スマホ・財布を入れるのに最適!PORTERエルファインのミニショルダーバッグが使い勝手抜群!!

thumb_DSC_1964_1024.jpg

スポンサーリンク

吉田カバン好きの皆さん、こんにちは。

ワタシ、携帯電話やスマホを持つようになって以来、「腰からぶら下げるポーチみたいな入れ物」ありますよね?あれを全力で愛用し続けています。

 

なぜそこまで愛用しているのかと言いますと「スマホを出し入れするのに一番便利だから」に他なりません。

特に最近のスマホは大型化が著しいので、ポケットにスマホなんか入れていると歩きにくいですよね?うっかりポケットからはみ出たスマホが落下しちゃったりすると一大事ですし。

じゃあバッグにでも入れとけばいいじゃん!って意見もあろうかとは思いますが、スマホの画面を見るたびにいちいちバッグから取り出すのも、なんかスマートじゃない。だいたい外出のたびに、たかがスマホだけのためにバッグを持ち歩くのも面倒くさいですし。

 

そんな悩みを解消してくれるのが「腰からぶら下げるポーチみたいな入れ物」なんです。これだと、手の位置がデフォルトで基本的に腰のあたりですから、自然な動作の流れでサッとスマホを取り出せるんですよね。で、使い終わったらサッと収納できるという・・・。

使ったことない人には分からないかも知れないけど、これ本当に便利です!

という訳で、今回はワタシが最近購入した「PORTERエルファインのミニショルダーバッグ」をご紹介致します。

 

スポンサーリンク

PORTERエルファイン「ミニショルダーバッグ」スペック

項目 内容
ブランド PORTER×ILS共同企画
シリーズ PORTER L-fine【ポーターエルファイン】
品 番 LYD383-06694
素 材 210ナイロンツイルPVC加工(表地)
素 材 210ナイロンツイルアクリル加工(裏地)
カ ラ ー ブラック(黒)
裏地 レッド(赤)
サ イ ズ W13×H16×D5cm
重 量 約255g
製造国 日本【MADE IN JAPAN】
備 考 エルファインの全型の中で一番人気が高い形です。オススメの使い方は、男性はベルトに通して、女性はポシェットで。

 

現物紹介

それでは実際にどんな感じのものなのか、簡単にご紹介します。

Thumb DSC 1954 1024

大きさ比較のため、横にミンティアを置いてみました。腰にぶら下げるものなので、大き過ぎず小さ過ぎずなサイズ感が重要なポイントになりますが、「これ以上大きいのはちょっと・・・」と感じるギリギリの大きさです。

 

Thumb DSC 1955 1024

裏はこんな風にベルトに通す用のフラップが2つ付いています。こちらはボタンで開閉可能な構造になっています。また、ベルトループに通すためのカラビナも付属しています。

 

Thumb DSC 1956 1024

ファスナーを開けるとメイン収納部になります。

前後にポケットが付いていて、そのうち一つはベルクロ付きです。ワタシの場合は、ポケット部分にiPhone6を入れて、中央に財布(二つ折り)を収納するのが基本形です。

そして、最大の特徴が「黒×赤」の色使い。PORTERだと「タンカー」シリーズのオレンジがあまりにも有名ですが、このエルファインシリーズはレッドが最大の特徴です。この「赤がチラッと見える感じ」があまりくどくなく、けどしっかり自己主張されています。

 

Thumb DSC 1959 1024

フロントにもボタン留めの収納部があります。さらに開くとベルクロが付いているという2段構え。ここにスマホを入れるスタイルも良いですが、iPhone6だとやや窮屈です。

ワタシはミンティアを入れていますね。

 

Thumb DSC 1960 1024

サイドから見たところです。

先ほど「iPhone6と二つ折り財布を入れている」と紹介しましたが、マチがこれだけあるのでスッポリ収まります。

そして、チラチラ見えるレッドがいい感じ。

 

