【ゆるブログ】自分が「人の目を気にするタイプ」かを簡単に判別する方法を発見した!

スポンサーリンク

どういう訳か「坐骨」周りに炎症が起こってしまい、苦しんでおりますコツメです。

そのせいで、椅子に座る時間を制限する必要があり、ブログも滞りがちになっております。

 

どんな感じかというと「椅子に座っているだけで、お尻が痛い痛いよー!」という、言葉にすると淡白すぎて伝わらないのがもどかしい限りですが、坐骨周りの尻肉が超痛い。

ホントこの苦しみを他の人にも理解して欲しい。可能なら伝染させたい。

 

伝染させて職場の皆さんにも同じ苦しみを味あわせて「あぁ、コツメさんはこんなに辛い想いをしていたのね。ケツが痛い?何それ?みたいな態度で接してごめんね」って思わせたい。

 

また前置きが長くなってしまいましたが、この尻肉が痛い状況を何とかしなければ!と考えた末に取った行動の一つが「自転車用のパッド付きインナーを履く」というもの。

 

「自転車用のパッド付きインナー」って何?という方が多いと思いますので、ちょっとだけ説明すると、スポーツ系の自転車ってサドルがめちゃくちゃ硬くて細いんですわ。

これがママチャリだと、座面が広くてふわふわしている上にスプリングまで付いているので、サドルでお尻が痛くなることなんて相当長時間乗らない限りは起きないのですが、スポーツ系のサドルはとにかく軽量化と漕ぎやすさを優先しているので細くてカチカチ。

 

なので、当然お尻にかかる負担が大きいため、みんなお尻のところにパッドが入ったものを履いているんです。インナーだったり、モロにサイクリングパンツっていうそれだけ履くものだったり、まあ色々ですがとにかくパッドが入っていてお尻を守ってくれる。

それでも分からない人用に、アマゾンのリンクを貼っておきます。別に買わなくていいですから。

そんなお尻に優しさを与えるための物ですから、「これ履いておけば、オレが今苦しんでいるお尻の痛みが和らぐんじゃねーの?」と考えるのが自然な流れですよね。

 

なので早速、

  1. 下着のパンツを履いて
  2. この自転車用パッド付きインナーをパンツの上に履いて
  3. 最後にスーツのパンツ(ズボン)を履いて

というスタイルで出勤してみました。

スポンサーリンク

・出勤してみた結果

そしたらね、さすがにパッド付きインナーを履いたおかげでお尻へのダメージは軽減されました。本当は一切座らないのがベストなんだけど、職業柄、四六時中座ってばかりなので、ダメージが減るだけでもマシっちゃマシ。

 

ただし、思いがけず別の問題が生じてしまいました。

何かというと、「パッド付き」の物を履くとどうなると思います?

これ、パッドの部分がモコモコするんですよね。今回のケースだとパッドの入っているお尻周りがモコモコします。

スーツを上に着ている(履いている)ので、パッドが直接見える訳ではないのだけど、注意して見てみると「なんか、あの人のお尻の辺り、妙に盛り上がってない?オムツ履いてるよね!」ってオムツ疑惑をかけられること間違いなし!!(様々な事情により、実際に大人のオムツを使用されている方がいたらスミマセン。)

これは、自分で鏡でチェックし、さらにコ妻(コツメ妻)にも確認したので間違いありません。

 

ワタシ、これまでは「他人の目を気にしないフリーダムな人間」だと思っていて他人からもそのように評価されていたんですが、今回の一件で「めちゃくちゃ他人の目を気にしながら生きている人間」だったことに気づかされました。

 

通勤途上で、他人の視線がちょっとでも自分のお尻に当たると「やべっ、この人絶対に今オレのお尻見たわ」と慌てて手でお尻を隠し、山手線でギュウギュウになった時に後ろの人の手が図らずも自分のお尻に触れた時などは「あぁ、絶対この人、オレのお尻に触れてヤバイものに触った!って思ってるはず」と恐れて満員の車内を縫うように動いて逃げ回り、職場では「オレ、モコモコしたの履いてるんだけど分かる?」って早々に暴露して先手を打ったり。

 

「他人の目を気にしないフリーダムな人間」だったはずが、オムツ疑惑を気にしだした途端にこの有様。まさに豆腐並みのメンタル。

・オススメする判別方法

なのでね、自己分析で「自分は他人の目を気にしない筋の通った人間だ」と思っている人がいたら、一度は本物の「大人用オムツ」を履いて、人混みを歩き回ってみたらいいですよ。

上に履くパンツ(くどいけどズボンね)は、ダボダボは絶対禁止。できる限りピタピタなのがいい。そして生地はできる限り薄いやつ。自分で鏡を見て「なんかお尻周りがモコモコしているな」って分かる状態にしないといけません。

 

また、「自分は今、己のメンタルを知るための実験をしているんだ!」みたいな気持ちで臨んじゃダメ。人は大義名分があると、普段は恥ずかしい行為でも結構何でもできちゃうから。例えば、プライベートでナンパなんてありえない!って人でも、それが「スカウトの仕事をしていて、ナンパ行為はその仕事の一環」ってなると平気で声かけられるから。

 

で、この「大人用オムツを履いて街を徘徊」をやってみて、人目が全然気にならず普段通りの行動が出来たとしたら、あなたはかなりの剛の者であることを認定します。

これだけではまだ満足できない、「本当にこんなので他人の目を気にしない人間だと証明できるのか?」と疑問を持たれた場合は、思い切って履いているオムツに「小」をしてみてください。

できれば、満員電車の中で行為に及んでみるのがいいでしょう。

 

「小」をしたことが周りにバレないか、と一般人ならドキドキしすぎてその場から逃げ出すはずです。次の駅に到着する時間が通常の100倍くらいに感じられるに違いありません。

もし、そんなことにはならず平然としていられるなら、あなたは相当な剛の者です。

なお、「大」をしてしまうと、其の芳香から否応なしに周囲の視線を集めてしまい、すべてを台無しにしてしまいますので、あくまで「小」に止めてください。

変態度を計る方法は、またそのうち考えますので。

・まとめ

いかがでしたか?自分が「人の目を気にするタイプ」かを簡単に判別する方法。

「他人の目を気にする」ってそういう意味なの?なんか思っていたのと違うんですけど??って天の声が聞こえてきました。

申し訳ありませんが、当ブログにそういうまともな記事を期待するなんてどうかしてます。

疑問に思った方は、何も考えずに一度試してみたらいいんじゃないかな。

 

以上

スポンサーリンク