの事で、店にデカデカと「東京バンドワゴン」と書かれた看板が掲示されています。

わたしはこちらのドラマを見ていませんが、結構豪華キャストなので機会があれば見てみたいですね。

thumb_IMG_4696_1024 thumb_IMG_4697_1024

樋橋(じゃあじゃあ橋)を渡ったところには、伊能忠敬の旧邸があり、誰でも入ることができますんで、こちらもぜひ押さえておきたい場所です。

thumb_IMG_4668_1024 thumb_IMG_4667_1024

他にも、川沿いや忠敬橋周辺を中心にいろいろなお店があります。

 

さかした茶房

忠敬橋近くにあった「さかした茶房」というお店で、お団子(草団子)を食べましたが、イートインスペースがありますので歩き疲れた時にもちょうどいい感じです。注文を受けてから焼き始めるので、暖かい状態で頂くことができます。

またこちらのお店には店内のごく狭いスペースに耳かき売り場が設けられています(半畳くらいに見えました)が、かなりの有名店のようで、紹介記事や有名人のサインがいくつも飾られていました。

thumb_IMG_4679_1024

 

忠敬茶屋

ご飯を食べるところもそこそこありまして、今回は何の下準備もしなかったため適当にふらふら歩いているうちに見つけた「忠敬茶屋」というお土産屋さんと合体したようなお店で昼食を取りました。

お客さんがいなくて不安になりましたが、結果的には観光地価格でもなく、及第点の食事でした。

thumb_IMG_4662_1024 thumb_IMG_4661_1024

 

さて、ここまで「伊能忠敬記念館前」を始め、やたらと伊能忠敬が出てきましたが、ここ佐原が伊能忠敬が暮らしていた地であるためです。

伊能忠敬という人物について知ると、なんともパワフルな方だということがわかります。あえてここでは書かずにリンク程度に留めておきますが、興味があれば調べてみてください。

伊能忠敬:ウィキペディア

 

香取神宮

次に「香取神宮」ですが、伊能忠敬記念館からだと少し離れているので、歩きだときついかも知れません。

日頃は閑散としているのですが、1月中旬だと午後とはいえ、多くの人出がありました。
駐車場は無料開放されているところがありますので、こちらに停めましょう。

駐車場からは参道沿いにお店が出ていて、この時期はかなり賑わっています。
と言っても、混雑しているという訳ではありませんので、ゆっくり歩けます。

thumb_IMG_4699_1024

こちらも有名な団子屋さん「梅乃家」さんです。みたらし団子と有名な草団子をいただきました。団子ばかり食べてます。

thumb_IMG_4702_1024 thumb_IMG_4703_1024 thumb_IMG_4704_1024

もう少し歩くと香取神宮の御神水で作られたという「わらび餅」が売られていました。行列です。
thumb_IMG_4709_1024

thumb_IMG_4707_1024

なぜかコロッケや揚げたこ焼きもあり、コツメ家はなぜか揚げたこ焼きを購入。

thumb_IMG_4705_1024

あんず飴がなぜかないという珍しい飴屋の屋台では「りんご飴」を買いました。

thumb_IMG_4722_1024

一通り、お店で賑わっている場所を抜けると、一気に荘厳な雰囲気に変わります。

thumb_IMG_4710_1024 thumb_IMG_4711_1024

この赤い門をくぐると、いよいよ本殿が現れます。

thumb_IMG_4715_1024

 

色味といい、形といい、本殿だけあって迫力が違います。

thumb_IMG_4719_1024

 

ま・と・め

千葉県の初詣というと成田山が圧倒的に有名ですが、神社派なら香取神宮ではないでしょうか。香取神宮に関しても、ここであれこれ書くよりもネット上に情報がたくさんありますので、詳しくは以下をどうぞ。

香取神宮:公式HP

 

佐原の古い町並みと水郷地帯の散策、そして香取神宮へのお参りをセットにした小旅行、いかがでしょうか。

それから、香取神宮の他、鹿島神宮と息栖神社を含めた「東国三社」巡りも楽しいですよ。宜しければ、そちらの記事も是非ご覧ください。

関東随一のパワースポット「東国三社」巡りで運気上昇?御朱印めぐりも体験してみた。

2016.06.23

以上

スポンサーリンク