バウムクーヘンで出来たロールケーキ「南総ロール苺味」が超絶美味しい!

スポンサーリンク

見波亭っていうバウムクーヘンが美味しいことで有名なお店があるのですが、そこで売られている「南総ロール 苺味」が超絶美味しいんです!

こちら、非常に特徴的なロールケーキになってまして、まずスポンジの替わりに「バームクーヘン」が使われています。

ピンとこないでしょ?スポンジ部分がバームクーヘンになっているロールケーキなんて。

けどこれがね、このバームクーヘンがまずとっても美味しいんですよ。
スポンジもいいけど、バームクーヘンの方が味わい深くなると思いません?味わい深くなるんです、これが!マジで!!

「アイキャッチ画像」に全貌の写真を載せましたが、切ったところも載せときますね。
どうですか?間違いなく通常のロールケーキだとスポンジの部分が、バームクーヘンになってるでしょ?
IMG_0438_1024

 

そして、この「南総ロール 苺味」の特徴は、バームクーヘンを使っていることだけではないんです。

クリームの部分がね、イチゴのピューレを混ぜ込んだ「バタークリーム」になっているんです。分かります?「バタークリーム」。
生クリームだと柔らかいけど、バタークリームを使った場合は簡単に言うと固め、しっかりとした舌触りになっています。

もう1枚、撮った時期が違うので、上の写真とは色合いが違っていて申し訳ないですが、バタークリーム部分にご注目。
明らかに「生クリーム」のような柔らかさはないですよね?

IMG_3636_1024

 

なんか最近のロールケーキに使われるクリームって、もう柔らかすぎるくらいの生クリームが使われていることが多いけど、スポンジより固いバウムクーヘンを使っている「南総ロール」には、固めのバタークリームが相性抜群!

また、苺味のバタークリームがこってりしていて美味しいんだな、これが。

バタークリームって、なんか野暮ったいというか重くて「生クリームより格下」なものかと勝手に思っていたのですが、この「南総ロール」を食べて全くの誤解であったことを知りました。

 

この「南総ロール 苺味」を作っている見波亭さんですが、実店舗は千葉県富津市金谷にあります「ザ・フィッシュ」という、幾つかのお店が入っている複合施設内にあります。
私は、千葉の館山とか千倉など房総半島の先っちょの方に出かけた際には、必ず見波亭さんに立ち寄って「南総ロール」を買うことに決めています。

ちなみに「ザ・フィシュ」の建物は、ここら田舎の風景には異質なガラス張りで出来ているので、まず見逃すことはありませんのでご安心を。

 

ただね、千葉県民にとっても富津市金谷は遠いので、他県の人にとって来店するのは相当ハードル高いですよね。
けど、調べたら通販もやってるので、ぜひ通販を使って食べてみて欲しいです。
実はこの「南総ロール」は要冷蔵なので、持ち帰るのに気を使います。
なのでお店で買うのもいいですが、通販の方が気楽でしょう。

 

最後に、「南総ロール」は時期によってフレーバーが異なります。
イチゴの時期は当然「苺味」ですが、時期によっては「甘夏味」だったり「ブルーベリー味」だったりします。

もうかれこれ10本以上食べてきた私の感想としては、「苺味」が一番美味しかったです。
ちょうど今の時期が「苺味」に当たりますので、スイーツ好きな皆さんには是非「南総ロール 苺味」を食べてみて欲しい。

見波亭は知ってたけど、普通のバームクーヘンしか買ったことがなかったというあなた、「南総ロール」の美味しさを知らないなんて、人生損してます。この記事を読んだのはラッキーでしたね!

 

最後に、「南総ロール」は一般的なロールケーキより直径が小さいです。
ウェブサイト見ると6cmと書かれています。
けど、この大きさがちょうどいいので、食べたこともないのに大きさにケチを付けないようにお願いします。

むしろ、このサイズだと節分の時に恵方巻きの代用品に使えるというメリットがありますから!

これね、ただ売りたくて書いたんじゃないから。本当にオススメだからね。
家でイチゴ食べてたら急に思い出しちゃって、私も食べたくて仕方なくなってきちゃって今困ってる。

以上

 

スポンサーリンク