千葉ニュータウンの「松牛」(焼肉屋)でランチしよっ!水槽もあるよ!!

スポンサーリンク

先日、母と話をしていたら(コツメ家族は、コツメ両親と同居している)、

「ジョイフル本田の近くにある「松牛」のランチを食べてきたんだけど、安いし美味しいしで良かったわよ」

と言うので、ここまで店名と時間帯名指しで言われたら行くしかないでしょ⁉︎って訳で、今日は日曜日、外は寒空だが行って参りましたよ「松牛」へ!

妻と子(息子)が2人で出かけていなかったので、珍しく娘と2人。
思春期(中1)にもなると、さすがに父親と2人きりで外出するのは面白くないらしく(当たり前か)、近頃はこの父娘という組み合わせはめっきり減っちゃってたけど、

「昼間っから焼肉を食いに行くぞ!」の一言でヘイコラ付いてくるとは、焼肉パワーは絶大だと改めて思わされます。

さて日曜日の12時過ぎという、真っ当すぎる時間に訪問したので待たされるのを覚悟したのだけど、思っていたより店内は座席数が多いこともあり待たないで済んだ。
これ好印象。

メニューを見ると、やはりランチが安い。
中でも「ハラミランチ」「カルビランチ」「ロースランチ」「ハーフ(カルビとロースのハーフ)ランチ」の定番とも言えるラインナップは、税込み¥1,180だ。おまけにドリンクが1杯付いてくる。

他にも、値段は上がるが「上」がつく肉になったりするランチもたくさん用意されていて、またビビンバ関連のランチもある。
(メニューも写真を撮ったんだけど、やはりメニュー表を無断で載せるのは気がひけるので、来店して確かめてください。)

悩んだ末に、あまりお腹の空いていないらしい娘は「カルビランチ」(¥1,180)、私コツメは「三種盛りランチ」(¥1,396)に決定。
ちなみに三種盛りは「カルビ」「トントロ」「上タン」のことで、¥1,180シリーズも魅力的だったけど、どうしても「タン」を食べたかったのでこの「三種盛りランチ」をチョイス。

昔は「焼肉屋にきて、トン(豚)なんて食べるかよ!」と悪態を付いていたのだけど、年をとると牛ばかりだとしんどくて、少しトン(豚)が入るくらいが丁度いいと感じるようになってしまったので、「トントロ」が入るのはむしろ好都合。

 

こちらが「カルビランチ」¥1,180(税込)。
肉以外に、ライス、お吸い物、サラダ、その他にキムチや韓国のりも付く。
さらにソフトドリンク1杯も付属。

thumb_IMG_5169_1024

 

肉のアップ。7枚+玉ねぎ。

thumb_IMG_5170_1024

 

こちらは「三種盛りランチ」¥1,396(税込)。
肉以外は「カルビランチ」と同じです。

thumb_IMG_5171_1024

 

肉のアップ。「カルビ」「トントロ」「上タン」が3枚ずつ。そして玉ねぎ。

thumb_IMG_5173_1024

 

火力はもちろん「炭火」です。

thumb_IMG_5168_1024

 

とりあえず「上タン」を1枚焼いてみる、の図。
奥は娘の「カルビ」。
ごちゃっと何枚もまとめて焼くのは好みじゃない。せいぜい2枚まで。
タンは特に好きなので、1枚ずつ丁寧に焼くのだ。

thumb_IMG_5174_1024

 

レモン汁に落としてしまった。でもレモン汁だから、付き過ぎてもあまり問題なし。

thumb_IMG_5176_1024

 

「トントロ」。
なんとなく「トンは2枚同時焼きでいいか」と見下したのが良くなかった。
やはり1枚ずつ焼いた方がいい。
尚、奥は娘の「カルビ」。

thumb_IMG_5177_1024

 

焼けた「トントロ」2枚。少し焦げたのは自分の責任。
奥に見えるのは、娘の「カルビ」。

thumb_IMG_5178_1024

 

俺の「カルビ」。
肉をひたすら写真に収めていく作業は、恥ずかしくてメンタル強化につながる。

thumb_IMG_5179_1024

 

手前が、俺の焼けた「カルビ」。美味しそう、っていうか美味しかったです。
奥の焼けてないのは、娘の「カルビ」。

thumb_IMG_5180_1024

 

ランチだし、私コツメは小食だしということもあり、量的にもこれくらいが丁度いい。
お値段との兼ね合いを考えても、これくらいの量・質でこのお値段はリピートしやすいので嬉しい。

次は、夜の部にも来てみないといけないね、これは。

 

最後に、実はこれ目当てってのもありました。
海水魚の水槽が入り口横にあります。(さらにレジ奥に、淡水熱帯魚と金魚の水槽が1本ずつ。)

断りなく載せましたが、まあ水槽だしたぶん怒られないでしょう。
かなり横に長い水槽なので、実際にはこの撮影部分の倍以上、横幅があります。
カクレクマノミが目立っていますが、よく見ると、飼育の難しいイソギンチャクもしっかり同居していますね。

thumb_IMG_5181_1024

 

私、お魚大好きで7年前まで海水魚飼育をしていました。
けど、ある日まだ赤ちゃんだった息子(コツメジュニア)が、水槽類の電源を一手に担っていたOAタップを引っこ抜いちゃって、気づかず外出して帰宅した時にはすでに全滅という悲劇が起こりました。

海水魚って水温や水質に敏感だから、何かトラブルが起きるとすぐ死んじゃうんだよね。
今は、36cmの小さい水槽に淡水熱帯魚を入れて、ちまちま育てています。

「松牛」さんのブログを拝見させていただくと、まだまだこれからパワーアップしそうな予感がするので、次回訪れるのが楽しみです。

あ、最後に。
駐車場は完備されていましたが、お店に隣接した第1駐車場は狭めなので運転に自信がない人は要注意。
すぐ隣の第2駐車場の方が停めやすそうだったので、駐車に自信がない人にはそっちの方がオススメ。

以上

[map]千葉県印西市草深1421-7[/map]

 

 

スポンサーリンク