パクチー祭り第2弾!マルコポルコ(千葉ニュータウンイオン)の刀削麺。

スポンサーリンク

刀削麺って、日本人にはあまり馴染みないですよね?

私が持っているイメージとしては、

  • 中華料理である
  • 職人が、麺生地の塊を、デカイ包丁で削るように茹だった鍋に飛ばしていく
  • きしめんみたいな麺

といったところ。

正式な読み方も自信がないのでウィキペディアで調べたところ、日本ではトウショウメン、トウサクメンなどと呼ぶようです。
しかし、私の使っているパソコンだと、トウショウメン・トウサクメンどちらで入力しても、正しく「刀削麺」と変換してくれません。今後、刀削麺という単語を入力する機会もないだろうし、いちいち辞書登録するのも馬鹿らしいので「刀削る麺(カタナケズルメン)」と打ち込むことにします。

さて、そんなマイナーな存在であるはずの刀削麺の専門店が、なぜか千葉ニュータウンイオンのフードコートという、超大衆向けな場所に出店しました。

thumb_IMG_4543_1024_Snapseed

「ライバルが現れる前に刀削麺市場というニッチ分野を制覇しよう!」という目論見なのか、「刀削麺という素晴らしい麺文化を、麺類大好きな日本の大衆に知らしめてやろうじゃないか!」という意気込みなのか知る由もありませんが、物珍しいものが大好きな日本人の気質も有利に働いているのか、繁盛しているように見えます。

フードコートという飲食店密度の濃いスペースの中で、しかも斜め向かいには同じ麺系の中でも人気の高い「はなまるうどん」が店を構えるというロケーションを踏まえると、なかなかの善戦ではないでしょうか。

すでに私も2回目の訪問で、1回目はオーソドックスな担々麺のスープをベースにしたようなものを食べましたが、このお店ではカルボナーラ風やミートソースのものなど、イタリアンパスタを意識したメニューも多くあります。

thumb_IMG_4544_1024_Snapseed

そして特筆すべきは、トッピングとして「パクチー」が用意されているところ。
しかも、普通、大盛り、山盛りの3種類から選べるというパクチーへのこだわり感。
さらに、「本日パクチー無料」の張り紙が度々貼られていて、前回も今回も無料。(大盛りと山盛りは、常に有料。)
こんな身近な場所に、パクチー欲を気軽に満たしてくれるお店が出来てくれるとは!

そんなパクチー重視な私の目に今回留まったのが「トムヤムスープ刀削麺」というもの。

トムヤムクンとパクチーという、王道の組み合わせをフードコートで味わえるなんて、頼まない手はありません。
(もはや刀削麺はどうでもよくなってしまいましたが。。。)

thumb_IMG_4524_1024_Snapseed

 

無料でもしっかりパクチーが乗っています。
スープはもちろんトムヤムクン。酸味は控えめですが、これはこれで食べやすくて良いです。

刀削麺も、モチモチしていて歯応え良し。タイと中華の融合で、何料理かカオスな感じですが、日本だからこそ出来る組み合わせかも知れません。

税抜き630円(トムヤムクンの場合です。メニューにより異なる)で、気軽にパクチーを味わえる店として、存在価値高いです。

以上

[map]千葉県印西市中央北3−2[/map]

スポンサーリンク