【懐かしのドリンク】メローイエローとマウンテンデューを飲み比べてみた!

スポンサーリンク

皆さん、おはこんばんちは。コツメです。

こないだ何気なく駅の自販機を覗いてみたところ、何だか懐かしい気持ちになるドリンクが目に飛び込んできました。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6ae1

よりによって、お見せしたい部分が光の反射で酷いことになっています。ピンク色の枠で囲った部分なんですが分かります?

これが分かるか分からないかで年齢がバレる仕様になっています(笑)。

そう、メローイエローなんですが憶えていますよね?コカコーラ社より販売されていた不思議な味のドリンクで、このたび自販機限定で復活していました。

「Wikipedia」で調べてみたところ、日本では1983年に販売開始され17年後の2000年に終了したとのことです。しかし終了後も復活を望む声が多く寄せられていて、これまでにも何度か復活しているようです。

で、今回が何度目だか分かりませんが再復活(こんな言葉があるのかどうか分かりませんが)を果たしたということでしょうか。いつ無くなるかも分からないので、ちょっとね、買ってみましたよ。150円でした。

 

スポンサーリンク

マウンテンデューも買ってみた!

メローイエローばかり持ち上げると「フンッ、この素人が!」と馬鹿にされそうなので、ライバル製品のことも一緒に取り上げておきます。メローイエローを語る際に忘れてはならない存在、それがマウンテンデュー

むしろマウンテンデューが元祖であり、メローイエローは対抗馬としてコカコーラ社が後発でぶつけてきたという歴史があるので、マウンテンデューを知らずしてメローイエローを語るべからずって感じですよね。

幸いにもマウンテンデューの方は現役バリバリで売られているので、簡単に入手することができます。

350ml缶で130円でした。

 

「缶のマウンテンデュー」と「ペットボトルのメローイエロー」。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6ad4

さっそくですが両者揃い踏みの図です。

パッケージデザインが若干アップデートされているとは思いますが、だいたい昔のイメージのままです。きっとこの写真をみて、しみじみ「懐かしい」と感じている人もいる事でしょう。

できれば缶なら缶、ペットボトルならペットボトルで揃えたかったのですが、なぜかマウンテンデューは缶しかなくてメローイエローはペットボトルのみというラインナップのようです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6ad5

全体的にアメリカンな雰囲気で包まれているのが、こちらのマウンテンデュー。一応、日本語カタカナでも「マウンテンデュー」の表記がありますが、カタカナのフォントもやっぱりアメリカン。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6ad6

原材料名を見ますと、カフェインの表記があります。

マウンテンデューって、実はコカコーラよりもカフェイン含有量が多いんですよね。具体的な数値は書かれていませんが、マウンテンデューに多くのカフェインが含まれているのは割と有名な話です。

そしてついでに言うと、Appleの現CEOティム・クック氏はマウンテンデューが大のお気に入りらしいです。

昔、「マウンテンデューって結局なんの味なんだろう?」と思って原材料名を見たときに「みかん果汁」って書いてあった記憶があるので調べてみたところ、確かに昔のマウンテンデューには「みかん果汁」が含まれていたそうです。

いつの間にやら「みかん果汁」は含まれなくなってしまったようですが。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6ad7

続いてはペットボトルのメローイエローです。

このフォントとカラーリング、子供の頃に見ていた記憶そのまんまです。今になって気付いたのですが、この緑とオレンジという組み合わせは東海道線カラーだ。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6ad8

メローイエローの原材料名を見ても、特別なモノが入っている訳ではなさそうです。こちらもカフェイン入りですが、どのくらい含まれているのかは分かりません。

昔は「バレンシアオレンジ果汁」が少しだけ入っていたそうです。柑橘系の味を出すのに使われていたのでしょう。

ペットボルトにしては容量少なめの430mlです。

 

飲み比べ!メローイエロー VS マウンテンデュー

さて、いよいよおバカな企画の始まりです。

子供の頃ですら、こんなくだらない事はやらなかったのに、いい大人が何をやっているのでしょうか。しかし思いついてしまったのだから仕方がありません。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6ad9

それぞれを同じ透明のコップに注いでみました。向かって左がマウンテンデューで右がメローイエローです。ぱっと見では、ほぼ同じような見た目をしています。さすがライバル商品。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6ada

一つ上の写真よりも近づいてみましたが、寄ってみたところで違いはほとんど分かりません。若干左のマウンテンデューの方が透明感があって、右のメローイエローは上部の炭酸の泡が多いように見えなくもありません。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6adb

次は真上から確認してみます。こちらはマウンテンデューです。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6adc

で、こちらはメローイエロー。写真の明るさが違う!と怒られそうですが、後から気付いたので撮り直しは出来ませんでした。お許しください。

一応、肉眼で見た時の記憶で言いますと、写真と同じくマウンテンデューの方が明らかに透明感がありました。メローイエローの方はやや濁っています。味には関係ないとは思いますが、これだけ違えば見た目で区別することもできないこともなさそう。

そしていよいよ写真では説明しようのない味の方ですが、正直どちらも同じような味です(笑)。何回も飲み比べたのですが、後になればなるほど同じ味に感じてしまって、最後の方はどうでも良くなってきました。

もはや比較するのがバカバカしくなるほど、似た味です。

強いて言えばマウンテンデューの方はほんの少し苦味のようなものを感じるのに対して、メローイエローの方がクセのないまろやかな口当たりです。

また、炭酸はメローイエローの方がちょっぴり強いかな。ただコカコーラやスプライトなどと比べると、炭酸も弱めで口の中では細かい泡を感じます。

 

【結論】メローイエローがなくなったらマウンテンデューを飲めば良い!

先ほども書いた通りメローイエローとマウンテンデューは、多分ほとんどの人は味の区別がつかないくらい似ています。

んでもって、マウンテンデューは今のところは通年販売されているようですので、メローイエロー大好きな人はマウンテンデューをメローイエローだと思って飲んでおけばいいんじゃないでしょうか。コストコのドリンクバーでも見かけますしね。

こだわるのであれば、メローイエローの空き容器を大事に取っておいて、マウンテンデューを詰め替えるのが良いと思います。

けど、マウンテンデューもいざ探してみると意外に見当たらないんですよね。そんな時はAmazonさんのお世話になりましょう!

 

ちなみに私、最近マウンテンデューをめっちゃ飲んでます。と言っても1週間に1〜2本くらいなんですけど、マウンテンデューばっかり飲んでいる人なんていないと思われるので、日本国内での「マウンテンデュー消費量トップ100」の中には入ることが出来るのではないかと思っています。

(^ ^)ではでは(^ ^)

「コツメカワウソ.com」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

ABOUTサイト運営者のご紹介

小爪 獺(こつめ かわうそ)

千葉県出身千葉県在住。家族構成は妻と子2人(娘+息子)。都内に通う普通の会社員です。

2015年12月に気の迷いで当ブログを開設。
基本スタイルは「雑記ブログ」ですので、今の自分が興味を持っていることを無選別に発信していきますが、似たようなライフスタイルを持つ方のお役に立てれば幸いです。

詳しいプロフィールを見る