Thumb DSC 1961 1024

ショルダーバックとしての使用例です。

当然、ショルダーベルトが標準で付属されています。

 

Thumb DSC 1963 1024

腰にぶら下げた状態、その1。

ベルトにフラップを通しての使用になります。

 

Thumb DSC 1964 1024

腰にぶら下げた状態、その2。

やや大きく感じるかも知れませんが、ワタシは気にならないサイズです。

価格は、2016年8月時点で、9,500円(税抜)です。PORTERブランドですので安くはないですが、PORTERにしては買いやすいお値段だと思います。

 

余談など

携帯電話を持ち始めて以降ずっと「腰からぶら下げるポーチみたいな入れ物」を愛用しているワタシですが、これが世間的には人気がないのでしょうか、商品自体がすっげえ少ないんですよね。

大変ですよ、毎回納得のいく一品を探すのが。

 

なんせ外出する時には必ず着用していますので、ヘタれるのが早くて買い替え頻度も高いですし、またスマホ買い替えるたびに「おぉ、何かサイズがしっくりこない」って事になって、やっぱり「腰からぶら下げるポーチみたいな入れ物」もスマホと同時に買い替えたくなりますし。

 

毎回探すのに苦労すると書きましたが、そんなニッチな世界にも関わらずかなりイイ「腰からぶら下げるポーチみたいな入れ物」を安定供給しているのが、日本が世界に誇るカバンブランド「PORTER」です。

ワタシの場合、スマホの代替わりが必要になると、とりあえず「PORTER」ブランドから物色して他もチェックしつつ、最終的には「PORTER」に落ち着くというのが「腰からぶら下げるポーチみたいな入れ物」購入スタイルになっています。

そのため、今回も「PORTER」ブランドで良さげなものがないかお店に行くたびにチェックしていたのですが、なかなか希望に叶うものが見つからず悶々としておりました。

そんな中で、ようやく見つけたのが今回の「PORTERエルファイン ミニショルダーバッグ」です。

 

ちなみにこちらの商品は、現物が見たい場合には(株)エルの店舗に足を運ぶ必要があります。全国でも24店舗くらいしかありませんので、結構厳しいですね。ワタシはたまたま「柏高島屋ステーションモール」をブラブラしている時に、取扱店「ils」で見つけて即購入した次第です。

購入自体は、以下でご紹介するオンラインショップで購入可能です。この手の商品は、出来れば実物を手にとった上で購入したところですが、当記事でなるべく詳しくご紹介したつもりですので、参考になりましたら幸いです。

 

ついでの「キーホルダー」もオススメです。

たまたま目に留まった、同じPORTERエルファインの「キーホルダー」が当たりだったので、ついでに紹介しておきます。

Thumb DSC 1965 1024

ワタシは、キーホルダーもベルトに通すタイプが好きなので一緒に購入してみました。これが、結構しっかりした作りをしていますし、PORTER好きには欠かせない「ブランドロゴ」もしっかり縫い付けてあります。

 

Thumb DSC 1966 1024

中は、これまたレッドがいい感じ。こちらの「ils」と描かれているタグは(株)エルのものです。

今回ご紹介したミニショルダーバッグはもちろんのこと、他の「PORTERエルファイン」シリーズとも合わせやすい一品です。

 

ま・と・め

「黒×赤」という配色が特徴的な「PORTERエルファイン」シリーズのミニショルダーバッグ。派手かと思いきやそうでもなく、程よい自己主張が堪らない逸品だといえるでしょう。

もちろん、本来の目的であるスマホや財布の収納に最適です。財布とスマホは今や必携ですから、なかなか手ぶらは難しい。

そんな時でも、このミニショルダーバッグがあれば手ぶらで外出OKなのは当然、何と言っても「PORTER」ですから見栄えもバッチリです!

※但し人気商品のため、しばしば在庫切れになっています。品切れの際はAmazonの場合「欲しいものリスト」に加えておくといいですよ。

 

「コツメカワウソ.com」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

スポンサーリンク